第109回(R1) 看護師国家試験 解説【午後116~120】

 

次の文を読み115〜117の問いに答えよ。
 Aさん(75歳、男性)は、妻(70歳)と2人暮らし。2型糖尿病の治療中で、2年前から1日2回朝・夕食前に混合型インスリン注射が開始となった。その後、糖尿病性網膜症による視力障害が進んだため、現在は妻と一緒に単位数や針の確認をし、インスリンの自己注射を実施している。

116 インスリン治療開始後3年、Aさんは妻の付き添いで散歩を取り入れ運動療法にも取り組んでいたが、靴ずれが悪化し右第5趾に潰瘍ができた。そこで要介護1の認定を受けて訪問看護が週2回導入され、フットケアの指導が行われることになった。
 訪問看護師が行う妻への指導内容で適切なのはどれか。2つ選べ。

1.絆創膏は足趾全体を覆うように貼る。
2.浸出液の臭いの変化に注意する。
3.泡立てた石けんで足を洗う。
4.足浴には42℃の湯を使う。
5.大きいサイズの靴を履く。

解答2/3

解説

1.× 絆創膏は足趾全体ではなく、部分的に覆うように貼る。なぜなら、足趾の血流不全を起こしさらに細小血管障害を悪化させるため。
2.〇 正しい。浸出液の臭いの変化に注意する。なぜなら、細菌による感染を合併していないかなど確認できるため。
3.〇 正しい。泡立てた石けんで足を洗う。なぜなら、足の皮膚を傷つけないようにするため。
4.× 足浴には、42℃ではなく、37~40℃程度の湯を使う。なぜなら、高温のお湯を用いると熱傷のおそれがあるため。そのうえ、糖尿病神経障害により知覚が鈍麻している場合、熱傷に気づかないまま感染などをきたしてしまう可能性もある。
5.× 大きいサイズではなく、ちょうどよいサイズの靴を履く。なぜなら、大きいサイズの靴では靴ずれが生じる可能性があるため。

 

 

 

 

 

次の文を読み115〜117の問いに答えよ。
 Aさん(75歳、男性)は、妻(70歳)と2人暮らし。2型糖尿病の治療中で、2年前から1日2回朝・夕食前に混合型インスリン注射が開始となった。その後、糖尿病性網膜症による視力障害が進んだため、現在は妻と一緒に単位数や針の確認をし、インスリンの自己注射を実施している。

117 訪問看護が導入されて3か月、Aさんの妻が健康診査後の精査目的で数日間入院することになった。Aさんは妻の入院中もできる限り自宅で過ごしたいと考えている。妻の入院中の対応について、サービス担当者会議が開かれた。
 この時に訪問看護師が行うAさんへの提案で優先度が高いのはどれか。

1.通所介護を利用する。
2.訪問介護を利用する。
3.配食サービスを利用する。
4.訪問看護の回数を増やす。

解答4

解説

 

1.× 通所介護を利用するのは、できる限り自宅で過ごしたいというAさんのニーズを満たすことができない。Aさんは、「妻の入院中もできる限り自宅で過ごしたい」と考えている。このことを大切にする。デイサービス(通所介護)とは、要介護認定を受けた方が、自宅での生活を続けていけるように、身体機能の維持・向上を目指し、機能訓練をしたり、他者との交流を通して社会的孤立感の解消や認知症予防を図るところである。
2.× 訪問介護を利用するのは、間違いではないがそれより選択肢の中に優先度が高いものが他にある。訪問介護でも、インスリン注射を忘れていないかの声かけや見守り、インスリンの目盛りが合っているかの確認など、医療行為にあたらない範囲の手伝いならば可能である。ただ、医療行為となると、訪問看護の方が応用が利く。
3.× 配食サービスを利用する必要はない。なぜなら、本症例の主問題が、妻がいない間のAさんのインスリン注射がひとりで行えないことであるため。
4.〇 正しい。訪問看護の回数を増やす。なぜなら、訪問看護を利用することにより、妻がいない間も自宅でインスリン自己注射の補助や指導を受けることができるため。

 

 

 

 

 

次の文を読み118〜120の問いに答えよ。
 Aさん(20歳、女性、外国籍)は、6月に来日し、9月に大学に入学した。入学して1週後、Aさんは大学でめまいを起こして座り込み、同じ国から昨年留学生として来日した友人に付き添われ病院の内科外来を受診した。外来では多くの患者が受診を待っており、診察までに時間がかかっていた。Aさんは、日常会話程度の日本語が話せ「身体がだるくて立っていられません」と看護師に伝えた。

118 外来の看護師の対応で優先するのはどれか。

1.外国語が話せる医師を呼びに行く。
2.付き添ってきた友人に通訳を依頼する。
3.Aさんに外来の処置室で横になってもらう。
4.Aさんの母国語で書かれた問診表を取りに行く。

