第109回(R2) 看護師国家試験 解説【午後101~105】

 

次の文を読み100〜102の問いに答えよ。
 Aちゃん(5歳、男児)は、2日前に39℃に発熱して両側の耳下腺部の痛みを訴えた。昨日から同部位の腫脹がみられ、頭痛を訴えている。夜間に嘔吐が4回あり、発熱と頭痛が持続したため、本日父親に連れられて来院し、髄膜炎の疑いで個室に入院した。通っている幼稚園には、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)罹患児が数名いる。
 既往歴:特記すべきことはない。
 予防接種歴:年齢相応の定期接種はすべて済んでいる。おたふくかぜワクチンは未接種である。
 家族歴:両親は流行性耳下腺炎罹患の既往がある。妹のBちゃん(3歳)は、年齢相応の定期予防接種は済んでいるが、おたふくかぜワクチンは未接種である。また、流行性耳下腺炎罹患の既往はない。
 身体所見:体温39.2 ℃、項部硬直あり。両側耳下腺部の腫脹と圧痛あり。胸部聴診で異常なし。腹部は平坦で軟、圧痛なし。Kernig(ケルニッヒ)徴候あり。
 検査所見:白血球8,760/μL。血清アミラーゼ834 U/L (基準44〜132)、CRP 0.1mg/dL。

101 検査の結果、Aちゃんはムンプス髄膜炎と診断された。父親から看護師に「先ほど主治医の先生から、面会やAの入院中の生活に制限があると聞きました。詳しく教えてください」と質問があった。
 看護師の説明で適切なのはどれか。

1.「親の面会は可能です」
2.「Bちゃんの面会は可能です」
3.「Aちゃんはプレイルームで遊べます」
4.「Aちゃんは病室内でガウンを着てもらいます」

解答1

解説

ムンプス髄膜炎とは?

流行性耳下腺炎(おたふく風邪)の原因である。ムンプスウイルスによって引き起こされる髄膜炎を指す。 流行性耳下腺炎を発症すると耳下腺の腫れのほか、ときに髄膜炎や難聴、精巣炎などの合併症を引き起こすことがある。

1.〇 正しい。親の面会は可能である。なぜなら、両親は過去のムンプス罹患の既往がわかっており、免疫を獲得していると考えられるため。
2.× Bちゃんの面会は禁止である。なぜなら、妹のBちゃんはムンプスワクチンを未接種であり、抗体がない可能性があるため。したがって、隔離が好ましいため面会は禁止である。
3.× Aちゃんはプレイルームで遊ぶことができない。なぜなら、Aちゃんは発症して3日であり、他者に感染させるリスクがあるため。感染カのある期間は、発症3日前~発症後4日までであり、プレイルームは禁止である。
4.× Aちゃんは病室内でガウンを着る必要はない。なぜなら、ムンプスは飛沫感染および接触感染のため。患児が必要不可欠時に移動をする場合には、サージカルマスクの着用と、十分な手洗いをして感染予防をする。ガウンなどの個人防護具は、患児に接する医療従事者などが着るべきである。

 

 

 

 

 

次の文を読み100〜102の問いに答えよ。
 Aちゃん(5歳、男児)は、2日前に39℃に発熱して両側の耳下腺部の痛みを訴えた。昨日から同部位の腫脹がみられ、頭痛を訴えている。夜間に嘔吐が4回あり、発熱と頭痛が持続したため、本日父親に連れられて来院し、髄膜炎の疑いで個室に入院した。通っている幼稚園には、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)罹患児が数名いる。
 既往歴:特記すべきことはない。
 予防接種歴:年齢相応の定期接種はすべて済んでいる。おたふくかぜワクチンは未接種である。
 家族歴:両親は流行性耳下腺炎罹患の既往がある。妹のBちゃん(3歳)は、年齢相応の定期予防接種は済んでいるが、おたふくかぜワクチンは未接種である。また、流行性耳下腺炎罹患の既往はない。
 身体所見:体温39.2 ℃、項部硬直あり。両側耳下腺部の腫脹と圧痛あり。胸部聴診で異常なし。腹部は平坦で軟、圧痛なし。Kernig(ケルニッヒ)徴候あり。
 検査所見:白血球8,760/μL。血清アミラーゼ834 U/L (基準44〜132)、CRP 0.1mg/dL。

