第108回(H31) 看護師国家試験 解説【午前51~55】

51 開頭術を受けた患者の看護で適切なのはどれか。

1.頭部を水平に保つ。
2.緩下薬は禁忌である。
3.髄膜炎症状の観察を行う。
4.手術後1週間は絶飲食とする。

解答3

解説

1.× 頭部は、水平に保つのではなく、術前から頭位を30°程度挙上位に保つ。なぜなら、術前から脳浮腫や脳腫脹が生じていた場合や、手術により脳組織や血管の損傷があった場合、術後に頭蓋内圧亢進を引き起こす可能性があるため。
2.× 緩下薬は、禁忌であるではなく、使用する。なぜなら、術後は全身麻酔の影響や長期安静などにより便秘になりやすいため。ほかにも、便秘は食欲低下やいきみによる頭蓋内圧亢進につながるため、適宜、緩下剤を使用して排便コントロールを図っていく。
3.〇 正しい。髄膜炎症状の観察を行う。なぜなら、開頭手術により、皮膚の常在菌などが頭蓋内に入り込み髄膜炎になる可能性があるため。具体的な観察ポイントは、術後の発熱や創部の感染徴候、意識レベルの変化などである。
4.× 手術後1週間、絶飲食とする必要はなく、積極的な食事摂取を始める。なぜなら、栄養状態の改善や廃用予防に努める必要があるため。

開頭手術後に起こる合併症

①脳損傷による神経脱落症状
②術後出血や脳還流障害による脳腫脹や頭蓋内圧損傷
③長期ベッド上安静による廃用症候群など

 

 

 

 

 

52 Aさん(47歳、男性、会社員)は、痛風の既往があり、ほぼ毎日、飲酒を伴う外食をしている。1週前に尿管結石による疝痛発作があり、体外衝撃波結石破砕術(ESWL)を受けた。その結果、排出された結石は尿酸結石であることがわかった。
 Aさんへの結石の再発予防に対する生活指導で適切なのはどれか。

1.「飲酒量に制限はありません」
2.「負荷の大きい運動をしましょう」
3.「1日2L程度の水分摂取をしましょう」
4.「動物性蛋白質を多く含む食品を摂取しましょう」

解答3

解説

1.× 飲酒量の制限が必要である。なぜなら、アルコールの利尿作用により脱水傾向になることで、血清尿酸値はさらに上昇し尿酸結石発症のリスクが上がるため。
2.× 負荷の大きい運動ではなく、有酸素運動が推奨される。なぜなら、過度な運動や無酸素運動は血清尿酸値の上昇を招くだけでなく、脱水状態を起こし尿が濃縮されることで尿酸結石の再発リスクが上がるため。一方、有酸素運動は、痛風患者に合併しやすいメタボリック症候群の改善を通じて血清尿酸値低下につながる。
3.〇 正しい。1日2L程度の水分摂取を促す。なぜなら、飲水量を増やすことは、尿中尿酸値の低下につながるため。即効性がある。
4.× 動物性蛋白質(肉など)を多く含む食品は控える。なぜなら、プリン体が多く含まれ、多く摂取することで尿酸の産生が増加し、尿酸結石の再発リスクが上がるため。野菜や果物、豆類などさまざまな食品をバランスよく摂取することが重要である。

 

 

 

 

 

53 高齢者に対する生活史の聴き方で適切なのはどれか。

1.認知機能の評価尺度を用いる。
2.事実と異なる聴取内容を訂正する。
3.話を聴く前に文書による同意を得る。
4.高齢者が話しやすい時代の思い出から聴く。

解答4

解説

1.× 認知機能の評価尺度を用いることができない。なぜなら、認知機能の評価尺度とは、記憶学習・言語・注意などの機能の程度を評価するものであるため、個人の生活史とは関係ない。
2.× 事実と異なる聴取内容を訂正する必要はない。なぜなら、高齢者が経験したことの意味や感情などを共有するなかで、援助者との関係性が築かれたり、その人の自尊感情を高めたりする効果もあるため。
3.× 話を聴く前に文書による同意を得る必要はない。なぜなら、援助者との関係性のなかで、高齢者が話したいこと・話せることを聴き、対象理解やケアに活かしていくことが目的であるため。
4.〇 正しい。高齢者が話しやすい時代の思い出から聴く。なぜなら、そうした話から聴くと本人の心理的負担も小さいため。

 

 

 

 

 

54 平成28年(2016年)の国民生活基礎調査における高齢者世帯の所得構造を図に示す。
 Aはどれか。

1.稼働所得
2.財産所得
3.公的年金・恩給
4.年金以外の社会保障給付金

解答3

解説

1.× 稼働所得の割合は、21.1%である。稼働所得とは、雇用者所得、事業所得、農耕・畜産所得、家内労働所得をいう。
2.× 財産所得の割合は、7.4%である。財産所得とは、財産の所有もしくは利用によって発生する所得をいう。
3.〇 正しい。公的年金・恩給の割合は、65.4%であり、最も高い。
4.× 年金以外の社会保障給付金の割合は、0.6%である。年金以外の社会保障給付金には、医療保険、生活保護の医療扶助などの公衆衛生サービスに関する費用、社会福祉サービスに関する費用、介護保険給付などがある。

 

 

 

 

 

55 Aさん(80歳、男性)は、空腹時の胃の痛みが2週間続くため受診し、1週後に胃内視鏡検査を受けることになった。
 検査を受けるAさんへの看護で適切なのはどれか。

1.検査前日の夜に下剤を服用することを伝える。
2.検査前に前立腺肥大症の既往の有無を確認する。
3.検査中は仰臥位の姿勢を保持する。
4.検査後はすぐに食事ができることを説明する。

解答2

解説

1.× 検査前日の夜は、下剤を服用する必要はない。なぜなら、胃内視鏡では大腸を観察するわけではないため。検査前12時間は、禁飲食(2時間前まで飲水のみ可)とする。
2.〇 正しい。検査前に前立腺肥大症の既往の有無を確認する。なぜなら、抗コリン薬(胃の嬬動運動を抑えるため)を投与することがあるため。抗コリン薬で悪化する前立腺肥大症や緑内障、重篤な心疾患、麻痺性イレウスなどの既往の有無を確認することは重要である。
3.× 検査中は、仰臥位ではなく、左側臥位の姿勢を保持する。
4.× 検査後は、すぐに食事ができず、検査後1時間でできることを説明する。なぜなら、検査時に咽頭麻酔を行うため。検査後も麻酔が切れるまで(検査後1時間)は、誤嚥防止のため食事はできない。飲水・うがいも禁止する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。