第109回(R2) 看護師国家試験 解説【午前36~40】

 

36 片麻痺のある成人の臥床患者の患側の良肢位で適切なのはどれか。

1.肩関節は内転10度
2.肘関節は屈曲10度
3.股関節は外転10度
4.足関節は背屈10度

解答3

解説

良肢位とは?

 関節の拘縮や変形が起こる可能性や麻痺がある場合に、その位置に固定することで、日常生活への支障を最小限にとどめられる体位である。

1.× 肩関節は、内転10度ではなく、外転10~30度である。
2.× 肘関節は、屈曲10度ではなく、屈曲90度である。
3.〇 正しい。股関節は、外転10度(外転0~10度)である。
4.× 足関節は、背屈10度ではなく、底屈・背屈0度の中間位である。

 

 

 

 

 

37 クリップ式のプローブを用いて手指で経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)を測定する方法で適切なのはどれか。

1.同じ指で24時間連続で測定する。
2.マニキュアをしたままで測定する。
3.装着部位に冷感がある場合は温める。
4.指を挟んだプローブはテープで固定する。

解答3

解説

1.× 同じ指で24時間連続で測定することができない。なぜなら、センサーの光によって皮膚障害を起こす可能性があるため。また、組織の圧迫により、低温熱傷や圧迫壊死などの皮膚障害が起きやすくなる。8時間以内を目安に測定部位を変える。
2.× マニキュアをしたままで測定することはできない。なぜなら、マニキュアは、光の透過を妨げ正確に測定することができないため。マニキュアを落とす必要がある。
3.〇 正しい。装着部位に冷感がある場合は温める。なぜなら、指先の冷えなどによる末梢血管収縮時は、正確に測定できないことがあるため。
4.× 指を挟んだプローブは、テープで固定する必要はない。むしろ、テープなどによる過度な圧迫は、血管を圧迫し安定した測定を阻害する。クリップ式の場合mクリップを広げ手指に差し込むだけで測定可能である。

 

 

 

 

 

38 熱型を図に示す。
 熱型の種類と図の組合せで正しいのはどれか。

1.間欠熱:A
2.稽留熱:B
3.弛張熱:C
4.波状熱:D

解答2

解説

1.× Aは、間欠熱ではなく、弛張熱である。弛張熱は、日内変動が1℃以上あるが、37℃以下にまでは下がらないのが特徴である。主な疾患は、敗血症、ウイルス感染症などのさまざまな感染症、悪性腫瘍などでみられる。
2.〇 正しい。Bは、稽留熱(けいりゅうねつ)である。稽留熱は、日内変動が1℃以内で、38℃以上の高熱が持続するのが特徴である。主な疾患は、重症肺炎や腸チフス極期、粟粒結核などでみられる。
3.× Cは、弛張熱ではなく、波状熱(再発熱)である。波状熱(再発熱)は、発熱する時期と発熱しない時期とが区別されており、不規則に繰り返し出現するのが特徴である。主な疾患は、ブルセラ症、マラリア、ホジキン病、胆道閉鎖症などでみられる。
4.× Dは、波状熱ではなく、間欠熱である。間欠熱は、1日の体温差が1℃以上あり、37℃以下にまで下がるのが特徴である。主な疾患は、マラリアの発熱期やスティル病、フィラリア症などでみられる。

 

 

 

 

 

39 薬の内服方法における頓用で正しいのはどれか。

1.週に1回服用する。
2.食事の前に服用する。
3.指定された時間に服用する。
4.症状が現れたときに服用する。

解答4

解説

頓用とは?

患者の主訴を軽減・消失させる目的で、症状が出たときや激しいときなどに必要に応じて薬を服用する用法である。

1~3.× 週に1回服用する/食事の前に服用する/指定された時間に服用するのではなく、症状が出たときや激しいときなどに必要に応じて薬を服用する。
4.〇 正しい。症状が現れたときに服用する方法が頓服である。

 

 

 

 

 

40 壮年期の身体的特徴で正しいのはどれか。

1.運動耐久力の向上
2.明暗順応の低下
3.持久力の向上
4.臓器の萎縮

解答2

解説

壮年期とは、31~44歳のことをさす。

 

1.× 壮年期では、運動耐久力の向上ではなく、低下する。なぜなら、運動量・基礎代謝量が低下するため。
2.〇 正しい。明暗順応の低下が起こる。なぜなら、40歳頃から水晶体の弾力性低下による調節力の低下が生じるため。明暗順応とは、視感度が光環境に順応する視覚機能である。視感度は、明るいところでは低くなり(明順応)、暗いところでは高くなる(暗順応)こと。
3.× 壮年期では、持久力の向上ではなく、低下する。なぜなら、運動量・筋力・肺活量が低下するため。
4.× 壮年期では、臓器の萎縮は起こらない。細胞・器官・結合組織などの細胞レベルの変質(臓器の萎縮、皮膚のしわ、動脈硬化)は、向老期(概ね 60 歳前後から 65 歳前後)において顕著に現れるようになる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。