第109回(R1) 看護師国家試験 解説【午前56~60】

 

56 幼児を対象とする定期予防接種はどれか。

1.DTワクチン(二種混合)
2.ロタウイルスワクチン
3.BCGワクチン
4.水痘ワクチン

解答4

解説

 「新生児」とは、生まれた日を0日とカウントして、生後28日未満までの赤ちゃんのことを指す。 また、それ以降は「乳児」と呼ばれ、満1歳からは「幼児」と呼ばれる。

 

1.× DTワクチン(二種混合)とは、ジフテリア(D)と破傷風(T)のワクチンである。11歳から13歳未満(標準として11歳)に1回接種する。
2.× ロタウイルスワクチンは、令和2(2020)年10月1日から定期接種となる。令和2年8月生まれ以降の乳児が対象で、初回接種の標準的な接種期間は、生後2か月から生後15週未満である。
3.× BCGワクチンとは、ウシ型結核菌の実験室培養を繰り返して作製された細菌、および、それを利用した結核に対する生ワクチンである。1歳まで(標準として生後5か月から8か月まで)に1回接種する。定期予防接種はしないため不適切である。
4.〇 正しい。水痘ワクチンは、 幼児を対象とする定期予防接種するワクチンである。初回接種は、生後1歳から1歳3か月までで、追加接種は初回接種後3か月以上(標準として半年から1年後まで)である。

 

 

 

 

 

57 大泉門の説明で正しいのはどれか。

1.2歳まで増大する。
2.陥没している場合は髄膜炎を疑う。
3.閉鎖が早すぎる場合は小頭症を疑う。
4.頭頂骨と後頭骨に囲まれた部分である。

解答3

解説

 大泉門とは、頭蓋骨にある冠状縫合、矢状縫合、前頭縫合が十字形に合する所にできる最も大きい泉門のことである。生後2年で閉鎖する。出生前後の児の頭は、成人とは異なり骨化が未完成で、結合部位が膜で覆われている。

 

1.× 2歳まで増大するのではなく、生後約1年半で閉鎖する。ちなみに出生後9~10か月までは増大する。その後、徐々に小さくなる。
2.× 陥没している場合は、髄膜炎ではなく脱水を疑う。ちなみに髄膜炎では、浮腫や水頭症などにより、頭蓋内圧が亢進し大泉門は膨隆する。大泉門の大きさは、1~4cmが正常である。
3.〇 正しい。閉鎖が早すぎる場合は、小頭症ではなく、小頭症や狭頭症を疑う。小頭症とは、先天異常や胎内ウイルス感染などにより脳の大きさが小さいために頭蓋も小さい状態をいう。一方、狭頭症とは、頭蓋骨縫合が早期に癒合したり、欠損したりすることで、頭部に異常な変形が起こる状態である。
4.× 頭頂骨と後頭骨に囲まれた部分は、大泉門ではなく小泉門である。大泉門は、前頭骨と頭頂骨に囲まれた部分である。

 

 

 

 

 

58 幼児の心肺蘇生における胸骨圧迫の方法で正しいのはどれか。

1.胸骨中央下部を圧迫する。
2.実施者の示指と中指とで行う。
3.1分間に60回を目安に行う。
4.1回の人工呼吸につき3回行う。

解答1

解説

 胸骨圧迫では、成人と幼児で適する力の入れ具合や胸骨の沈み具合が異なる。成人では胸骨が、5cmほど沈むように胸骨圧迫をする。一方で、幼児では年齢に応じた体格の差があるため、成人のような絶対値を当てはめることができない。そのため、幼児においては個別の体格を判断したうえで、胸の厚さの1/3程度が沈む強さで胸骨圧迫を行うことが推奨されている。

 

1.〇 正しい。年齢にかかわらず、胸骨中央下部を圧迫する。左右の乳頭を結んだ線上を目安にすることが推奨されている。
2.× 実施者の示指と中指(第2~3指)ではなく、中指と環指(第3~4指)とで行う。
3.× 1分間に60回ではなく、年齢にかかわらず100~120回を目安に行う。
4.× 1回の人工呼吸につき3回ではなく、年齢にかかわらず2回行う。30回の胸骨圧迫に対して2回の人工呼吸を行う。

 

 

 

 

 

59 配偶子の形成で正しいのはどれか。

1.卵子の形成では減数分裂が起こる。
2.精子の形成では極体の放出が起こる。
3.成熟卵子はXまたはY染色体をもつ。
4.精子は23本の常染色体と1本の性染色体をもつ。

解答1

解説

1.〇 正しい。卵子の形成では減数分裂が起こる。卵子・精子ともに46本の染色体が23本に、半減する減数分裂が起こる。
2.× 精子の形成では、極体の放出は起こらない。極体の放出とは、はじき出された核のことである。 減数分裂の第一分裂、第二分裂それぞれで極体が放出されるので、それぞれを第一極体、第二極体と呼ぶ。 このシステムは、最終的に1個だけが必要な卵細胞の形成過程で、細胞質の量を減らさないのに役立っていると考えられている。 残された極体はやがて退化・消滅することになる。
3.× 成熟卵子は、XまたはY染色体ではなく、22本の常染色体と、性染色体であるX染色体1本をもつ。したがって、成熟卵子はY染色体はもたない
4.× 精子は、23本の常染色体と1本の性染色体ではなく、22本の常染色体と、性染色体であるXまたはY染色体1本をもつ。

 

 

 

 

 

60 女子の思春期の特徴で正しいのはどれか。

1.9歳で初経が発来する。
2.月経開始後に身長の発育が加速する。
3.陰毛が発生した後に乳房の発育が始まる。
4.性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)によって月経が開始する。

解答4

解説

1.× 初経が発来するのは、9歳ではなく、10~13歳頃である。10歳未満で初経が起こるものを早発月経という。女子の第二次性徴は、8~10歳頃より現れ始める。
2.× 逆である。「月経開始後に身長の発育が加速する」のではなく、「身長の発育が加速した後に、月経が開始」する。
3.× 逆である。「陰毛が発生した後に乳房の発育が始まる」のではなく、「乳房・乳頭の発育開始後に、陰毛が出現」する。
4.〇 正しい。性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)によって月経が開始する。視床下部から分泌された性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)は、下垂体前葉を刺激し、ゴナドトロピン(卵胞刺激ホルモン、黄体形成ホルモン)を分泌させる。これらによって、エストロゲンとプロゲステロンが分泌され月経が起こる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。