第109回(R2) 看護師国家試験 解説【午前41~45】

 

41 急性期患者の生体反応で正しいのはどれか。

1.異化が亢進する。
2.症状の変化は緩やかである。
3.サイトカイン分泌が低下する。
4.副腎皮質ホルモンの分泌が低下する。

解答1

解説

1.〇 正しい。異化が亢進する。異化とは、外界から取り込んだ物質(糖質や脂質など)もしくは、生体内にある複雑な物質を分解し、簡単な物質(水や二酸化炭素)に変えるとともにエネルギー(ATP)を取り出す過程を指す。身体への侵襲により損傷した組織を修復するために異化が亢進する。
2.× 症状の変化は、緩やかではなく急速である。なぜなら、急性期は病態が不安定かつ短期間で激しい症状が現れる時期を指すため。そのため、絶え間ない観察と急変時の迅速な判断・対応が求められる。
3.× サイトカイン分泌は低下ではなく、亢進する。特に、炎症性サイトカインが亢進し、これは炎症反応を促進する働きを持つサイトカインのことである。サイトカインとは、細胞から分泌される低分子のタンパク質で生理活性物質の総称のことで、 生理活性蛋白質とも呼ばれ、細胞間相互作用に関与し周囲の細胞に影響を与える。
4.× 副腎皮質ホルモンの分泌は低下ではなく、亢進する。なぜなら、生体へのストレス負荷によるため。副腎皮質ホルモンは、副腎皮質より産生されるホルモンの総称である。炎症の制御、炭水化物の代謝、タンパク質の異化、血液の電解質のレベル、免疫反応など広範囲の生理学系に関わっている。

 

 

 

 

 

42 砕石位による手術で起こりやすい合併症はどれか。

1.猿手
2.尖足
3.下垂手
4.腸骨部の褥瘡

解答2

解説

砕石位(さいせきい)は、仰臥位で膝部を曲げ、下腿部を開脚し挙上した体位である。手術時間中両側を支持台に乗せて固定しなければならない。

 

1.× 猿手は、正中神経障害によって生じる。
2.〇 正しい。尖足が最も砕石位による手術で起こりやすい。なぜなら、支脚台により腓骨頭が圧迫され、総腓骨神経障害が起こるため。結果、背屈障害[尖足(下垂足)]を生じる。
3.× 下垂手は、橈骨神経障害によって生じる。
4.× 腸骨部の褥瘡は、側臥位で生じやすい合併症である。

 

 

 

 

 

43 ペースメーカー植込みの有無を事前に確認すべき検査はどれか。

1.超音波検査
2.エックス線撮影
3.骨シンチグラフィ
4.磁気共鳴画像(MRI)

解答4

解説

1.× 超音波検査は、高い周波数の「」を用いる検査である。ペースメーカーへの影響はない。
2.× エックス線撮影は、「エックス線」を用いる単純撮影検査である。ペースメーカーへの影響はない。ただ、プラスチックや金属類は診断の妨げになるため外す。
3.× 骨シンチグラフィは、「放射性同位元素(RI:アイソトープ)」を用いる検査である。放射線を発する薬品を体内に投与し、専用カメラで検出する。描出された画像をシンチグラフィと呼ぶ。ペースメーカーへの影響はない。
4.〇 正しい。磁気共鳴画像(MRI)は、ペースメーカー植込みの有無を事前に確認すべき検査である。なぜなら、「強い磁力と電波」を用いる検査であるため。検査時は、強力な磁石が組み込まれた装置の中に入るため、ペースメーカーに影響を及ぼすおそれがある。

 

 

 

 

 

44 肝動脈塞栓術(TAE)の適応となる疾患はどれか。

1.脂肪肝
2.急性A型肝炎
3.肝細胞癌(HCC)
4.アメーバ性肝膿瘍

解答3

解説

肝動脈塞栓術(TAE)とは、肝細胞癌を栄養している肝動脈内にカテーテルを挿入し肝動脈内に抗癌剤と塞栓物質を投与して血流を遮断し、兵糧攻めにして癌を死滅させる方法である。

 

1.× 脂肪肝の治療は、飲酒制限や食事療法、運動療法、減量に加えて、脂質異常症や糖尿病に対する薬物療法などがある。
2.× 急性A型肝炎に対する治療は、通常、安静を含めた対症療法が中心となる。
3.〇 正しい。肝細胞癌(HCC)は、肝動脈塞栓術(TAE)の適応となる疾患である。肝臓は、肝動脈と門脈の二重血流支配を受けており、肝細胞癌は主に肝動脈からの血流支配を受けている。そのため、肝細胞癌を支配する肝動脈を塞栓物質で血流遮断することで治療する。
4.× アメーバ性肝膿瘍の第一選択治療は、抗原虫薬(メトロニダゾールなど)の使用である。

 

 

 

 

 

45 ヒト免疫不全ウイルス(HIV)に感染している患者で、後天性免疫不全症候(AIDS)の状態にあると判断できる疾患はどれか。

1.季節性インフルエンザ
2.ニューモシスチス肺炎
3.ノロウイルス性腸炎
4.単純性膀胱炎

解答2

解説

 後天性免疫不全症候群(AIDS)の状態にあると判断できる疾患(エイズ指標疾患)は、23種類ある。選択肢2以外は、「あらゆる免疫状態のヒトに発症する可能性がある。」ため、そこからも消去法で正答まで導ける。

 

1.× 季節性インフルエンザは、エイズ指標疾患には含まれていない。あらゆる免疫状態のヒトに発症する可能性がある。
2.〇 正しい。ニューモシスチス肺炎は、エイズ指標疾患のなかで最も多く発症する代表的な疾患である。多くは、CD4陽性リンパ球数が約200/μL以下で発症する。
3.× ノロウイルス性腸炎は、エイズ指標疾患には含まれていない。ノロウイルス性腸炎はあらゆる免疫状態のヒトに発症する可能性がある。
4.× 単純性膀胱炎は、エイズ指標疾患には含まれていない。あらゆる免疫状態のヒトに発症する可能性がある。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。