第108回(H31) 看護師国家試験 解説【午前91~95】

次の文を読み91〜93の問いに答えよ。
 Aさん(20歳、男性、大学生)は、炎天下で長時間サッカーをしていたところ転倒し、左膝と左側腹部を強打した。「左膝がカクッと折れて力が入らない。左腹部が痛い」ことを主訴に救急外来を受診した。
 受診時のバイタルサインは、体温37.0 ℃、呼吸数14/分、脈拍98/分、血圧102/58mmHg、経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)98%。血液検査の結果、赤血球550万/μL、Hb 16.0g/dL、Ht 55%、白血球8,900/μL、CRP 0.3 mg/dLであった。尿検査は尿潜血(-)、尿比重1.025、濃縮尿であった。胸部・腹部・下肢のエックス線写真に異常なし。胸腹部CTでは脾臓損傷を否定できなかった。このため、左半月板損傷と外傷性脾臓損傷を疑い入院となった。

91 Aさんの状態をアセスメントするために、救急外来受診時に優先して観察すべき項目はどれか。

1.尿の性状
2.腸蠕動音
3.脈拍数
4.体温

解答3

解説

 本症例は、自力で救急外来を受診して主訴を述べていることから、意識状態と気道への障害は少ないと考えられる。したがって、本症例は高熱による臓器障害や横紋筋融解症が起こるような重症の熱中症というより、軽度の熱中症と考えられる。

 

1.4.× 尿の性状/体温の優先度は、脈拍数と比べ低い。いかなる状況(重症の熱中症)の場合でも、脈拍数や血圧より優先度が高くなることはない
2.× 腸蠕動音はの優先度は、脈拍数と比べ低い。腹部外傷に伴う腹腔内出血を考える場合は、腹部の腸嬬動音の確認よりも、循環血液量減少性ショック(出血性ショック)の有無の判断が重要である。これもまず、脈拍の測定が重要である。
3.〇 正しい。脈拍数は、最優先となる。なぜなら、循環動態を評価するため。本症例の主訴や病歴から、熱中症による脱水や臓器損傷による腹腔内出血が考えられる。脱水や腹腔内出血は、循環血液量減少性ショックを起こし、生命にかかわるおそれがある。

 

 

 

 

 

 

次の文を読み91〜93の問いに答えよ。
 Aさん(20歳、男性、大学生)は、炎天下で長時間サッカーをしていたところ転倒し、左膝と左側腹部を強打した。「左膝がカクッと折れて力が入らない。左腹部が痛い」ことを主訴に救急外来を受診した。
 受診時のバイタルサインは、体温37.0 ℃、呼吸数14/分、脈拍98/分、血圧102/58mmHg、経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)98%。血液検査の結果、赤血球550万/μL、Hb 16.0g/dL、Ht 55%、白血球8,900/μL、CRP 0.3mg/dLであった。尿検査は尿潜血(-)、尿比重1.025、濃縮尿であった。胸部・腹部・下肢のエックス線写真に異常なし。胸腹部CTでは脾臓損傷を否定できなかった。このため、左半月板損傷と外傷性脾臓損傷を疑い入院となった。

92 入院後3日、腹部CTの再検査で脾臓損傷は否定された。また、左膝のMRI検査では、左半月板損傷と確定診断され、自宅療養することとなった。退院準備中のAさんから「ベッドから立ち上がろうとしたら、左膝が曲がったままで伸びない。痛みはそれほどでもないです」と訴えがあった。
 この時、医師への連絡と同時に看護師が実施することで適切なのはどれか。

1.作業療法士へ相談する。
2.下肢の関節可動域を確認する。
3.処方された鎮痛薬を服用させる。
4.下肢の徒手筋力テストを実施する。

解答2

解説

1.× 作業療法士へ相談することの優先度は低い。なぜなら、作業療法士は入浴や食事など日常生活の動作や、手工芸、園芸及びレクリエーションまであらゆる作業活動を通して、身体と心のリハビリテーションを行う専門家であるため。
2.〇 正しい。下肢の関節可動域を確認する。痛みはないが、左半月板損傷の確定診断として出ており、「左膝が曲がったままで伸びない」現象は、損傷した半月板が関節に挟まって動きを阻害するロッキングの可能性がある。実際、医学的に伸展不可なのか可動域を確認して、医師に報告する必要がある。
3.× 処方された鎮痛薬を服用させることの優先度は低い。なぜなら、本症例は「痛みはそれほどでもないです」と伝えているため。
4.× 下肢の徒手筋力テストを実施することの優先度は低い。膝がロックされている状態で徒手筋力テストは、反対に関節を損傷したり、痛みを誘発させたりしてしまうことがある。まずは状況把握と医師への連絡が重要である。

 

 

 

 

 

 

