第108回(H31) 看護師国家試験 解説【午前66~70】

66 入院患者のせん妄に対する予防的介入で適切なのはどれか。

1.可能な限り離床を促す。
2.昼間は部屋を薄暗くする。
3.家族や知人の面会は必要最低限にする。
4.夕方に短時間の睡眠をとることを勧める。

解答1

解説

せん妄とは、複数の要因(直接因子・準備因子・誘発因子)が重なって生じる意識障害の一種である。

 

1.〇 正しい。可能な限り離床を促す。なぜなら、過度の臥床はせん妄を誘発する因子になるため。
2.× 昼間は、部屋を薄暗くではなく、明るくする。なぜなら、覚醒を促し、夜間に十分な睡眠ができるようリズムを整えるため。
3.× 家族や知人の面会は、必要最低限ではなく積極的にする。なぜなら、面会などを通して覚醒を促し、不安を軽減させるため。
4.× 短時間の睡眠は、夕方でも取らない方が良い。なぜなら、夕方に睡眠をとると夜間眠れなくなるため。短時間の睡眠をとるならば日中にする方が良い。

せん妄の要因

①直接因子:薬剤の副作用や急性の脳疾患など、それ単体で意識障害を引き起こしうる身体的な要因である。

②準備因子:加齢や認知症など、もともと患者がもっている脳器質的な弱さである。

③誘発因子:痛みやドレーン類の留置、入院による環境の変化、不安感など、睡眠・覚醒リズムの乱れを通して、せん妄を誘発する因子である。

 

 

 

 

 

67 注意欠如・多動性障害(ADHD)の症状はどれか。

1.音声チックが出現する。
2.計算を習得することが困難である。
3.課題や活動に必要なものをしばしば失くしてしまう。
4.読んでいるものの意味を理解することが困難である。

解答3

解説

 注意欠如・多動性障害(ADHD):年齢・発達に不釣り合いな不注意(集中困難)、多動性衝動性がみられ、社会的な活動や学業の機能に支障をきたす。

 

1.× 音声チックが出現が特徴的な疾患は、トゥレット症候群である。音声チックとは、チック症の一種であり、不明瞭な叫び声・反復的な発声・咳払い・ブツブツ言うなどの症状である。
2.× 計算を習得することが困難であるのは、発達障害の一つである学習障害である。
3.〇 正しい。課題や活動に必要なものをしばしば失くしてしまうのは、注意欠如・多動性障害(ADHD)の症状の「不注意」である。
4.× 読んでいるものの意味を理解することが困難であるのは、発達障害の一つである学習障害である。

 

 

 

 

 

68 精神医療審査会で審査を行うのはどれか。

1.精神保健指定医の認定
2.入院患者からの退院請求
3.退院後生活環境相談員の選任
4.心神喪失等の状態で重大な他害行為を行った者の医療及び観察等に関する法律による処遇の要否

解答2

解説

 精神医療審査会は、『精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(精神保健福祉法)』により、都道府県・指定都市に設置されるものである。

 

1.× 精神保健指定医の認定は、厚生労働大臣が指定する。
2.〇 正しい。入院患者からの退院請求は、精神医療審査会で審査を行い決定する。精神医療審査会は、精神科病院に入院中の者またはその家族等から退院請求や処遇改善請求があった場合、その入院の必要性や処遇の妥当性について審査を行う。
3.× 退院後生活環境相談員の選任は、精神保健福祉法により精神科病院の管理者である。退院後生活環境相談員になれるのは、精神保健福祉士の資格を有する者等である。
4.× 心神喪失等の状態で重大な他害行為を行った者の医療及び観察等に関する法律による処遇の要否は、裁判官と精神保健審判員の各1名からなる合議体による審判で行われる。

 

 

 

 

 

69 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律で、平成25年(2013年)に改正された内容はどれか。

1.保護者制度の廃止
2.自立支援医療の新設
3.精神保健指定医制度の導入
4.精神分裂病から統合失調症への呼称変更

解答1

解説

1.〇 正しい。保護者制度の廃止は、精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(精神保健福祉法)で、平成25年(2013年)に改正された内容として正しい。平成25年(2013年)の改正では、精神障害者の地域生活への移行を促進するため、①精神障害者の医療に関する指針(大臣告示)の策定、②保護者制度の廃止、③医療保護入院における入院手続き等の見直し等が行われた。

 

2.× 自立支援医療の新設は、精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(精神保健福祉法)ではなく、障害者総合支援法で規定されている。
3.× 精神保健指定医制度の導入は、昭和62年(1987年)に精神衛生法が改正されて精神保健法(精神保健福祉法の前身)に名称変更した時に導入された。
4.× 精神分裂病から統合失調症への呼称変更は、平成17年(2005年)に改正された時である。

 

 

 

 

 

70 平成28年(2016年)の国民生活基礎調査において、要介護者等のいる世帯に同居している主な介護者全数の特徴で正しいのはどれか。

1.性別は女性が多い。
2.続柄は子が最も多い。
3.年齢は70〜79歳が最も多い。
4.介護時間は「ほとんど終日」が最も多い。

解答1

解説

1.〇 正しい。性別は女性が多い。同居の主な介護者は、女性:66.0%、男性:34.0%である。
2.× 続柄は、子ではなく配偶者が最も多い。同居の主な介護者は、配偶者:25.2%、子:21.8%、子の配偶者:9.7%、父母:0.6%である。
3.× 年齢は、70〜79歳ではなく、60〜69歳(男女とも)が最も多い。同居している主な介護者の年齢別構成割合は、60~69歳:31.5%、70~79歳:22.3%、50~59歳:21.2%、80歳以上:16.1%である。
4.× 介護時間は、「ほとんど終日」ではなく、「必要な時に手をかす程度」が最も多い。主な介護者の介護時間は、必要な時に手をかす程度:44.5%、ほとんど終日:22.1%、半日程度:10.9%、2~3時間程度:10.7%である。しかし、要介護5では、「ほとんど終日」が54.6%となる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。