第109回(R2) 看護師国家試験 解説【午後51~55】

51 Aさん(59歳、女性)は裂孔原性網膜剝離と診断され、硝子体手術の際に硝子体腔中にガス注入を受けた。
 手術直後、病室での体位で適切なのはどれか。

1.坐位
2.腹臥位
3.仰臥位
4.側臥位

解答2

解説

 裂孔原性網膜剥離とは、網膜の一部に裂孔と呼ばれる裂け目ができて、そこから網膜の裏側に水分が流れ込んで剥がれてしまうこと。裂孔原性網膜剥離の手術には、強膜内陥術と硝子体手術がある。本問では、硝子体手術を行っている。裂孔原性網膜剥離に対する硝子体手術では、裂孔周囲の硝子体の牽引を解除し、網膜下液を排除し、ガス注入による圧で網膜を復位させる網膜が復位するまでの期間、裂孔部分にガスが当たるような体位をとることが不可欠になる。手術直後は、眼内にガスが充満しているため腹臥位をとることが一般的である。したがって、選択肢2.腹臥位
が正しい。

 

 

 

 

 

52 散瞳薬を用いて眼底検査を受ける成人患者への対応で適切なのはどれか。

1.検査中は室内を明るくする。
2.散瞳薬の点眼は検査直前に行う。
3.検査前に緑内障の有無を確認する。
4.検査後1時間で自動車の運転が可能になると説明する。

解答3

解説

 検眼鏡を用いて眼底検査を行う場合は、散瞳薬の点眼が必要になる。

 

1.× 検査中は室内を明るくではなく、暗くする。なぜなら、瞳孔を散大させ精査しやすくするため。
2.× 散瞳薬の点眼は、検査直前ではなく、30分以上前に行う。なぜなら、散瞳薬の効果が発現するまでには30分程度を要するため。
3.〇 正しい。検査前に緑内障の有無を確認する。なぜなら、閉塞隅角緑内障では、散瞳薬や抗コリン作用のある薬物で眼圧が上昇することがあるため。
4.× 検査後1時間では、自動車の運転は行えない。なぜなら、散瞳薬の効果は数時間続くため。

 

 

 

 

 

53 関節リウマチで長期にわたりメトトレキサートを服用している患者の副作用(有害事象)で適切なのはどれか。

1.便秘
2.不整脈
3.聴力障害
4.間質性肺炎

解答4

解説

関節リウマチとは?

 関節リウマチとは、慢性の多関節炎を特徴とする自己免疫疾患である。進行すると関節の破壊と変形をきたす。関節炎に対して、抗リウマチ薬を中心に早期から積極的な薬物治療が行われる。なかでも、メトトレキサートは最も使用頻度の高い抗リウマチ薬である。

 

1.× 便秘は、モルヒネ・抗精神病薬・抗パーキンソン薬・抗コリン薬などの副作用でみられやすい。
2.× 不整脈は、抗不整脈薬による誘発や、三環系抗うつ薬、マクロライド系・ニューキノロン系の抗菌薬で副作用としてみられる。
3.× 聴力障害は、アミノグリコシド系抗菌薬や白金製剤(シスプラチン)などの副作用でみられる。
4.〇 正しい。間質性肺炎は、メトトレキサートの副作用でみられる。他には、頻度が高いものとして、口内炎、肝機能障害がある。一方、頻度は高くはないが重篤な副作用として、感染症造血障害がある。

 

 

 

 

 

54 平成28年(2016年)の国民生活基礎調査で、要介護者等との続柄別にみた主な介護者の構成割合のうち、「同居の家族」が占める割合に最も近いのはどれか。

1.20%
2.40%
3.60%
4.80%

解答3

解説

(※厚生労働省HP様「平成28年(2016年)の国民生活基礎調査」)

 

 介護者は、要介護者等と同居している家族58.7%である。したがって、選択肢3.60%が正しい。

 

 

 

 

 

55 老化によって減少または低下するのはどれか。

1.重心の動揺
2.糸球体の数
3.嗅覚の閾値
4.前立腺の重量

解答2

解説

1.× 重心の動揺は、老化によって増加する。つまり、バランスが不安定になるということである。なぜなら、重心の動揺性は、視覚、前庭・半規管系、脊髄反射系、中枢神経系などさまざまな機能の影響を受け、加齢に伴いそれら能力は衰退するため。
2.〇 正しい。糸球体の数は、老化によって硬化が進み減少する。腎小体(糸球体+ボウマン嚢)と尿細管からなるネフロン(腎単位)は、左右の腎臓それぞれに約100万個ずつ存在する。
3.× 嗅覚の閾値は、老化によって増加する。つまり、匂いに鈍感になるということである。ガス漏れなどの危険を察知できなかったり、風味を感じる能力が低下するために食事を楽しめず食事摂取不良につながったりすることもある。
4.× 前立腺の重量は、老化によって肥大し、増加する。これに伴い前立腺の内部を通る尿道が圧迫され、排尿障害(頻尿、尿失禁、残尿感、尿意切迫感など)を起こしたものが前立腺肥大症である。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。