第108回(H31) 看護師国家試験 解説【午前76~80】

76 看護師Aが患者Bの点滴ボトルに薬剤を注入しているとき、新人看護師から患者Cについて相談を受けた。看護師Aが作業を中断し新人看護師に対応した後、患者Bの点滴ボトルに患者Cの名前を記入するというヒヤリハットが発生した。
 この病棟の看護師長が行う再発防止策で適切なのはどれか。

1.看護師Aに対策を考えさせる。
2.看護師Aを注射の業務から外す。
3.作業中断の対策を病棟チームで検討する。
4.再発防止カンファレンスを1か月後に計画する。

解答3

解説

1.× 看護師Aのみが対策を考えるのではなく、病棟全体で対策を考える。
2.× 看護師Aを注射の業務から外す必要はない。なぜなら、全ての看護師が同様の問題を起こす可能性があるため。再発防止策を検討することが適切である。
3.〇 正しい。作業中断の対策を病棟チームで検討する。
4.× 再発防止カンファレンスは、1か月後に計画するのではなく、早急に対策を検討する。なぜなら、同様の問題を繰り返さないため。

 

 

 

 

 

77 日本における政府開発援助(ODA)の実施機関として正しいのはどれか。

1.国際協力機構(JICA)
2.世界保健機関(WHO)
3.国連児童基金(UNICEF)
4.国連世界食糧計画(WFP)

解答1

解説

1.〇 正しい。国際協力機構(JICA)を、日本の政府開発援助が実施している。開発途上国への国際支援を行っている。
2.× 世界保健機関(WHO)は、スイスのジュネーブに本部がある国際機関である。全ての人々が可能な最高の健康水準に到達するため活動している。
3.× 国連児童基金(UNICEF)は、ニューヨークに本部がある国際機関である。全ての子どもの命と権利を守るため活動している。
4.× 国連世界食糧計画(WFP)は、ローマに本部がある国連の機関である。飢餓のない世界を目指して活動している。

 

 

 

 

 

78 災害に関する記述で正しいのはどれか。

1.災害時の要配慮者には高齢者が含まれる。
2.人為的災害の被災範囲は局地災害にとどまる。
3.複合災害は同じ地域で複数回災害が発生することである。
4.発災直後に被災者診療を行う場では医療の供給が需要を上回る。

解答1

解説

1.〇 正しい。災害時の要配慮者には、高齢者が含まれる。高齢者のほかに、乳幼児・子ども・妊産婦・病気の人・障害者・外国人などが挙げられる。
2.× 人為的災害の被災範囲は、局地災害にとどまるとは限らない。なぜなら、福島原子力発電所の事故のような広域災害もあるため。人為的災害とは、なんらかの人為的原因により起きた災害である。火災など多くは局地災害に分類されることが多いが、原子力発電所の事故などのように広域災害に分類されるものもある。
3.× 複合災害は、同じ地域で複数回災害が発生することではなく、自然災害や人為的災害などの同種または異種の災害が同時に発生することである。
4.× 逆である。発災直後に被災者診療を行う場では、医療需要(患者数)医療供給(薬剤や医療資機材)を上回る。なぜなら、発災直後は負傷者が多く、医療物資や機関は失われている場合が多いため。

 

 

 

 

 

79 血漿の電解質組成を陽イオンと陰イオンに分けたグラフを示す。
 矢印で示すのはどれか。

1.ナトリウムイオン
2.カリウムイオン
3.リン酸イオン
4.塩化物イオン
5.重炭酸イオン

解答5

解説

1.× ナトリウムイオン(Na)は、血策中では最も多い陽イオンである。図の陽イオンのなかでは、1番上である。
2.× カリウムイオン(K)は、細胞内液では最も多い陽イオンである。図の陽イオンのなかでは、上から2番目である.
3.× リン酸イオン(HPO42-)は、細胞内液では最も多い陰イオンである。図の陰イオンのなかでは、上から3番目である.
4.× 塩化物イオン(CI)は、血漿中では最も多い陰イオンである。図の陰イオンのなかで、最も大きい面積を占める。
5.〇 正しい。重炭酸イオン(HCO3-)は、血染中では酸塩基平衡に重要な陰イオンである。図の矢印部分は、陰イオンの1/5程度なので、重炭酸イオンである。

 

 

 

 

 

80 血液中のカルシウムイオン濃度が低下した際に、ホルモン分泌量が増加するのはどれか。

1.膵島
2.甲状腺
3.下垂体
4.副腎皮質
5.副甲状腺

解答5

解説

 カルシウム濃度が低下した分、カルシウム濃度を増加させるホルモン(パラトルモン)が分泌する。

 

1.× 膵島は、インスリン(血糖値低下)、グルカゴン(血糖値上昇)、ソマトスタチン(インスリンやグルカゴンの分泌抑制)が分泌される。
2.× 甲状腺は、全身各臓器の代謝の亢進などに作用する。
3.× 下垂体から分泌されるホルモンのうち、分泌と電解質濃度に関係があるのは、抗利尿ホルモン(血染浸透圧の調整)だけである。
4.× 副腎皮質は、アルドステロン(ナトリウムと水の再吸収を促進し、血圧上昇や循環血漿量増加)が分泌される。
5.〇 正しい。副甲状腺から、パラトルモンが分泌される。パラトルモンは、腎臓からのカルシウム再吸収・骨吸収亢進、ビタミンDの活性化を起こし、血中カルシウムイオン濃度を上昇させる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。