解答3

解説

1.× 外国語が話せる医師を呼びに行くのは、不適切である。なぜなら、患者は立っていられないほどのめまいや倦怠感を訴えているため。外国語が話せる医師を呼びに行くことよりも、安楽な体位で安静にできるよう援助することを優先する。
2.× 付き添ってきた友人に通訳を依頼するのは、不適切である。なぜなら、本症例も日本語がある程度できるため。できるだけ本人から情報を聴取する。
3.〇 正しい。Aさんに外来の処置室で横になってもらう。めまいと倦怠感が強く立位の保持が困難なので、まずは臥位になるよう援助する。
4.× Aさんの母国語で書かれた問診表を取りに行くのは、不適切である。なぜなら、患者は立っていられないほどのめまいや倦怠感を訴えているため。母国語で書かれた問診表を取りに行くことよりも、安楽な体位で安静にできるよう援助することを優先する。また、ある程度は日本語が通じるので、患者から直接情報を得る努力をする。

 

 

 

 

 

次の文を読み118〜120の問いに答えよ。
 Aさん(20歳、女性、外国籍)は、6月に来日し、9月に大学に入学した。入学して1週後、Aさんは大学でめまいを起こして座り込み、同じ国から昨年留学生として来日した友人に付き添われ病院の内科外来を受診した。外来では多くの患者が受診を待っており、診察までに時間がかかっていた。Aさんは、日常会話程度の日本語が話せ「身体がだるくて立っていられません」と看護師に伝えた。

119 Aさんは、急性骨髄性白血病と診断され、血液内科病棟の2人部屋に緊急入院になった。病棟看護師が入院オリエンテーションをするため病室を訪れたところ、同室の患者から「Aさんの香水の香りが強いので、つらい」と訴えがあり、看護師もその香りが気になった。
 看護師の対応で適切なのはどれか。

1.同室の患者に別室への移動を勧める。
2.Aさんに香水を洗い流すよう説明する。
3.Aさんに香水の使用は医師の許可が必要と説明する。
4.Aさんに香りが本人および同室の患者の治療に及ぼす影響を説明する。

解答4

解説

1.× 同室の患者に別室への移動を勧める必要はない。なぜなら、訴えのあった同室の患者を一時的に移動するだけでは、次にAさんと同室になった患者も同じ訴えを起こす可能性があるため。したがって、Aさんに状況を説明し、理解を得なければ,根本的な解決には至らない。
2.× Aさんに香水を洗い流すよう説明するのは不適切である。なぜなら、一方的な行動の指示に感じ取れ、患者との信頼関係の破綻につながるため。根拠などを説明する必要がある。
3.× Aさんに香水の使用は、医師の許可が必要と説明するのは不適切である。なぜなら、香水の使用に医師の許可は必要なく、看護師が虚偽を述べていることになるため。
4.〇 正しい。Aさんに香りが本人および同室の患者の治療に及ぼす影響を説明する。情報提供や説明により状況に関する理解を得られるようにし、病室での生活に適した行動を選択するよう援助する。

 

 

 

 

 

次の文を読み118〜120の問いに答えよ。
 Aさん(20歳、女性、外国籍)は、6月に来日し、9月に大学に入学した。入学して1週後、Aさんは大学でめまいを起こして座り込み、同じ国から昨年留学生として来日した友人に付き添われ病院の内科外来を受診した。外来では多くの患者が受診を待っており、診察までに時間がかかっていた。Aさんは、日常会話程度の日本語が話せ「身体がだるくて立っていられません」と看護師に伝えた。

120 Aさんが入院したという知らせを受けて、Aさんの家族が来日し、病棟に見舞いに来た。Aさんの家族は、Aさんの身の回りの世話を泊まり込みで行うために、大量の私物を持ち込んでいる。
 看護師の対応で最も適切なのはどれか。

1.Aさんと家族が納得できる解決策を話し合う。
2.希望通りAさんの病室に泊まることを許可する。
3.日本では家族の泊まり込みはできないと説明する。
4.近隣のホテルに泊まって、日中のみ通うよう勧める。

解答1

解説

 複数の解決策があり得る状況であるが、看護師は病院のシステムやAさんの治療について熟知しているため、まずはそれぞれの選択の利点・欠点を説明するなどして、Aさんと家族が納得できる解決策を得るために話し合うと良い。また、同時に解決策を提案するのもよい。したがって、選択肢1.Aさんと家族が納得できる解決策を話し合うことが正しい。

 

2~4.× 希望通りAさんの病室に泊まることを許可する。日本では家族の泊まり込みはできないと説明する。近隣のホテルに泊まって、日中のみ通うよう勧める。いずれにしても、病院のシステムによって異なる。同室の許可が必要になったり、家族分の泊まり込みの料金を請求するところもある。そのため、不適切といえる。

 

 

※注意:著者は看護師で、解説はすべてオリジナルのものとなっています。私的利用の個人研究・自己研鑽のため作成いたしました。間違いや分からない点があることをご了承ください。またコメントにて解き方等教えてくださると幸いです。

 

問題引用:第106回保健師国家試験、第103回助産師国家試験、第109回看護師国家試験の問題および正答について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。