第109回(R2) 看護師国家試験 解説【午前21~25】

 

21 胃がんのVirchow(ウィルヒョウ)転移が生じる部位はどれか。

1.腋窩
2.鼠径部
3.右季肋部
4.左鎖骨上窩

解答4

解説

Virchow(ウィルヒョウ)転移とは?

 消化器癌などが、左鎖骨上窩リンパ節に転移することである。胃癌が代表である。左鎖骨上窩リンパ節は、リンパ管が大静脈に合流する静脈角の近くのリンパ節であり、そこに転移があることは、癌がかなり進行した状態である。

したがって、選択肢4.左鎖骨上窩が正しい。ちなみに、リンパ行性転移で卵巣への転移は、グルーケンベルグ腫瘍という。

 

 

 

 

 

22 包帯の巻き方を下図に示す。
 環行帯の巻き方で正しいのはどれか。

1.A
2.B
3.C
4.D

解答1

解説

1.〇 正しい。Aは、環行帯の巻き方である。同じ位置に重ねて巻く方法である。
2.× Bは、亀甲帯(きっこうたい)の巻き方である。関節部位を屈側で交差させながら交互に巻く方法である。
3.× Cは、麦穂帯(ばくすいたい)の巻き方である。8の字を描くように交差させながら巻く方法である。
4.× Dは、螺旋帯(らせんたい)の巻き方である。先に巻いた包帯に1/3から1/2が重なるように螺旋状に巻く方法である。

 

 

 

 

 

23 皮下注射で適切なのはどれか。

1.注射部位を伸展する。
2.注射針は18〜20Gを使用する。
3.針の刺入角度は45〜90度にする。
4.皮下脂肪が5mm以上の部位を選択する。

解答4

解説

1.× 注射部位を伸展するのは、静脈内注射である。血管を固定するために行う。皮下注射では、皮下組織と筋肉組織の区別をつけやすくするために、注射部位の皮膚をつまむ方法をとる。
2.× 18〜20Gの注射針を使用するのは、輸血投与時である。皮下注射では、23~25Gの細い針を使用する。
3.× 針の刺入角度が、45〜90度にするのは、筋肉内注射である。皮下注射の針の刺入角度は、10~30度である。
4.〇 正しい。皮下脂肪が、5mm以上の部位を選択する。なぜなら、神経や血管の分布が少ないため。したがって、上腕伸側がよく用いられる。

 

 

 

 

 

24 細菌感染による急性炎症で最初に反応する白血球はどれか。

1.単球
2.好酸球
3.好中球
4.好塩基球
5.リンパ球

解答3

解説

1.× 単球は、マクロファージなどへ分化し、貧食・消化・殺菌などの機能を発揮する。単球は、末梢血白血球の2~9%を占める。
2.× 好酸球は、細胞内に炎症に関与する顆粒を含んでおり、寄生虫に対する免疫反応が主な役割である。末梢血白血球の1~6%を占める。ほかにも、薬剤アレルギーや気管支瑞息などでも増加する。
3.〇 正しい。好中球は、細菌感染による急性炎症で最初に反応する。末梢血白血球の40~70%を占める。生体内に細菌・真菌が侵入すると、まず好中球が感染部位に遊走し、菌を貧食する。貧食された病原体は、好中球の細胞内顆粒中の消化酵素で消化され排除される。
4.× 好塩基球は、抗原の侵入に反応しヒスタミンを放出することで、Ⅰ型アレルギーを引き起こす。末梢血白血球の0~2%を占める。
5.× リンパ球は、主に獲得免疫を担う細胞集団である。ウイルスに対する免疫反応に関与する。

 

 

 

 

 

25 平成28年(2016年)の国民生活基礎調査で、男性の有訴者の症状が最も多いのはどれか。

1.腰痛
2.もの忘れ
3.体がだるい
4.目のかすみ
5.手足の関節が痛む

解答1

解説

※平成28年(2016年)の国民生活基礎調査

1.〇 正しい。腰痛は、91.8で最も高い。
2.× もの忘れは、27.6である。
3.× 体がだるいは、38.0である。
4.× 目のかすみは、35.3である。
5.× 手足の関節が痛むは、40.7である。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。