102 Aちゃんは入院の翌日も発熱が続いたが、頭痛は軽減し嘔気は消失したため経口摂取を開始した。入院3日、体温は微熱となり食欲が回復したことから、翌日の退院が決定した。耳下腺は縮小しつつあるが圧痛がある。父親から看護師へ「退院後、何か注意することはありますか」と質問があった。
 父親への看護師の回答で適切なのはどれか。

1.「Aちゃんの精巣の腫れに注意してください」
2.「Aちゃんは退院後1週間は登園できません」
3.「Aちゃんの耳の聴こえ方に注意してください」
4.「AちゃんからBちゃんへの感染予防には明日までのワクチン接種が効果的です」

解答3

解説

1.× Aちゃんの精巣の腫れに注意をする必要はない。なぜなら、ムンプスの合併症である精巣炎は、思春期以降の罹患者に多いため。また、現在のAちゃんは体温も微熱であり、回復期に入っているため、今後精巣炎を発症する可能性は低いと考えられる。
2.× Aちゃんの登園は、退院後1週間以内には登園できる可能性が高い。なぜなら、『学校保健安全法施行規則』では、耳下腺などの腫脹後5日を経過し、全身状態が良好になるまで出席停止とすることが定められているため。Aちゃんは現在、耳下腺が腫脹して4日目であるため、退院後1週間以内には登園できるようになると思われる。
3.〇 正しい。「Aちゃんの耳の聴こえ方に注意してください」と指導する。なぜなら、ムンプスの重要な合併症として、髄膜炎のほかにムンプス難聴があるため。多くは回復期に顕在化するため、退院後に難聴が発生していないか注意深く見守る必要がある。ムンプス難聴は、従来は発生率が低いものと認識されていたが、日本耳鼻咽喉科学会による近年の全国調査で、2年間のうちに300例以上発症していることが報告された。ムンプス難聴は片側性が多いものの不可逆性であり、一生涯にわたり後遺症として残るため、ムンプスをワクチン接種により予防することが重要である。
4.× ムンプスの感染予防のためのワクチンの緊急接種は、有効ではないといわれている。

 

 

 

 

 

次の文を読み103〜105の問いに答えよ。
 Aちゃん(7歳、女児、小学1年生)は、3歳ころから夜間就寝中や保育所の昼寝の時に時々いびきがあり、保育所の友達に「Aちゃんがうるさくて眠れない」と言われた。母親が心配してAちゃんを小児科外来に連れて行った。その後、Aちゃんは外来で経過観察されてきたが、今年の4月から7月までの間に、急性扁桃炎を3回起こしていることや、睡眠時無呼吸がみられるようになったことから、8月中に扁桃腺摘出術を受けることになった。

103 定期外来の受診時に、手術が決まったことが医師からAちゃんに伝えられた。
 Aちゃんは「なんで手術するの」と涙ぐんでいる。
 扁桃腺摘出術を受けるAちゃんに対する看護師の説明で適切なのはどれか。

1.「寝ているときに息を止めてしまうことがあるからだよ」
2.「のどにいる悪い虫をとるためだよ」
3.「のどにお熱があるからだよ」
4.「いびきが大きいからだよ」

解答1

解説

 7歳は、自己中心的な思考から、具体的な事物があれば自分の周りで起きたことを徐々に理解できる年齢である。そのような性格を踏まえて、看護師は子どもへの説明をする必要がある。子どもの不安をあおらず嘘をつかないという、説明の大原則を守るべきである。

 

1.〇 正しい。「寝ているときに息を止めてしまうことがあるからだよ」と伝えるのは、手術が必要な理由が分かりやすく、偽りのない正しい説明である。
2.× 「のどにいる悪い虫をとるためだよ」と伝えるのは、学童期の子どもへの説明として不適切である。なぜなら、「悪い虫」と例えることで手術の必要性を理解できるが、「悪い虫」という表現は例えでも嘘になるため。
3.× 「のどにお熱があるからだよ」と伝えるのは、説明としては不適切である。なぜなら、急性肩桃炎のときには「のどに熱がある」というような感覚があったかもしれないが、治癒後の現在は、熱感がないのになぜ手術をするのかという疑問が生じうるため。
4.× 「いびきが大きいからだよ」と伝えるのは、説明としては不適切である。なぜなら、「いびきが大きい」からといって、必ずしも手術が必要ではないため。今回のAちゃんのケースでも実際に経過観察期間があり、睡眠時無呼吸がみられ、手術適応となった。

 

 

 

 

 

