第109回(R1) 看護師国家試験 解説【午後36~40】

 

36 母子保健統計の算出方法で出生数を分母としているのはどれか。

1.妊娠満22週以後の死産率
2.周産期死亡率
3.乳児死亡率
4.死産率

解答3

解説

統計率の分子は、分母の一部である(分母に含まれる)。

 

1.× 妊娠満22週以後の死産率の分母は、「出生数+妊娠満22週以後の死産数」である。
2.× 周産期死亡率の分母は、「出生数+妊娠満22週以後の死産数」である。
3.〇 正しい。乳児死亡率は、母子保健統計の算出方法で出生数を分母としている。
4.× 死産率の分母は、「出生数+死産数(=出産数)」である。
※細かい計算方法を知りたい方はこちらを参照してください↓
参考元:厚生労働省HP「厚生労働統計に用いる主な比率及び用語の解説

 

 

 

 

 

37 健康増進法に基づき実施されるのはどれか。

1.受療行動調査
2.特定保健指導
3.アレルギー疾患対策
4.受動喫煙の防止対策

解答4

解説

健康増進法とは?

平成14(2002)年に制定された。
目的は、健康日本21を推進し、国民の健康増進・国民保健の向上を図ることである。

1.× 受療行動調査は、『統計法』に基づく調査である。
2.× 特定保健指導は、『高齢者医療確保法』に基づき実施される。糖尿病などの生活習慣病の予防のために行われる。特に、メタボリックシンドロームに着目した保健指導である。
3.× アレルギー疾患対策は、『アレルギー疾患対策基本法』に基づいて実施される。
4.〇 正しい。受動喫煙の防止対策は、『健康増進法』に基づいて実施される。学校・病院・駅など、多数の者が利用する施設を管理する者に対し、受動喫煙防止措置(分煙の徹底など)をとる努力義務を規定している。

 

 

 

 

 

38 判断能力のある成人患者へのインフォームド・コンセントにおける看護師の対応で適切なのはどれか。

1.患者の疑問には専門用語を用いて回答する。
2.今後の治療に関しては医療者に任せるように話す。
3.治療方針への同意は撤回できないことを説明する。
4.納得ができるまで医師からの説明が受けられることを伝える。

解答4

解説

インフォームド・コンセントとは、「医師と患者との十分な情報を得た上での合意」を意味する概念。 医師が説明をし、同意を得ること。 特に、医療行為や治験などの対象者が、治療や臨床試験・治験の内容についてよく説明を受け十分理解した上で、対象者が自らの自由意志に基づいて医療従事者と方針において合意することである。

 

1.× 患者の疑問には、専門用語を用いず、わかりやすい言葉で回答する。なぜなら、判断能力のある成人患者といっても専門用語まで正しく理解できないため。
2.× 今後の治療に関しては医療者に任せるように話すのは不適切である。なぜなら、インフォームド・コンセントとは、医療従事者から十分な情報提供と選択肢についての適切な説明を受けたうえで、示された選択肢のなかから患者自身が医療行為を自発的・非強制的に選択し決定できるよう支援することであるため。
3.× 治療方針への同意は、撤回できないのではなく、いつでも撤回できることを説明する。これは、『医療法』1条の規定どおり、患者には医療や医療サービスを自由に選択する権利があり、自由にセカンドオピニオンを受けることができる。
4.〇 正しい。納得ができるまで医師からの説明が受けられることを伝える。患者の知る権利と自己決定権を尊重するため、医療従事者はあらゆる医療場面でインフォームド・コンセントを実施し、患者が質問する機会をつくるべきである。

 

 

 

 

 

39 看護過程における情報の分析はどれか。

1.脱水状態である。
2.尿比重は1.030である。
3.痛みは1〜10の尺度で8である。
4.左腓骨骨折によるシーネ固定をしている。

解答1

解説

 看護過程は、根拠を持った看護を実践するための思考過程である。根拠を持つためには、科学的根拠に基づいて情報の分析を行う必要がある。

 

1.〇 正しい。脱水状態であることは、看護過程における情報の分析である。なぜなら、情報を分析した結果として判断された状態を示しているため。
2.× 尿比重は、1.030であるというのは、検査結果(患者の状態を客観的に示したもの)である。
3.× 痛みは1〜10の尺度で8であるのは、患者の訴えを示す主観的情報である。痛みの尺度(ペインスケール)の点数は、患者が感じた痛みを数値という手段で表したものである。
4.× 左腓骨骨折によるシーネ固定をしているのは、患者の状態(看護師の観察によって得られた客観的情報)を示したものである。

 

 

 

 

 

40 第2〜第4腰髄の障害を確認する方法で適切なのはどれか。

1.輻輳反射
2.膝蓋腱反射
3.Barré(バレー)徴候
4.Trendelenburg(トレンデレンブルグ)徴候

解答2

解説

1.× 輻輳反射とは、患者の正面、約50cmのところに示指を立てて見つめてもらい、その指を15cmくらいまで近づけると両方の目が寄り目になる(左右の目がそれぞれ内転する)反射のことであり、動眼神経の障害を検査する。
2.〇 正しい。膝蓋腱反射は、第2〜第4腰髄の障害を確認する方法である。膝蓋腱をハンマー(打腱器)などで叩くと下肢が伸展する現象である。反射が消失した場合、第2~第4腰髄に障害を疑う。一方、第2~第4腰髄よりも上位(頭側の脊髄や脳)の運動経路に障害があると下肢の伸展は亢進する。
3.× Barré(バレー)徴候は、左右の上肢を前方に伸ばし閉眼してもらい、麻痺側がゆっくりと下がる現象である。麻痺が軽度でも出現する徴候である。錐体路の障害を疑う。
4.× Trendelenburg(トレンデレンブルグ)徴候とは、歩行障害の所見である。歩行中、下肢を上げた側の骨盤が下がり、体幹が左右に動揺する徴候である。筋ジストロフィー症など近位筋(中殿筋)の障害で出現する。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。