第109回(R2) 看護師国家試験 解説【午後111~115】

 

次の文を読み109〜111の問いに答えよ。
 Aさん(22歳、女性、会社員)は、昼食後、自室に大量のお菓子とお酒を持ち込み、食べて飲んでいたところを母親に注意をされたことに腹を立て、母親の目の前でリストカットを始めた。慌てた母親は、父親とともにAさんを連れて救急外来に来院した。医師が傷の処置をしようとすると「死んでやる。触るな」と大声で騒ぎ暴れ始めたため、精神科病棟に緊急入院となった。

111 入院後3週、Aさんの精神状態は落ち着き、職場に早く戻りたいと意欲があったため、退院に向けての準備をすることになった。自傷行為は、入院前の1回のみだった。Aさんは「また過食をしないか心配だ」と看護師に訴えた。そのため主治医はAさんと話し合い認知行動療法が開始となった。
 Aさんの退院に向けて、医師、看護師のチームと連携するメンバーで最も適切なのはどれか。

1.栄養士
2.薬剤師
3.臨床心理士
4.ゲートキーパー
5.精神保健福祉相談員

解答3

解説

 Aさんは「また過食をしないか心配だ」と看護師に訴えたため、認知行動療法が開始となっている。認知行動療法とは、思考など認知に焦点をあてることで発展してきた心理療法の技法の総称である。

 

1.× 栄養士との連携が最も適切であるとは言い難い。なぜなら、この時点のAさんの課題は食事のバランスや栄養状態などに関することではないため。
2.× 薬剤師との連携が最も適切であるとは言い難い。なぜなら、Aさんの内服などの薬物療法に関する記述がないため。
3.〇 正しい。臨床心理士との連携が最も適切である。なぜなら、この時点でのAさんの課題は、再び過食しないための認知行動療法を順調に進めることであるため。認知行動療法は、医師や臨床心理士、公認心理師と連携し実施することで高い効果が得られる。
4.× ゲートキーパー(自殺の危険を示すサインに気づき、適切な対応を図ることができる人のこと)との連携が最も適切であるとは言い難い。なぜなら、Aさんは現在、希死念慮や自傷行為はみられないため。
5.× 精神保健福祉相談員との連携が最も適切であるとは言い難い。なぜなら、Aさんの現時点の課題は退院後の家庭や職場環境への不安などではないため。精神保健福祉相談員は、主に保健所や精神保健センターに勤務し、精神障害者やその家族が安定した生活を送るために、必要な住居や就職先についての相談業務などに従事する。

 

 

 

 

 

次の文を読み112〜114の問いに答えよ。
 Aさん(43歳、男性、会社員)は、妻(38歳)と2人暮らし。1年前から、仕事上の失敗を上司から叱責されることが続いていた。半年前からAさんの飲酒量は次第に増えていき、最近では酒気を帯びたままの出勤や、飲酒を原因とした遅刻や欠勤をすることが増えていた。ある夜、Aさんは居酒屋で多量に飲酒し、その場で意識が消失したため、救急車で救命救急センターへ搬送され、入院となった。器質的検査および生理的検査では異常が認められなかったが、入院翌日に飲酒の問題について同じ病院内の精神科を受診した結果、Aさんはアルコール依存症と診断された。

112 入院後3日までにAさんに出現する可能性が高い症状はどれか。2つ選べ。

1.観念奔逸
2.緘黙
3.強迫症状
4.幻覚
5.振戦

解答4/5

解説

 最終飲酒後72時間頃までに症状が最も激しくなるのは、アルコール離脱症状である。

 

1.× 観念奔逸(考えが次から次へとほとばしり出ること)は、繰状態の患者によくみられる症状である。
2.× 緘黙(自発的な発語が困難になる状態)は、統合失調症などの患者にみられる。
3.× 強迫症状(自分の意思に反して、不合理な考えやイメージが頭に繰り返し浮かんできて、それを振り払おうと同じ行動を繰り返してしまう病気)は、強迫性障害などの不安障害の患者にみられる症状である。
4.〇 正しい。幻覚は、アルコール離脱症状でみられる。幻覚のなかでも特に虫や小動物などの幻視がよく体験される。
5.〇 正しい。振戦は、アルコール離脱症状でみられる。最終飲酒後7時間程度から出現する。初めは手指の振戦が出現するが、次第に全身性の振戦が出現する。

