第109回(R1) 看護師国家試験 解説【午前26~30】

 

26 固有心筋の特徴はどれか。

1.平滑筋である。
2.骨格筋よりも不応期が短い。
3.活動電位にプラトー相がみられる。
4.筋層は右心室の方が左心室より厚い。

解答3

解説

1.× 固有心筋は平滑筋ではなく、横紋筋からなる不随意筋である.平滑筋は、内臓や血管・皮膚(立毛筋)などに分布している。
2.× 固有心筋は、骨格筋よりも不応期が短いのではなく長い。なぜなら、不応期が長いことで、洞結節による正規の刺激以外からの興奮を受け付けないようにし、心筋の異常興奮を防いでいるため。
3.〇 正しい。固有心筋は、活動電位にプラトー相がみられる。固有心筋の心筋活動電位は、プラトー相と呼ばれる0電位付近での持続的な脱分極状態をもつことが特徴である。心室筋のプラトー相は、心電図上ではST間にあたり、正電位も負電位も生じておらず、これにより長い不応期をもつことができる。
4.× 固有心筋の筋層は、右心室の方が左心室より厚いのはなく薄い。なぜなら、左心室は全身へ血液を送り出すポンプとして機能するため。

 

 

 

 

 

27 小細胞癌で正しいのはどれか。

1.患者数は非小細胞癌より多い。
2.肺末梢側に発生しやすい。
3.悪性度の低い癌である。
4.治療は化学療法を行う。

解答4

解説

小細胞癌とは?

肺癌の分類の一種である。
肺癌は、がんの組織の状態(組織型)によって、小細胞癌と非小細胞癌に分けられる。
進行が速いため、早期発見が難しく、発見した時には腫瘍やリンパ節転移が大きくなっていることが多く、根治することが難しいのが特徴である。
小細胞肺がんは、気管支が分かれて肺に入っていく肺門(肺の中心部)、細い気管支が広がっている肺野どちらにも発生する。

1.× 患者数は、非小細胞癌より多いのではなく少ない。小細胞癌の患者数は、肺癌患者のうち約15%である。肺癌のうち患者数が最多なのは、非小細胞癌の一種である腺癌である。
2.× 肺末梢側ではなく、中枢気管支に、発生しやすい。なぜなら、喫煙と関係があり、たばこに含まれるタールが中枢気管支に沈着しやすいため。
3.× 悪性度の高い癌である。そのため、予後不良である。
4.〇 正しい。治療は化学療法を行う。なぜなら、小細胞癌は、進行が早く転移しやすいため。手術適応になることはほとんどなく、化学療法への反応性は高いため、治療は化学療法が基本となる。

 

 

 

 

 

28 脳梗塞を最も早期に検出できる画像検査はどれか。

1.シンチグラフィ
2.磁気共鳴画像(MRI)
3.磁気共鳴血管画像(MRA)
4.コンピュータ断層撮影(CT)

解答2

解説

1.× シンチグラフィは、 腫瘍各種臓器の機能の診断に使われる。シンチグラフィとは、体内に投与した放射性同位体から放出される放射線を検出し、その分布を画像化したものである。
2.〇 正しい。磁気共鳴画像(MRI)は、脳梗塞を最も早期に検出できる画像検査である。正確には、MRIの拡散強調画像により早期に検出可能である。
3.× 磁気共鳴血管画像(MRA)は、頭蓋内の主要脳動脈を描出する撮影法である。脳動脈の狭窄や閉塞の有無は検出できるが、実際に脳梗塞を起こしているか否かはMRAのみからは判断できない。
4.× コンピュータ断層撮影(CT)も脳卒中を疑うときに撮影することが多いが、MRIの拡散強調画像のほうがより鋭敏で超急性期の脳梗塞を診断できる。

 

 

 

 

 

29 公費医療と法の組合せで正しいのはどれか。

1.未熟児の養育医療:医療法
2.結核児童の療養給付:児童福祉法
3.麻薬中毒者の措置入院;精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(精神保健福祉法)
4.定期予防接種による健康被害の救済措置:感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(感染症法)

解答2

解説

1.× 未熟児の養育医療は、医療法ではなく、『母子保健法』で定められている。医療法は、病院、診療所、助産所の開設、管理、整備の方法などを定める日本の法律である。
2.〇 正しい。結核児童の療養給付は、児童福祉法で定められている。
3.× 麻薬中毒者の措置入院は、「精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(精神保健福祉法)」ではなく、『麻薬及び向精神薬取締法』で定められている。精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(精神保健福祉法)は、精神保健と精神障害者福祉について規定した日本の法律である。
4.× 定期予防接種による健康被害の救済措置は、「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(感染症法)」ではなく、『予防接種法』で定められている。感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(感染症法)は、感染症の予防及び感染症患者に対する医療に関する措置について定めた日本の法律である。

 

 

 

 

 

 

30 廃棄する物とその区分との組合せで正しいのはどれか。

1.滅菌パックの袋:産業廃棄物
2.エックス線フィルム:一般廃棄物
3.血液の付着したメスの刃:感染性産業廃棄物
4.pH 12.5以上のアルカリ性の廃液:感染性一般廃棄物

解答3

解説

1.× 滅菌パックの袋は、産業廃棄物ではなく、一般廃棄物である。
2.× エックス線フィルムは、一般廃棄物ではなく、産業廃棄物である。産業廃棄物とは、事業活動によって生じた廃棄物のことである。
3.〇 正しい。血液の付着したメスの刃は、感染性産業廃棄物である。ほかの感染性産業廃棄物には、注射針血液などがある。
4.× pH 12.5以上のアルカリ性の廃液は、感染性一般廃棄物ではなく、特別管理産業廃棄物である。廃棄物処理法では、「爆発性、毒性、感染性その他の人の健康又は生活環境に係る被害を生ずるおそれがある性状を有する廃棄物」を特別管理廃棄物として規定している。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。