第108回(H31) 看護師国家試験 解説【午前46~50】

46 がん診療連携拠点病院に設置されている「がん相談支援センター」の業務はどれか。

1.就労の斡旋
2.がん検診の実施
3.がんについての情報提供
4.セカンドオピニオン外来の開設

解答3

解説

1.× 就労の斡旋は、ハローワークなどの職業紹介事業が行う。がん相談支援センターは、就労に関する相談や情報提供を行う。
2.× がん検診の実施は、『健康増進法』に基づく健康増進事業として市町村で行われる。
3.〇 正しい。がんについての情報提供である。がん相談支援センターの主な業務は、①がんの病態、標準的治療法等の一般的な情報提供、②地域の医療機関に関する情報収集・提供、③がん患者の療養上の相談等である。
4.× セカンドオピニオン外来の開設ではなく、セカンドオピニオン外来を紹介することはある。

 

 

 

 

 

47 胸腔ドレーン挿入中の患者の看護で適切なのはどれか。

1.ミルキングは禁忌である。
2.持続的に陽圧となっているか観察する。
3.ドレーンチューブに触れた後は手指衛生を行う。
4.ドレーンバッグは挿入部より高い位置に設置する。

解答3

解説

 胸腔ドレーンは、胸腔内に貯留した空気や胸水などの液体を除去する治療法である。

 

1.× ミルキング(たまった排液の排出を促す)は、禁忌ではなく適応である。ミルキングとは、ドレーンチューブの閉塞を防ぐために、定期的にチューブをしごいて陰圧をかけ、たまった排液の排出を促すこと。
2.× 持続的に、陽圧ではなく陰圧となっているか観察する。ドレナージは、持続的に陰圧(-10~15cmH2O)をかけて胸腔内に貯留したものを吸引する仕組みである。
3.〇 正しい。ドレーンチューブに触れた後は手指衛生を行う。なぜなら、感染予防のため。処置の前後には手指衛生を行う。
4.× ドレーンバッグは、挿入部より高いではなく、低い位置に設置する。なぜなら、ドレーンバッグは、胸水が流れ込みやすくするほか排液の逆流による逆行性感染を予防するため。

 

 

 

 

 

48 慢性心不全患者の生活指導で、心臓への負担を少なくするのはどれか。

1.肺炎球菌ワクチン接種の回避
2.蛋白質を制限した食事
3.食直後の散歩
4.排泄後の休息

解答4

解説

1.× 肺炎球菌ワクチン接種の回避ではなく、積極的に受けるように指導する。なぜなら、感染症(特に呼吸器系感染症)は、慢性心不全増悪の危険因子であるため。インフルエンザワクチン接種や肺炎球菌ワクチン接種は受けるよう指導する。
2.× 慢性心不全患者は、蛋白質ではなく、塩分・水分を制限した食事を指導する。蛋白質制限が必要になる疾患は、慢性腎臓病患者である。なぜなら、食事で摂取されるタンパク質は、老廃物である窒素代謝物を作り、これを無理に処理しようとしてさらに腎機能が低下するため。
3.× 食直後の散歩は、好ましくない。なぜなら、消化管の血液需要が増加しているため、食直後に運動すると心臓への負荷が増大する。ただ、食後1時間以上あけた散歩は、慢性心不全患者の心肺機能維持に有効である。
4.〇 正しい。排泄後の休息は、とるべきである。なぜなら、排便時にいきむことで交感神経の働きが亢進し、不整脈などが生じやすいため。

 

 

 

 

 

49 Crohn(クローン)病の患者の食事指導で適切なのはどれか。

1.「食物繊維を多く含む食事にしましょう」
2.「蛋白質の多い食事にしましょう」
3.「脂肪分の多い食事にしましょう」
4.「炭水化物を控えましょう」

解答2

解説

1.× 「食物繊維を多く含む食事にしましょう」:クローン病の食事療法の原則は、高カロリー・低脂肪・低残渣であるため不適切である。
2.〇 正しい。「蛋白質の多い食事にしましょう」:クローン病の食事療法の原則は、高カロリー・低脂肪・低残渣であるため正しい。蛋白質摂取は重要である。なぜなら、腸管の慢性炎症により、腸管からの蛋白質の漏出が起こるため。
3.× 「脂肪分の多い食事にしましょう」:クローン病の食事療法の原則は、高カロリー・低脂肪・低残渣であるため不適切である。
4.× 「炭水化物を控えましょう」:クローン病の食事療法の原則は、高カロリー・低脂肪・低残渣であるため不適切である。炭水化物は、腸管に負担をかけにくいため、安全かつ効率的にエネルギー摂取可能な食材として勧められる。控える必要はないため不適切である。

Crohn(クローン)病

栄養の消化吸収を行う腸管に炎症を生じる疾患である。

栄養の消化吸収障害、炎症による消耗に伴う必要エネルギーの増加などが起こるため、食事・栄養管理は重要である。

必要エネルギーの補給のほか、腸管の安静と食事性アレルゲンの除去を目的として栄養療法を行う。

 

 

 

 

 

50 高カリウム血症の患者でみられるのはどれか。

1.Trousseau(トルソー)徴候
2.心電図でのT波の増高
3.腸蠕動音の低下
4.四肢の麻痺

解答2

解説

1.× Trousseau(トルソー)徴候は、低カルシウム血症の患者にみられる徴候である。上腕をマンシェットで圧迫して血流を遮断すると助産師手位が出現する。
2.〇 正しい。心電図でのT波の増高は、高カリウム血症の患者でみられる。高カリウム血症の心電図上の特徴として、①高く尖鋭化したT波(テント状T波)、②P波の減高(波の高さが下がること)・消失、③R波の減高などを認める。
3.× 腸蠕動音の低下は、腸管運動の低下を示唆する。だが、電解質異常は腸管運動に特に関係はない。
4.× 四肢の麻痺は、低カリウム血症でみられる症状である。高カリウム血症では、四肢のしびれがみられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。