第109回(R2) 看護師国家試験 解説【午後11~15】

 

11 大腸で吸収されるのはどれか。

1.脂質
2.水分
3.糖質
4.蛋白質

解答2

解説

1.× 脂質は、小腸で吸収される。脂質は、胆汁(肝臓から分泌される)に含まれる胆汁酸塩とレシチンによって乳化され、膵リパーゼにより分解される。
2.〇 正しい。水分は、小腸で80~90%が吸収され、残りの10~20%が大腸で吸収される。
3.× 糖質は、小腸で吸収される。糖質は唾液、膵液、腸液に含まれる酵素によって分解される。
4.× 蛋白質は、小腸で吸収される。蛋白質は胃液、膵液、腸液に含まれる酵素によって分解される。

 

 

 

 

 

12 三叉神経の機能はどれか。

1.視覚
2.眼球の運動
3.顔面の知覚
4.表情筋の運動

解答3

解説

1.× 視覚は、視神経の機能である。
2.× 眼球の運動は、動眼神経滑車神経、および外転神経の機能である。
3.〇 正しい。顔面の知覚は、三叉神経の機能である。
4.× 表情筋の運動は、顔面神経の機能である。ちなみに、咀嚼筋は三叉神経の機能である。

 

 

 

 

 

13 脂肪分解酵素はどれか。

1.ペプシン
2.リパーゼ
3.マルターゼ
4.ラクターゼ

解答2

解説

1.× ペプシンは、蛋白質を基質として分解する酵素である。胃液に含まれる。
2.〇 正しい。リパーゼは、脂肪を分解する酵素である。唾液、胃液、膵液、腸液に含まれる。
3.× マルターゼは、マルトースをグルコースに分解する酵素である。腸液に含まれる。
4.× ラクターゼは、ラクトースをグルコースとガラクトースに分解する酵素である。腸液に含まれる。

 

 

 

 

 

14 尿ケトン体が陽性になる疾患はどれか。

1.肝硬変
2.糖尿病
3.尿路感染症
4.ネフローゼ症候群

解答2

解説

1.× 肝硬変は、尿ケトン体は陽性とならない。なぜなら、肝硬変は、肝機能の低下によりアンモニア代謝能力が低下し、血中のアンモニアが高値となる疾患であるため。肝硬変とは、B型・C型肝炎ウイルス感染、多量・長期の飲酒、過栄養、自己免疫などにより起こる慢性肝炎や肝障害が徐々に進行して肝臓が硬くなった状態である。
2.〇 正しい。糖尿病は、尿ケトン体が陽性になる。なぜなら、糖尿病は、インスリン作用不足によりグルコースが利用できなくなる疾患であるため。エネルギーを産生するために脂肪の代謝が亢進し、これにより尿ケトン体が陽性となる。ケトン体が著しく増加するとケトアシドーシスという。
3.× 尿路感染症は、尿ケトン体は陽性とならない。なぜなら、尿路感染症とは、尿路に細菌が住み着き、増殖して炎症をおこしたものであるため。尿路感染症では、尿白血球は陽性となる。
4.× ネフローゼ症候群は、尿ケトン体は陽性とならない。なぜなら、ネフローゼ症候群とは、尿にタンパクがたくさん出てしまうために、血液中のタンパクが減り(低たんぱく血症)、その結果、むくみ(浮腫)が起こる疾患であるため。ネフローゼ症候群では、尿蛋白は陽性となる。

 

 

 

 

 

15 下痢によって生じやすい電解質異常はどれか。

1.低カリウム血症
2.高カルシウム血症
3.高ナトリウム血症
4.低マグネシウム血症

解答1

解説

1.〇 正しい。低カリウム血症は、下痢によって生じやすい電解質異常である。カリウムは、消化管液に含まれており、下痢によりカリウムが喪失するため。嘔吐下痢副腎の病気利尿薬の使用が原因で起こる。
2.× 高カルシウム血症とは、血清総カルシウム濃度が10.4mg/dL(2.60mmol/L)を上回るか,または血清イオン化カルシウム濃度が5.2mg/dL(1.30mmol/L)を上回った状態である。症状は多尿、便秘、筋力低下、錯乱、昏睡がある。副甲状腺機能亢進症やがんの骨転移、ビタミンDの過剰投与などでみられる。
3.× 高ナトリウム血症とは、血清ナトリウム濃度が145mEq/Lを上回る状態である。体内の総ナトリウム量に対して体内総水分量が不足していることを意味し、水分摂取量が水分喪失量よりも少ないことにより引き起こされる。主な症状は口渇である。下痢による水分喪失で高ナトリウム血症になることもあるが、低カリウム血症のほうがよくみられる。
4.× 低マグネシウム血症とは、血清マグネシウム濃度が1.8mg/dL(0.70mmol/L)未満となった状態である。 原因には、マグネシウムの摂取不足および吸収不足や、高カルシウム血症またはフロセミドなどの薬物による排泄増加がある。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。