第109回(R2) 看護師国家試験 解説【午後26~30】

 

26 成人の骨格で線維軟骨結合があるのはどれか。

1.頭蓋冠
2.脊柱
3.寛骨
4.仙骨

解答2

解説

 線維軟骨結合とは、骨と骨の間に線維軟骨が存在し、可動性がまったくないかごくわずかである不動関節のことである。

 

1.× 頭蓋冠は、骨結合および靭帯結合による縫合である。軟骨結合は存在しない。
2.〇 正しい。脊柱を構成する椎体間には、線維軟骨結合である。椎間板が存在する。
3.△ 寛骨(腸骨・恥骨・坐骨)とは、骨結合である。ただ、そのうち恥骨は、左右の連結部分(恥骨結合)に線維軟骨結合である。
4.× 仙骨(仙腸関節:仙骨と寛骨の関節部分)は、靭帯結合である。軟骨結合は存在しない。

 

 

 

 

 

27 咀嚼筋はどれか。

1.頰筋
2.咬筋
3.口輪筋
4.胸鎖乳突筋

解答2

解説

 咀嚼とは、摂取した食物を歯で咳み(噛み)砕くことである。咀嚼筋とは、下顎骨に付着しており、咀嚼運動にかかわる4つの筋(咬筋、側頭筋、外側翼突筋、内側翼突筋)からなる。三叉神経の第3枝である下顎神経に支配される。

 

1.× 頰筋は、表情筋の1つである。口唇周囲の口筋のなかで口角を外側に引き、頬を歯列に押し付ける筋肉である。
2.〇 正しい。咬筋は、咀嚼筋の1つである。咳筋は、口を閉じる働きをする。ちなみに、他の咀嚼筋の側頭筋は、口を閉じると同時に下顎骨を後ろに引く筋肉である。外側翼突筋は、下顎骨を前方に押し、左右に動かすことができる筋肉である。内側翼突筋は、咳筋と同じで、口を閉じる働きをする。
3.× 口輪筋は、表情筋の1つである。口唇周囲の口筋のなかで、口を閉じ、口の周囲を前方に尖らせる筋肉である。
4.× 胸鎖乳突筋は、頚部の筋肉のひとつである。首を曲げたり、回転させる働きをもつ。

 

 

 

 

 

28 体温のセットポイントが突然高く設定されたときに起こるのはどれか。

1.立毛
2.発汗
3.代謝抑制
4.皮膚血管拡張

解答1

解説

セットポイントとは?

 セットポイントとは、設定値という意味である。体温のセットポイント(設定値)が突然高くなると、通常の体温(平熱)を体温が低すぎる(寒い)と認識し、寒冷にさらされた場合と同様に体温を上昇させる反応が起こる。主に、細菌やウイルスなどの感染により白血球から放出される発熱物質により生じる。

1.〇 正しい。立毛が起こる。なぜなら、体温のセットポイントが突然高くなると、体は寒いと感じ(悪寒)、皮膚の立毛(鳥肌)、皮膚血管の収縮、熱産生量を増すために筋肉のふるえが生じる。
2.× 発汗は、体温のセットポイントが突然低く設定されたときに起こる。つまり、体温がセットポイントより高い場合に、発汗は熱を放散させるために起こる。
3.× 代謝抑制は、体温のセットポイントが突然低く設定されたときに起こる。体温のセットポイントが突然高くなると、熱産生量を増すために筋肉のふるえ(代謝の亢進)が生じる。
4.× 皮膚血管拡張は、体温のセットポイントが突然低く設定されたときに起こる。なぜなら、暑いと感じ皮膚血管が拡張して、熱の放出量は増加するため。

 

 

 

 

 

29 二次性高血圧症の原因となるホルモンはどれか。

1.アルドステロン
2.ソマトスタチン
3.グルカゴン
4.メラトニン

解答1

解説

 高血圧症は、①本態性高血圧(生活習慣や環境、遺伝などによって生じるため原因がはっきり特定できない)と、②二次性高血圧(ホルモン分泌異常や臓器の奇形などで生じ原因が特定できる)に分けられる。

 

1.〇 正しい。アルドステロンは、二次性高血圧症の原因となるホルモンである。アルドステロン(鉱質コルチコイド)は、副腎皮質や副腎腺腫から分泌される。腎臓に作用してナトリウムの再吸収、水の再吸収を促進する。したがって、循環血漿量を増加させ血圧を上昇させる。
2.× ソマトスタチンとは、膵臓のα細胞から分泌され、インスリン・グルカゴン・胃液などの分泌を抑制する作用がある。
3.× グルカゴンは、主に膵臓α細胞から分泌され、血糖値を上昇させる作用がある。
4.× メラトニンは、脳の松果体で合成され、催眠作用がある。

 

 

 

 

 

30 成人の急性扁桃炎の原因となる菌はどれか。

1.百日咳菌(Bordetella pertussis)
2.黄色ブドウ球菌(Staphylococcus aureus)
3.インフルエンザ菌(Haemophilus influenzae)
4.ヘリコバクター・ピロリ(Helicobacter pylori)

解答2

解説

急性扁桃炎とは?

急性扁桃炎とは、ウイルス感染や細菌感染によって発症する上気道感染症である。ウイルス感染に続発して細菌感染が起こることも多いため、治療には抗菌薬を用いることが多い。

1.× 百日咳菌(Bordetella pertussis)は、百日咳の原因菌である。百日咳とは、特有のけいれん性の咳発作(痙咳発作)を特徴とする急性気道感染症である。
2.〇 正しい。黄色ブドウ球菌(Staphylococcus aureus)は、成人の急性扁桃炎の原因となる菌である。急性扁桃炎は、ブドウ球菌肺炎球菌溶血性レンサ球菌(溶連菌)による感染が多く、溶血性レンサ球菌の感染によるものは重症化しやすい。
3.× インフルエンザ菌(Haemophilus influenzae)もも起炎菌として検出されることがある。しかし、その頻度は稀で、選択肢2の方が多い。
4.× ヘリコバクター・ピロリ(Helicobacter pylori)は、慢性胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍・胃癌などに関与している菌である。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。