第108回(H31) 看護師国家試験 解説【午後66~70】

66 Aさん(85歳、女性)は、1人暮らし。日常生活は自立しており、健康のために毎日20〜30分のウォーキングをしている。夜間は、廊下を歩いて1、2回トイレに行く。
 Aさんの現時点での家屋環境の整備で最も優先されるのはどれか。

1.便座の高さを高くする。
2.廊下に手すりを設置する。
3.トイレの扉を引き戸にする。
4.廊下に足元照明を設置する。

解答4

解説

1.× 便座の高さを高くするのは、時期尚早である。座面が高いと立ち上がりやすくなるが、健康のために毎日20〜30分のウォーキングをしているAさんにとって、立ち上がりの危険性は低いと考えられる。選択肢に選択肢1より優先度が高いものがある。
2.× 廊下に手すりを設置するのは、時期尚早である。廊下に手すりを設置すると転倒しにくくなるが、健康のために毎日20〜30分のウォーキングをしているAさんにとって、歩行自体の危険性は低いと考えられる。選択肢に選択肢2より優先度が高いものがある。
3.× トイレの扉を引き戸にするのは、時期尚早である。トイレの扉を引き戸に変更すると細かな方向転換をせず転倒のリスク軽減となるが、引き戸への検討は歩行介助や歩行補助具を使用しているときに優先度が高い。したがって、選択肢に選択肢3より優先度が高いものがある。
4.〇 正しい。廊下に足元照明を設置する。高齢になると暗順応が低下するため、たとえ歩行が安定していても、夜間、トイレに向かう際に転倒などしないよう足元照明(フツトライト)などの部分照明を設置するとよい。

 

 

 

 

 

 

67 Aさん(52歳、男性、独身)は、銀行員。切除不能の大腸癌と診断され、外来で抗癌薬の点滴静脈内注射を受けることになった。Aさんは「治療を受けながら仕事を続けたいのですが、どうすれば良いか教えてください」と外来看護師に相談した。
 外来看護師が行うAさんへの助言で最も適切なのはどれか。

1.「所属部署の変更を上司に申し出ましょう」
2.「副作用が出てから対応を考えましょう」
3.「会社の健康管理部門に相談しましょう」
4.「有給休暇を使って治療を受けましょう」

解答3

解説

1.× 「所属部署の変更を上司に申し出ましょう」・・・Aさんは治療をしながら仕事を続けたいと話しており、現在の部署で治療と両立できるかについては現時点で情報がないため、部署の変更を助言するのは不適切である。
2.× 「副作用が出てから対応を考えましょう」・・・抗癌薬を用いることは説明されており、副作用が出る可能性は高い。抗がん薬治療により副作用が起こることはすでに予測されるため、起こったときにどう対処するかを助言するほうがよい。
3.〇 正しい。「会社の健康管理部門に相談しましょう」・・・治療を受けながら仕事を続けることは会社側の協力も欠かせないため、まずは会社の健康管理部門などに対し相談するようにすすめ、それをもとに必要に応じて協力をする必要がある。
4.× 「有給休暇を使って治療を受けましょう」・・・有給休暇には限りがあり、これだけでは治療を受けながら仕事を続けることは困難であるため不適切である。

 

 

 

 

 

68 家族からネグレクトを受けている高齢者について、地域包括支援センターに通報があった。
 この通報を受けた地域包括支援センターが行う業務はどれか。

1.権利擁護
2.総合相談支援
3.介護予防ケアマネジメント
4.包括的・継続的ケアマネジメント支援

解答1

解説

1.〇 正しい。権利擁護である。家族からネグレクトを受けていることから、本人の権利が侵害されていると考えられる。権利擁護は地域包括支援センターが有する機能の一つである。他にも、①成年後見制度の活用支援、②高齢者虐待への対応、③消費者被害の防止、などがある。
2.× 総合相談支援は、包括的支援事業のひとつである。関係機関や地域住民との連絡調整、介護する者に対する相談支援などがある。本件に関しては権利擁護が当てはまる。
3.× 介護予防ケアマネジメントは、地域包括支援センターが有する機能の一つで介護予防・日常生活支援総合事業である。要支援者が訪問型・通所型サービスなどを利用するときのケアプランの作成やモニタリングをいう。本件に関しては権利擁護が当てはまる。
4.× 包括的・継続的ケアマネジメント支援は、地域包括支援センターが有する機能の一つで包括的支援事業のひとつである。包括的・継続的なケア体制の構築、ケアマネジャーや医療機関などのネットワークの構築、ケアマネジャーへの指導・助言などがある。本件に関しては権利擁護が当てはまる。

 

 

 

 

 

69 病院では、育児中の時短勤務、夜勤専従、非常勤など多様な労働時間や雇用形態の看護師が働いている。
 看護管理者が行うマネジメントで最も優先するのはどれか。

1.夜勤専従の看護師の休暇を増やす。
2.育児中の看護師の院内研修を免除する。
3.非常勤看護師は患者の受け持ちを免除する。
4.特定の看護師に仕事が集中しないよう調整する。

解答4

解説

1.× 夜勤専従の看護師の休暇を増やすことを最も優先する必要はない。なぜなら、労働基準法による夜勤専従看護師の夜勤回数は、特に規制がなく「1回の勤務が8時間」、「週に40時間の労働時間を超えない」という条件をクリアすればよいとされている。
2.× 育児中の看護師の院内研修を免除することは、不適切である。育児中の看護師に対しても、看護に関する最新の知識などを共有するため、院内研修を免除することは適切ではない。
3.× 非常勤看護師は、患者の受け持ちを免除することは、不適切である。非常勤看護師は、パート・アルバイトのことを指す。しかし、患者を受け持つことができる。また、非常勤看護師の受け持ち患者を免除した場合、常勤看護師の業務量が多くなることが予想される。
4.〇 正しい。特定の看護師に仕事が集中しないよう調整することを最も優先する。特定の看護師に仕事が集中し、過重労働にならないよう配慮することが大切である。なぜなら、事故も発生しやすくなるため。

 

 

 

 

 

70 診療情報の取り扱いで適切なのはどれか。

1.診療情報の開示請求は患者本人に限られる。
2.医療者は患者が情報提供を受けることを拒んでも説明する。
3.2類感染症の届出は患者本人の同意を得なければならない。
4.他院へのセカンドオピニオンを希望する患者に診療情報を提供する。

解答4

解説

1.× 診療情報の開示請求は、患者本人に限られず、患者本人の同意があれば、第三者(親族、遺族など)に対して提供が可能である。
2.× 医療者は、患者が情報提供を受けることを拒んだ場合、本人の心理面を考えて説明しないことを配慮する必要がある。なぜなら、診療情報は、患者の同意のもと提供することが重要であるため。
3.× 2類感染症の届出は、患者本人の同意は必要とせず、医師は行わなければならない。2類感染症とは、急性灰白髄炎・結核・ジフテリア・鳥インフルエンザなどである。患者の同意がなくても、診断した医師が直ちに保健所などに報告することが必要である。
4.〇 正しい。他院へのセカンドオピニオンを希望する患者に、診療情報を提供する。セカンドオピニオン(主治医以外の医師に求めるその他の意見)は、患者自身が治療選択できるよう法律で定められている。主治医は診療情報を提供しなければならない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。