第109回(R1) 看護師国家試験 解説【午前111~115】

 

次の文を読み109〜111の問いに答えよ。
 在胎39週4日で、正常分娩で出生した児。出生体重3,000g、身長48.0cm。出生直後、児に付着していた羊水をふき取り、インファントラジアントウォーマーの下で観察を行った。体温37.5℃、呼吸数56/分、心拍数150/分、呼吸音は異常なし。
 看護師は観察を終え、温めておいたベビー服を着衣させ、同様に温めておいた寝具を用いて準備をしたコットに児を寝かせた。コットは壁際や窓辺を避け、空調の排気口からの風が当たらない場所に配置した。

111 生後3日。看護師が朝の観察を行った時の児の状態は、体温37.0℃、呼吸数40/分、心拍数130/分。体重2,680g。顔面と胸部の皮膚に黄染が認められる。その他の部位は淡紅色である。手関節と足関節の皮膚に落屑がある。尿は6回/日、便は2回/日で移行便である。
 児の状態で生理的特徴から逸脱しているのはどれか。

1.体温
2.呼吸数
3.皮膚色
4.体重減少率
5.皮膚の落屑

解答4

解説

1.× 本症例の体温は、37.0℃(正常範囲:37℃前後)であり正常範囲内である。
2.× 本症例の呼吸数は、40/分(正常範囲:30~60/分)であり正常範囲である。
3.× 本症例の皮膚色は、生後3日目で頭部と胸部に黄染、それ以外の皮膚色が淡紅色であることは正常所見である。生理的黄疸は、生後2~3日より肉眼的に認められ、頭部から足に向かって広がっていく。また、新生児は生理的に多血であるため、出生直後の皮膚は淡紅色である。
4.〇 正しい。体重減少率は、正常範囲からの逸脱している。正期産により出生した正常な新生児の生理的体重減少率は,出生体重の3~10%の範囲であり、生後3~5日がそのピークである。減少率とは、出生時体重からの減少の割合で、「(出生時の体重-現在の体重)÷出生時の体重×100」で算出される。この児の場合、2,680gは出生体重から約10.7%の減少であり10%以上であるため、正常範囲からの逸脱と考えられる。
5.× 皮膚の落屑は、正常である。正期産の場合(生後2~3日)の皮膚は、で乾燥気味となり落屑(らくせつ:鱗屑がはがれ落ちることを指す。)がみられるようになる。

 

 

 

 

 

次の文を読み112〜114の問いに答えよ。
 Aさん(男性、26歳、会社員)は、高校時代に自閉症スペクトラム障害の診断を受け、外来通院をしながら仕事を続けていた。これまでの職場ではストレスが少なく、規則正しい生活ができていた。しかし、1か月前に新しい職場に異動になってから生活が不規則となり、数日前より無断欠勤が続いている。同居している家族に対してAさんは「家にいると仕事のことばかり考えてしまい眠れない。食欲もないし、環境を変えてゆっくり休みたい」と話したため、Aさんは家族とともに精神科外来を受診し、休養目的で任意入院することになった。

112 看護師が入院時に聴取する情報で優先度が高いのはどれか。

1.業務量の変化
2.職場での人間関係
3.最近1か月の生活状況
4.無断欠勤に対する親の反応

解答3

解説

1.× 業務量の変化
2.× 職場での人間関係
3.〇 正しい。最近1か月の生活状況
4.× 無断欠勤に対する親の反応

 

 

 

 

 

次の文を読み112〜114の問いに答えよ。
 Aさん(男性、26歳、会社員)は、高校時代に自閉症スペクトラム障害の診断を受け、外来通院をしながら仕事を続けていた。これまでの職場ではストレスが少なく、規則正しい生活ができていた。しかし、1か月前に新しい職場に異動になってから生活が不規則となり、数日前より無断欠勤が続いている。同居している家族に対してAさんは「家にいると仕事のことばかり考えてしまい眠れない。食欲もないし、環境を変えてゆっくり休みたい」と話したため、Aさんは家族とともに精神科外来を受診し、休養目的で任意入院することになった。

113 入院中のAさんは、面会や検査等の予定が急に変更になると混乱し、看護師に対して予定を繰り返し確認することがあった。
 このときのAさんへの看護師の対応で適切なのはどれか。

1.文字や図を用いて説明する。
2.確認を繰り返す理由を尋ねる。
3.複数の情報を同時に提供する。
4.状況を考えて行動するよう説明する。

解答1

解説

1.〇 正しい。文字や図を用いて説明する。
2.× 確認を繰り返す理由を尋ねる。
3.× 複数の情報を同時に提供する。
4.× 状況を考えて行動するよう説明する。

 

 

 

 

 

次の文を読み112〜114の問いに答えよ。
 Aさん(男性、26歳、会社員)は、高校時代に自閉症スペクトラム障害の診断を受け、外来通院をしながら仕事を続けていた。これまでの職場ではストレスが少なく、規則正しい生活ができていた。しかし、1か月前に新しい職場に異動になってから生活が不規則となり、数日前より無断欠勤が続いている。同居している家族に対してAさんは「家にいると仕事のことばかり考えてしまい眠れない。食欲もないし、環境を変えてゆっくり休みたい」と話したため、Aさんは家族とともに精神科外来を受診し、休養目的で任意入院することになった。

114 入院後1か月、Aさんは十分な休養が得られた。退院後の職場復帰にあたり、Aさんから「仕事がうまくいかないと、すごく混乱して落ち着かなくなってしまう。
 そうなった時はどうしたら良いか」と看護師に相談があった。
 Aさんへの助言で適切なのはどれか。

1.「混乱するAさんを職場の人がどう見ているか想像しましょう」
2.「多くの人からアドバイスをもらいましょう」
3.「混乱した原因を周囲の人に説明しましょう」
4.「1人で落ち着ける場所に移動しましょう」

解答4

解説

1.× 「混乱するAさんを職場の人がどう見ているか想像しましょう」
2.× 「多くの人からアドバイスをもらいましょう」
3.× 「混乱した原因を周囲の人に説明しましょう」
4.〇 正しい。「1人で落ち着ける場所に移動しましょう」

 

 

 

 

 

次の文を読み115〜117の問いに答えよ。
 Aさん(57歳、男性)は、妻(55歳)と長女(28歳)の3人暮らし。4年前に直腸癌と診断され、手術を受けてストーマを造設した。その後、Aさんは直腸癌を再発し、治療を行ったが効果がなく、腹部のがん疼痛を訴えたため、 痛をコントロールする目的で入院した。主治医からAさんと家族に余命4か月程度と告知され、Aさんは「痛みは取り除いてほしいが、延命治療は望まない。自宅で好きなことをして過ごしたい」と話している。現在、Aさんはオキシコドン塩酸塩を1日2回内服し、痛みがなければ日常生活動作(ADL)は、ほぼ自立している。

115 Aさんは退院後に訪問診療と訪問看護を利用することになり、今後の支援の方向性を確認するため、退院前にAさんと家族も参加するカンファレンスを開催した。
 カンファレンスで確認する内容で最も優先度が高いのはどれか。

1.看取りの場所
2.ストーマパウチの交換方法
3.訪問リハビリテーションの必要性
4.退院後の生活でAさんが行いたいこと

解答4

解説

1.× 看取りの場所
2.× ストーマパウチの交換方法
3.× 訪問リハビリテーションの必要性
4.〇 正しい。退院後の生活でAさんが行いたいこと

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。