次の文を読み91〜93の問いに答えよ。
 Aさん(20歳、男性、大学生)は、炎天下で長時間サッカーをしていたところ転倒し、左膝と左側腹部を強打した。「左膝がカクッと折れて力が入らない。左腹部が痛い」ことを主訴に救急外来を受診した。
 受診時のバイタルサインは、体温37.0℃、呼吸数14/分、脈拍98/分、血圧102/58mmHg、経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)98 %。血液検査の結果、赤血球550万/μL、Hb 16.0g/dL、Ht 55%、白血球8,900/μL、CRP 0.3mg/dLであった。尿検査は尿潜血(-)、尿比重1.025、濃縮尿であった。胸部・腹部・下肢のエックス線写真に異常なし。胸腹部CTでは脾臓損傷を否定できなかった。このため、左半月板損傷と外傷性脾臓損傷を疑い入院となった。

93 医師による診察の結果、退院は中止になり、入院後5日に膝関節鏡を用いた手術を受けた。手術後1週の診察で退院が決まり、医師から「取り外し可能なギプスを装着し、次の受診まで松葉杖を使い左足には負荷をかけないで生活をしてください」と説明された。
 看護師がAさんに行う退院指導で、正しいのはどれか。

1.「負荷をかけない」とは痛くない程度に体重をかけることである。
2.患側膝関節の屈曲伸展を繰り返す運動をしてよい。
3.患側下肢の等尺性運動を実施する。
4.松葉杖は腋窩に密着させる。

解答3

解説

1.× 「負荷をかけない」とは、痛くない程度に体重をかけることではなく、推測になるが文脈から「松葉杖を使い左足には負荷をかけないよう」に説明されていることから、体重免荷の指示である。
2.× 患側膝関節の屈曲伸展を繰り返す運動は行えない。なぜなら、本症例の膝関節は、術後でギプス装着されているため。また、関節の安静を図るように指示されているので、患側膝関節の屈曲伸展は制限される。
3.〇 正しい。患側下肢の等尺性運動を実施する。等尺性運動とは、関節を動かさない筋肉の収縮で、筋の長さは一定である特徴を持つ。ギプス固定している間の筋の廃用予防のための筋力トレーニングとして重要である。
4.× 松葉杖は、腋窩に密着させない。なぜなら、肢寓に密着すると、体重が腋窩にかかり、接触(圧迫)性の腕神経麻痺を起こすため。必ず、握りこぶしひとつ分くらいの隙間をあけて、側胸壁で支える必要がある。

 

 

 

 

 

次の文を読み94〜96の問いに答えよ。
 Aさん(37歳、女性、会社員)は、夫(38歳)と2人暮らし。身長155cm、体重57kg。Aさんは、入浴中に右胸のしこりに気づき、病院を受診した。乳房超音波検査で右乳房外側下部に、直径約3cmの腫瘤が認められた。医師から乳癌の可能性が高いと説明され、検査を受けたところ、右乳癌と診断された。

94 確定診断のため、Aさんに行われた検査はどれか。

1.MRI
2.針生検
3.PET-CT
4.マンモグラフィ

解答2

解説

1.× MRI検査は、強力な磁力を用いて体内を断層的に撮影する方法である。乳癌において、主に確定診断後に用いられる。なぜなら、乳癌の場合、乳房内の病巣の広がりの程度やリンパ節に転移があるかどうかの診断のため。
2.〇 正しい。針生検は、症状の原因を調べるための組織診(生検)の一種である。乳房超音波検査やマンモグラフィで乳癌の疑いがある場合に、確定診断のため病理組織を検出する針生検を行う。
3.× PET-CTは、核医学検査のひとつである。臓器の状態や代謝を確認するために用いられる。乳癌において、主に確定診断後に行われる。なぜなら、多臓器への転移の有無などを調べるため。
4.× マンモグラフィは、は乳房専用のX線撮影装置で、乳がんの初期症状である微細な石灰化や小さなしこりなどを検出することができる。乳房超音波とともに乳がん検診に用いられているが、 確定診断ができる検査ではない。

 

 

 

 

 

 

次の文を読み94〜96の問いに答えよ。
 Aさん(37歳、女性、会社員)は、夫(38歳)と2人暮らし。身長155cm、体重57kg。Aさんは、入浴中に右胸のしこりに気づき、病院を受診した。乳房超音波検査で右乳房外側下部に、直径約3cmの腫瘤が認められた。医師から乳癌の可能性が高いと説明され、検査を受けたところ、右乳癌と診断された。

95 Aさんは、乳房温存療法を希望したが、腫瘤が大きいため手術前に化学療法を受けることになった。術前化学療法としてEC療法(エピルビシン、シクロホスファミド)を3週ごとに、サイクル受ける予定である。
 Aさんに起こりやすい障害はどれか。

1.嗅覚障害
2.リンパ浮腫
3.卵巣機能不全
4.末梢神経障害

解答3

解説

1.× 嗅覚障害は、フルオロウラシルを用いた化学療法で起こりやすい。
2.× リンパ浮腫は、リンパ節の郭清放射線治療リンパ節転移を調べるセンチネルリンパ節生検が原因で起こることがある。
3.〇 正しい。卵巣機能不全が起こりやすい。細胞毒性がある抗がん剤(シクロホスファミド)には、卵巣機能障害の副作用がある。
4.× 末梢神経障害をきたしやすい抗がん薬は、パクリタキセルやドセタキセルなどのタキサン系抗がん薬である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。