第108回(H31) 看護師国家試験 解説【午前71~75】

71 Aさん(74歳、女性)は、1人暮らし。要介護1、認知症高齢者の日常生活自立度判定基準Ⅱa。頻尿のため、自室からトイレへの移動中に廊下で失禁することが頻繁にある。1日3食の高齢者向け配食サービスを利用している。
 現時点でのAさんの日常生活で最も起こりやすいのはどれか。

1.窒息
2.転倒
3.熱傷
4.徘徊

解答2

解説

認知症高齢者の日常生活自立度判定基準Ⅱa:日常生活に支障をきたすような症状・行動や意思疎通の困難さが家庭外で多少みられる状態。

 

1.× 窒息は起こりにくい。なぜなら、窒息のリスクが高くなるほどの食事が上手にできないなどの日常生活自立度判定基準はⅢであるため。
2.〇 正しい。転倒は最も起こりやすい。なぜなら、本症例は頻尿で失禁するなどの症状があり、尿意で慌てて転倒する可能性が高いため。
3.× 熱傷は起こりにくい。なぜなら、1日3食とも高齢者向け配食サービスを利用し、自分で調理する必要性はないため。
4.× 徘徊は起こりにくい。なぜなら、徘徊がみられるのは日常生活自立度判定基準Ⅲ以上であるため。

 

 

 

 

 

72 Aさん(77歳、男性)は、脳梗塞による左片麻痺があり、右膝の痛みにより立位が困難である。端坐位で殿部をわずかに持ち上げることはできる。妻(77歳)は小柄で、体格差のある夫の移乗の介助に負担を感じている。
 Aさんのベッドから車椅子への移乗の際、妻の介護負担を軽減する福祉用具で適切なのはどれか。

1.歩行器
2.ベッド柵
3.電動介助リフト
4.トランスファーボード

解答4

解説

1.× 歩行器は適切ではない。歩行器は歩行するための歩行補助具であるため、移乗時に用いることは少ない。また、本症例は立ち上がり困難であるため歩行はなお困難と考えられる。
2.× ベッド柵は適切ではない。なぜなら、右膝の痛みで立ち上がりが困難であるため。
3.× 電動介助リフトは適切ではない。なぜなら、電動介助リフトは端坐位が困難なほぼ寝たきりに適応となるため。
4.〇 正しい。トランスファーボードである。本症例は、端座位で殿部を少しもち上げられることから、トランスファーボードを使用して移乗することで介護者の負担が軽減できると考えられる。

 

 

 

 

 

73 Aさん(82歳、男性)は、妻(75歳)と2人暮らし。障害高齢者の日常生活自立度判定基準B-1。日中は車椅子に座っていることが多い。Aさんの仙骨部に発赤があるのを発見したため、訪問看護師は妻にAさんへの介護方法を指導することにした。
 妻に指導する内容で正しいのはどれか。

1.「仙骨部をマッサージしましょう」
2.「夜間は2時間毎に体位変換をしましょう」
3.「時々お尻を浮かすよう声をかけましょう」
4.「車椅子に座らせるときは円座を使いましょう」

解答3

解説

障害高齢者の日常生活自立度判定基準B-1:自力で座位を保つことができ、介助なしで車椅子などに移乗できる状態である。

 

1.× 褥瘡に対し、マッサージは禁忌である。なぜなら、褥瘡に対しマッサージすると、虚血による組織の損傷を進行させてしまうため。
2.× 夜間の2時間毎に体位変換の指導は適切ではない。なぜなら、本症例は、障害高齢者の日常生活自立度判定基準B-1(自力で座位を保つことができ、介助なしで車椅子などに移乗できる状態)であるため。ベッド上での体位交換が自立して行えると考えられる。褥瘡の原因として、「日中は車椅子に座っていることが多い」ことが考えられる。
3.〇 正しい。「時々お尻を浮かす声かけが、殿部の除圧につながり褥瘡予防となる。20分ごとのプッシュアップ(殿部除圧)が推奨されている。
4.× 褥瘡に対し車椅子に座らせるときの円座は使用しない。なぜなら、円座は接触面積が少なくなり、より圧がかかりやすくなるため。接触する部分の血行が悪くなり褥瘡を悪化する。

 

 

 

 

 

74 地域包括ケアシステムにおける支援のあり方で、「互助」を示すのはどれか。

1.高齢者が生活保護を受けること
2.住民が定期的に体重測定すること
3.要介護者が介護保険サービスを利用すること
4.住民ボランティアが要支援者の家のごみを出すこと

解答4

解説

1.× 高齢者が生活保護を受けることは、公助にあたる。
2.× 住民が定期的に体重測定することは、自助に当たる。
3.× 要介護者が介護保険サービスを利用することは、共助に当たる。
4.〇 正しい。住民ボランティアが要支援者の家のごみを出すことは、互助に当たる。

4つの助

公助:生活保障制度や社会福祉制度による支援である。

自助:自分自身で自分を助けるということである。

共助:被保険者が保険料を支払い、相互の負担で成立する制度である。

互助:個人的な関係性をもっている人間同士が助け合うことである。費用負担が制度的に裏付けられていない。あくまで自発的な支えのこと。

 

 

 

 

 

75 医療提供の理念、病院・診療所等の医療を提供する場所、その管理のあり方を定めたのはどれか。

1.医療法
2.医師法
3.健康保険法
4.保健師助産師看護師法

解答1

解説

1.〇 正しい。医療法は、医療提供の理念、病院・診療所等の医療を提供する場所、その管理のあり方を定めたものである。他にも、施設の整備、医療機関の機能の分担、業務の連携などを定めている。
2.× 医師法は、医師の免許・試験・臨床研修・業務などが規定されている。
3.× 健康保険法は、健康保険の保険者、被保険者、給付、費用などが規定されている。
4.× 保健師助産師看護師法は、看護師などの定義、免許、試験、業務などが規定されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。