第108回(H31) 看護師国家試験 解説【午後71~75】

71 医療法における病院の医療安全管理体制で正しいのはどれか。

1.医療安全管理のために必要な研修を2年に1回行わなければならない。
2.医療安全管理のための指針を整備しなければならない。
3.特定機能病院の医療安全管理者は兼任でよい。
4.医薬品安全管理責任者の配置は義務ではない。

解答2

解説

1.× 医療安全管理のために必要な研修の回数は、法的に決められていない
2.〇 正しい。医療安全管理のための指針を整備しなければならない。医療法により、病院や診療所、助産所の管理者は、医療の安全を確保するための指針を策定することが義務づけられている。そのほかにも①委員会の開催、②職員の研修、③改善のための方策がある。
3.× 特定機能病院の医療安全管理者は、兼任ではなく、専従と義務付けられている。
4.× 医薬品安全管理責任者の配置は、義務である。医薬品安全管理体制として、医薬品安全管理者責任(医薬品の安全使用のための責任者)の配置が義務づけられている。

 

 

 

 

 

72 看護師等の人材確保の促進に関する法律における離職等の届出で適切なのはどれか。

1.届出は義務である。
2.届出先は保健所である。
3.離職を予定する場合に事前に届け出なければならない。
4.免許取得後すぐに就職しない場合は届け出るよう努める。

解答4

解説

1.× 届出は義務はなく、努力義務(届け出るよう努めなければならない)である。
2.× 届出先は、保健所ではなく、都道府県ナースセンターである。
3.× 離職を予定する場合に事前に届け出なければならないという義務はない。病院等を離職した場合であって事後の届出である。
4.〇 正しい。免許取得後すぐに就職しない場合は、届け出るよう努める(努力義務)。業務に直ちに従事する見込みがない場合も、届け出るよう努めなければならない(努力義務)。

 

 

 

 

 

73 国際社会が抱えるヘルスケアを含む課題に対して、すべての国に適用される普遍的(ユニバーサル)な目標で、2015年の国連サミットで採択されたのはどれか。

1.ヘルスフォーオール21(Health For All in the 21st century:HFA 21)
2.ミレニアム開発目標(Millennium Development Goals:MDGs)
3.持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)
4.国連開発目標(International Development Goals:IDGs)

解答3

解説

1.× ヘルスフォーオール21(Health For All in the 21st century:HFA 21)とは、1998年WHOにより採択された世界保健宣言である。21世紀初めの20年間の健康戦略の目標を「世界中の人々が生涯を通じて可能な限り高い健康水準に達すること」とした。
2.× ミレニアム開発目標(Millennium Development Goals:MDGs)とは、2000年国連ミレニアムサミットで採択された。「開発途上国の開発を目標とした世界戦略」であり、2015年に評価された。
3.〇 正しい。持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)とは、ミレニアム開発目標の後継として2015年に採択された。国際社会が抱えるヘルスケアを含む課題に対して、すべての国に適用される普遍的(ユニバーサル)な目標である。持続可能な世界を実現するため、先進国を含めたすべての国を対象として2016年から2030年までの国際目標が定められた。ミレニアム開発目標で残された課題(乳幼児や妊産婦の死亡率の削減)や新たに顕在化された課題(気候変動や経済的不平等など)に対応することを目標としている。
4.× 国連開発目標(International Development Goals:IDGs)とは、1996年にOECD開発援助委員会により採択された。「極端な貧困人口の割合減少」に焦点がおかれた。

 

 

 

 

 

74 採血の際、血液が凝固するのを防ぐために試験管にクエン酸の結晶を入れておくことがある。
 クエン酸によって血液から除かれるのはどれか。

1.トロンビン
2.プラスミン
3.カルシウムイオン
4.ナトリウムイオン
5.フィブリノーゲン

解答3

解説

1.× トロンビンは、凝固因子の活性化の最後に活性化する因子である。血液凝固の最終過程では、トロンビンの作用でフィブリノーゲンがフィブリンに変化する。トロンビンの作用を阻害する抗凝固薬にヘパリンがある。
2.× プラスミンは、線溶(線維素溶解系に働く物質)に重要な因子である。フィブリンを分解することで凝固した血液を溶かす。
3.〇 正しい。カルシウムイオンは、クエン酸によって血液から除かれる物質である。血液凝固因子の活性化にはカルシウムイオンが欠かせない。クエン酸は、カルシウムイオンと反応してクエン酸カルシウムとなることで血漿からカルシウムイオンを除去し、抗凝固作用を示す。
4.× ナトリウムイオンは血液凝固に関係しない。クエン酸は、抗凝固剤としてクエン酸ナトリウムの形で用いられるので、ナトリウムイオンが除かれることはない。
5.× フィブリノーゲンは、血漿タンパクの一つである。凝固因子の活性化によってフィブリンとなり、血液を凝固させる。

 

 

 

 

 

75 胃底腺の主細胞の分泌物に由来するタンパク分解酵素はどれか。

1.アミラーゼ
2.キモトリプシン
3.トリプシン
4.ペプシン
5.リパーゼ

解答4

解説

1.× アミラーゼは、主に膵臓と唾液腺(耳下腺)から分泌される消化酵素である。デンプンなどの多糖類を二糖類に分解する。
2~3.× キモトリプシン/トリプシンは、膵臓から分泌されるタンパク質の分解酵素である。
4.〇 正しい。ペプシンは、胃底腺の主細胞の分泌物に由来するタンパク分解酵素である。胃主細胞から分泌されたペプシノーゲンは、壁細胞が分泌する塩酸によりペプシンとなる。
5.× リパーゼは、主に膵液に含まれるトリグリセリド(中性脂肪)を分解する消化酵素である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。