第108回(H31) 看護師国家試験 解説【午後6~10】

6 マズロー,A.H.の基本的欲求の階層で、食事・排泄・睡眠の欲求はどれか。

1.安全の欲求
2.自己実現の欲求
3.承認の欲求
4.生理的欲求

解答4

解説

(※写真引用:STUDY HACKER様HP マズローの法則とは? 知っておくべき5つの「欲求」

 

1.× 安全の欲求は、第2段階目に位置する苦痛・不安から解放されたいという欲求である。
2.× 自己実現の欲求は、最上層の第5段階目に位置する自己の能力や可能性を発揮したいという欲求である。
3.× 承認の欲求は、第4段階目に位置する自分が他者から価値のある存在であると認められたいという欲求である。
4.〇 正しい。生理的欲求は、最下層の第1段階目に位置する食欲、排泄欲、睡眠欲など人間が生きるうえでの基本的な欲求である。

 

 

 

 

 

7 生後4か月の乳児の発達を評価するのはどれか。

1.寝返り
2.お座り
3.首のすわり
4.つかまり立ち

解答3

解説

1.× 寝返りができるようになるのは、5~6か月である。
2.× お座りができるようになるのは、6~8か月である。
3.〇 正しい。首のすわり(定頸)ができるようになるのは、3~4か月である。
4.× つかまり立ちができるようになるのは、8~10か月である

 

 

 

 

 

8 エリクソン,E.H.の乳児期の心理・社会的発達段階で正しいのはどれか。

1.親密
2.同一性
3.自主性
4.基本的信頼

解答4

解説

1.× 親密は、成人期における発達課題である。親密(性)とは、他者(主に異性)と結婚に代表されるような真に親密な信頼関係を築くことである。
2.× 同一性は、青年期の発達課題である。同一性すなわち「自分が自分である」、自分はこういう人間であるという自己同一性(アイデンティティ)の確立である。
3.× 自主性は、幼児期における発達課題である。幼児期は、運動機能が発達し、いろいろな活動ができる体験を積み重ね、自発性を獲得することが発達課題となる。
4.〇 正しい。基本的信頼は、乳児期の発達課題となる。

エリクソン発達理論

乳児期(0歳~1歳6ヶ月頃)基本的信頼感vs不信感
幼児前期(1歳6ヶ月頃~4歳)自律性vs恥・羞恥心
幼児後期(4歳~6歳)積極性(自発性)vs罪悪感
児童期・学童期(6歳~12歳)勤勉性vs劣等感
青年期(12歳~22歳)同一性(アイデンティティ)vs同一性の拡散
前成人期(就職して結婚するまでの時期)親密性vs孤立
成人期(結婚から子供が生まれる時期)生殖性vs自己没頭
壮年期(子供を産み育てる時期)世代性vs停滞性
老年期(子育てを終え、退職する時期~)自己統合(統合性)vs絶望

 

 

 

 

 

9 成人の体重に占める体液の割合で最も高いのはどれか。

1.血漿
2.間質液
3.細胞内液
4.リンパ液

解答3

解説

成人では、体重の約60%が水分である。体内の水分(体液)は細胞内を満たす細胞内液と、細胞外にある細胞外液に大別される。細胞内液と細胞外液の分布比は、2:1である。そのうち細胞外液は、細胞の周りに存在する間質液(組織液)と循環している脈管内液(血漿)に分けられる。間質液(組織液)と脈管内液(血漿)の分布比は、3:1である。リンパ液は間質液に由来し、脈管(リンパ管)を流れる。

 

1.× 血漿は、細胞外液の約1/4(体重の5%)に相当する。
2.× 間質液は、は細胞外液の約3/4(体重の15%)に相当する。
3.〇 正しい。細胞内液は、体液の約2/3(体重の40%)に相当する。
4.× リンパ液は、細胞外液であるが、量的にはわずかである。

 

 

 

 

 

10 要介護者に対し、看護・医学的管理の下で必要な医療や日常生活上の世話を行うのはどれか。

1.介護老人保健施設
2.短期入所生活介護
3.保健センター
4.有料老人ホーム

解答1

解説

1.〇 正しい。要介護者に対し、看護・医学的管理の下で必要な医療や日常生活上の世話を行うのは、介護老人保健施設である。介護老人保健施設は、『介護保険法』が定める施設で、『医療法』に定める医療提供施設でもある。4つの選択肢のなかで医療を提供できるのは、介護老人保健施設だけである。
2.× 短期入所生活介護(ショートステイ)は、特別養護老人ホームなどに短期で入所して、入浴・排泄・食事などの日常生活の援助及び機能訓練を行うものである。
3.× 保健センター(市町村保健センター)は、住民に対し、健康相談・保健指導及び健康診査など地域保健に関し必要な事業を行うものである。
4.× 有料老人ホームは、高齢者を入居させ、入浴・排泄・食事の介護などの介護を行う施設で一定のものをいう。運営主体は主に民問である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。