次の文を読み103〜105の問いに答えよ。
 Aちゃん(7歳、女児、小学1年生)は、3歳ころから夜間就寝中や保育所の昼寝の時に時々いびきがあり、保育所の友達に「Aちゃんがうるさくて眠れない」と言われた。母親が心配してAちゃんを小児科外来に連れて行った。その後、Aちゃんは外来で経過観察されてきたが、今年の4月から7月までの間に、急性扁桃炎を3回起こしていることや、睡眠時無呼吸がみられるようになったことから、8月中に扁桃腺摘出術を受けることになった。

104 手術後1日。Aちゃんはベッド上で、静かにぬり絵をして遊んでいたが、昼食時には黙って涙ぐみ、食事や水分も摂ろうとしない。付き添っている母親は「痛くて食べられないようです」と看護師に言った。Aちゃんのバイタルサインは、体温37.6℃、血圧100/60mmHg。
 看護師がAちゃんの痛みを把握するのに最も適切な方法はどれか。

1.Aちゃんの表情を観察する。
2.母親にAちゃんの痛みの様子を聞く。
3.Aちゃんに痛みの程度を話してもらう。
4.Aちゃんに痛みスケールを使って示してもらう。

解答4

解説

1.× Aちゃんの表情を観察するだけでは不十分である。もちろん表情も痛みを把握する指標のひとつであるが、表情だけでは痛みの把握に不十分である。多角面的な情報収集が必要である。
2.× 母親にAちゃんの痛みの様子を聞くだけでは不十分である。なぜなら、痛みは主観的なものであり、Aちゃんの痛みを母親が正確に伝えることが難しいため。しかし、母親が見たAちゃんの表情や行動などの情報も、痛みを把握する指標のひとつであるため大切にする。
3.× Aちゃんに痛みの程度を話してもらうだけでは不十分である。なぜなら、7歳のAちゃんは痛みの程度、性質を表す語葉が増えてくるが、痛みを正確に把握し、伝えるのは難しいため。また、Aちゃんの黙っている様子から、話すことに痛みや恐怖があると推測される。
4.〇 正しい。Aちゃんに痛みスケールを使って示してもらう。特にフェイススケールは、3歳以上の子どもに使用可能であり、0~5までの顔の表情を指さしてもらうため、話すことで痛みが生じる可能性のあるAちゃんには適している。

 

 

 

 

 

次の文を読み103〜105の問いに答えよ。
 Aちゃん(7歳、女児、小学1年生)は、3歳ころから夜間就寝中や保育所の昼寝の時に時々いびきがあり、保育所の友達に「Aちゃんがうるさくて眠れない」と言われた。母親が心配してAちゃんを小児科外来に連れて行った。その後、Aちゃんは外来で経過観察されてきたが、今年の4月から7月までの間に、急性扁桃炎を3回起こしていることや、睡眠時無呼吸がみられるようになったことから、8月中に扁桃腺摘出術を受けることになった。

105 手術後1日。
 看護師が行うAちゃんの術後出血の観察方法で適切なのはどれか。

1.口を開けて手術創を観察する。
2.唾液の色を観察する。
3.便の色を観察する。
4.脈拍数を測定する。

解答2

解説

扁桃体摘出術とは?

学童期の子どもに多い手術である。扁桃体は、咽頭に位置するリンパ組織であり、外界からの病原体などの異物の侵入に対して、活発な防御行動を行っている。成長とともに肥大するが、6~7歳をピークに退縮する。そのようななかで、急性炎症が高度な場合や慢性炎症が持続する場合、肥大により上気道を閉塞し睡眠時無呼吸が生じる場合には、全身麻酔下で摘出術を行う。手術創が開放創であることから、術後1週間は出血に注意が必要である。また、嚥下時、開口時、会話時や啼泣時に疼痛が生じる。

1.× 口を開けて手術創を観察することは、慎重に行うべきか行わない方が良い。なぜなら、現在手術後1日で、Aちゃんに痛みが生じると予測されるため。
2.〇 正しい。唾液の色を観察する。現在手術後1日は、唾液を飲み込むことでも痛みが生じるため、口から垂れてきた唾液や吐き出している。そのため、唾液に血液が混ざっていないか確認できる。
3.× 便の色を観察しても、意味がない可能性が高い。なぜなら、便の色でわかる出血は、消化管の出血であるため。
4.× 脈拍数だけを測定しても、出血の判断は難しい。なぜなら、脈拍数に変化を生じさせる要因には出血以外も考えられるため。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。