 

 

 

 

 

次の文を読み112〜114の問いに答えよ。
 Aさん(43歳、男性、会社員)は、妻(38歳)と2人暮らし。1年前から、仕事上の失敗を上司から叱責されることが続いていた。半年前からAさんの飲酒量は次第に増えていき、最近では酒気を帯びたままの出勤や、飲酒を原因とした遅刻や欠勤をすることが増えていた。ある夜、Aさんは居酒屋で多量に飲酒し、その場で意識が消失したため、救急車で救命救急センターへ搬送され、入院となった。器質的検査および生理的検査では異常が認められなかったが、入院翌日に飲酒の問題について同じ病院内の精神科を受診した結果、Aさんはアルコール依存症と診断された。

113 入院後3日。面会に来た妻は、飲酒によって多くのトラブルを抱えているAさんへの対応に困っており、Aさんの飲酒行動に対する関わり方について、今後どのようにすればよいか看護師に相談した。
 Aさんの妻に対する助言で適切なのはどれか。

1.「飲酒による仕事上の失敗についてAさんと議論しましょう」
2.「飲酒したいというAさんの気持ちは聞かないようにしましょう」
3.「Aさんが飲酒したことがわかっても注意はしないようにしましょう」
4.「Aさんの飲酒によるトラブルを代わりに解決しないようにしましょう」

解答4

解説

イネーブリングとは?

薬物やアルコール、ギャンブルなどの嗜癖行動をやめて欲しいと思いながら、その行動を後押ししてしまう態度のことである。依存症患者の家族によくみられ、アルコール依存症を悪化させる。

1.× 「飲酒による仕事上の失敗についてAさんと議論しましょう」と伝えるのは、不適切である。なぜなら、飲酒による仕事上の失敗は患者自身の問題であるため。妻がこれについて議論という形であれ参加すると、患者は飲酒を正当化する機会を得て、飲酒への欲求を高めることになる可能性が高い。また、患者を責めることでさらなる飲酒を招くおそれもある。
2.× 「飲酒したいというAさんの気持ちは聞かないようにしましょう」と伝えるのは、不適切である。なぜなら、飲みたいという気持ちを家族が否定してしまうと、つらい気持ちをわかってもらう場がなくなるため、ストレスから再飲酒につながるおそれがある。
3.× 「Aさんが飲酒したことがわかっても注意はしないようにしましょう」と伝えるのは、不適切である。なぜなら、注意や叱責、脅しでは、依存症者の飲酒は止まらないため。飲酒したことに気づいても家族は毅然(きぜん:自分の信念を貫くしっかりした態度で臨む様子)とした態度で接し、干渉や批判、攻撃などを行わないよう指導する。
4.〇 正しい。「Aさんの飲酒によるトラブルを代わりに解決しないようにしましょう」と伝えるのは、Aさんの妻に対する助言として適切である。なぜなら、患者の飲酒によるトラブルを尻ぬぐいしたり、お酒だけでは体を壊すからという理由でおつまみとなるおかずを用意したりすることで、患者が飲酒を継続できるように意図せず支えること(イネーブリング)になってしまうため。これらの行為はアルコール依存症を悪化させるため、行ってはならないことを説明する必要がある。

 

 

 

 

 

次の文を読み112〜114の問いに答えよ。
 Aさん(43歳、男性、会社員)は、妻(38歳)と2人暮らし。1年前から、仕事上の失敗を上司から叱責されることが続いていた。半年前からAさんの飲酒量は次第に増えていき、最近では酒気を帯びたままの出勤や、飲酒を原因とした遅刻や欠勤をすることが増えていた。ある夜、Aさんは居酒屋で多量に飲酒し、その場で意識が消失したため、救急車で救命救急センターへ搬送され、入院となった。器質的検査および生理的検査では異常が認められなかったが、入院翌日に飲酒の問題について同じ病院内の精神科を受診した結果、Aさんはアルコール依存症と診断された。

