第109回(R2) 看護師国家試験 解説【午前16~20】

 

16 誤嚥しやすい患者の食事の援助で適切なのはどれか。

1.食材は細かく刻む。
2.水分の摂取を促す。
3.粘りの強い食品を選ぶ。
4.頸部を前屈した体位をとる。

解答4

解説

1.× 食材は細かく刻んだ食材は誤嚥しやすい。なぜなら、口の中で食塊を形成しにくいため。
2.× 水分の摂取を促すと誤嚥しやすい。なぜなら、水分のようにサラサラした液体は咽頭部を急速に流れるため。そのため、増粘剤でとろみをつける必要がある。
3.× 粘りの強い食品は誤嚥しやすい。なぜなら、口の中や咽頭に張り付くため。
4.〇 正しい。頸部を前屈した体位をとる。なぜなら、頚部を前屈すると、喉頭蓋が閉まりやすくなるため。

 

 

 

 

 

17 陰部洗浄に使用する湯の温度で最も適切なのはどれか。

1.30〜31℃
2.34〜35℃
3.38〜39℃
4.42〜43℃

解答3

解説

1~2.× 30〜31℃/34〜35℃(体温より低い温度の湯)は、冷感刺激による不快感を与えるだけでなく、循環動態にも悪影響を及ぽすおそれがあるため不適切である。
3.〇 正しい。38〜39℃(体温よりやや温かい温度)は、刺激が少なく最も快適に感じられる。陰部洗浄では、皮膚に比べて刺激に敏感な粘膜も洗浄するため、体温よりやや温かく、全身清拭に比べて低い温度の湯を用いる。
4.× 42〜43℃は不適切である。なぜなら、40℃を超える温度の湯は、粘膜の熱傷につながるおそれがあるため。

 

 

 

 

 

18 滅菌物の取り扱いで正しいのはどれか。

1.鉗子の先端は水平より高く保つ。
2.鑷子の先端を閉じた状態で取り出す。
3.滅菌パックはハサミを用いて開封する。
4.滅菌包みは布の内側の端を手でつまんで開く。

解答2

解説

1.× 鉗子(かんし)の先端は、水平より高くではなく、低く保つ。なぜなら、薬剤の逆流による汚染を防ぐため。
2.〇 正しい。鑷子(せっし)の先端を閉じた状態で取り出す。鑷子(せっし)とは、ピンセットのことである。先端を清潔に保つために、閉じた状態で取り出す必要がある。
3.× 滅菌パックは、ハサミを用いず開封する。なぜなら、ハサミの切り口が不潔になるため。
4.× 滅菌包みは、布の内側ではなく、外側の端を手でつまんで開く。なぜなら、滅菌パックの内側は清潔であるため。パックの外側のみに触れ、内側には触れないようにする。

 

 

 

 

 

19 直流除細動器の使用目的はどれか。

1.血圧の上昇
2.呼吸の促進
3.洞調律の回復
4.意識レベルの回復

解答3

解説

 直流除細動器は、致死的不整脈である心室細動や無脈性心室頻拍を停止させる装置である。自動体外式除細動器(AED)の使用目的もほぼ同じである。
 直流除細動器は、直流通電によって心室細動や無脈性心室頻拍を停止させ。洞調律へ回復させる。洞調律が回復すると心臓が正常に拍動するようになるため、血圧が上昇し脳への血流も回復し呼吸および意識も回復する(肺停止状態が長時間続いた場合は脳の障害が高度となり回復しない)。したがって、選択肢3.洞調律の回復となる。

 

1~2.4.× 血圧の上昇/呼吸の促進/意識レベルの回復は、いずれも直流除細動器の使用目的に該当しない。

 

 

 

 

 

20 経鼻経管栄養法を受ける成人患者の体位で適切なのはどれか。

1.砕石位
2.半坐位
3.腹臥位
4.Sims(シムス)位

解答2

解説

1.× 砕石位(さいせきい)は、仰臥位で膝を曲げて大腿部を持ち上げ、開脚する体位である。泌尿器科産婦人科の診察などで用いられる体位である。ダグラス窩穿刺の際にも用いられる体位である。
2.〇 正しい。半坐位(半坐位)は、経鼻経管栄養法に適している。なぜなら、比較的安定しており、胃食道からの逆流を防止できるため。半坐位(半坐位)は、上体を45~60度起こし、膝をやや屈曲した体位である。
3.× 腹臥位(うつ伏せ)は、肺痰促進などの目的で用いられる体位である。
4.× Sims(シムス)位は、腹臥位に近い側臥位である。直腸の診察に用いる体位である。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。