114 入院中にAさんは、退院後に再び飲酒してしまうのではないかという不安を看護師に訴えた。
 Aさんの断酒を支援するための看護師の提案で適切なのはどれか。

1.共同生活援助(グループホーム)への入居
2.セルフヘルプグループへの参加
3.行動援護の利用
4.生活訓練の利用

解答2

解説

1.× 共同生活援助(グループホーム)への入居は、必要ない。なぜなら、Aさんは妻と生活しており、日常生活は自立していると考えられるため。共同生活援助(グループホーム)は、『障害者総合支援法』の訓練等給付のひとつであり、ひとりで生活できない障害者が共同生活を行う住居で、相談や日常生活上の援助を受けるものである。
2.〇 正しい。セルフヘルプグループへの参加が、看護師の提案で適切である。セルフヘルプグループとは、同じ悩みや問題をもつ者同士が集まり語り合い、問題解決を目指す団体である。ひとりで我慢するのではなく、仲間とともに不安を分かち合うことでAさんも断酒を継続しやすくなる。
3.× 行動援護の利用は、必要ない。なぜなら、Aさんの判断能力が制限されているとはいえないため。行動援護は『障害者総合支援法』の介護給付のひとつで、自己判断能力が制限されている人が行動するときに、危険を回避するために必要な支援や外出支援を受けるものである。
4.× 生活訓練の利用は、必要ない。なぜなら、Aさんは自立した生活が送れると考えられるため。生活訓練は『障害者総合支援法』の訓練等給付のうち、自立訓練に含まれるものである。自立した日常生活または社会生活ができるよう、一定期間、身体機能または生活能力の向上のために必要な訓練を受けるものである。

 

 

 

 

 

次の文を読み115〜117の問いに答えよ。
 Aさん(75歳、男性)は、妻(70歳)と2人暮らし。2型糖尿病の治療中で、2年前から1日2回朝・夕食前に混合型インスリン注射が開始となった。その後、糖尿病性網膜症による視力障害が進んだため、現在は妻と一緒に単位数や針の確認をし、インスリンの自己注射を実施している。

115 外来受診時にAさんの妻から外来看護師に「2人で協力してインスリン注射することには慣れてきました。たまには夜に夫とゆっくり和食を食べに行きたいのですが、外出時の注射で気を付けることを教えてほしい」と相談があった。
 Aさんと妻への外来看護師の指導内容で適切なのはどれか。

1.「お店に着いたらすぐに注射を打ちましょう」
2.「インスリンを常温で持ち運ぶことはできません」
3.「注射ができる場所をお店の人に確認しましょう」
4.「普段よりもインスリン量を増やす必要があります」

解答3

解説

1.× 「お店に着いたらすぐに注射を打ちましょう」と伝えるのは、不適切である。なぜなら、低血糖を避けるために食事前の適切なタイミングで打つ必要があるため。どんなお店か?待ち時間はあるか?コースメニューなどで予約しているか?などによっても、適切なタイミングで注射を打つ必要がある。また、混合型インスリン注射は、①超速効型インスリン、もしくは②速効型インスリンが含まれている。
2.× インスリンは常温で持ち運ぶことができる。ただし、変性する可能性があるため、30℃以上の高温や凍結は避けるように注意する。
3.〇 正しい。「注射ができる場所をお店の人に確認しましょう」と、Aさんと妻へ指導する。適切なタイミングでインスリン注射が行えるように、なるべく清潔で人目につなるべく清潔で人目につかないところについて確認しておくことが望ましい。
4.× 普段よりもインスリン量を増やす必要はない。なぜなら、基本的に食事療法により決められた食事量をとり、決められたインスリン量を打つことが、血糖値を安定させるためには重要であるため。外食時や体調不良時など、食事量や内容が大きく変化する場合には、前もって主治医や栄養士にインスリン量を相談することも大切である。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。