第109回(R2) 看護師国家試験 解説【午後56~60】

 

56 高齢者に対するエイジズムの説明で適切なのはどれか。

1.年齢にとらわれないこと
2.加齢に伴う心身機能の変化
3.高齢という理由で不当な扱いをすること
4.老化に関連した遺伝子によって引き起こされる現象

解答3

解説

 エイジズムとは、年齢に対する偏見固定観念(ステレオタイプ)(年齢主義ともいう)と、それに基づく年齢差別や特に高齢者差別、老人蔑視の事をいう。高齢者への人権侵害にあたることもあり、「高齢者のための国連原則」(高齢者の自立、参加、ケア、自己実現、尊厳)にも提示されたように、現代では国際的な問題にもなっている。エイジズムとは、年齢が高いという理由だけで、高齢者を画一的集団として偏見をもったりステレオタイプ的にみたり(年齢主義)、役に立たない・能力が低下しているなどの否定的考え(老人蔑視)のもとに不当な扱いをしたり差別したりすること(年齢差別)を指す。したがって、選択肢3.高齢という理由で不当な扱いをすることが高齢者に対するエイジズムの説明として正しい。

 

 

 

 

 

57 Aさん(90歳、女性)は、認知症で要介護3。デイサービスの送迎の際に、同居している娘から「食事は家族と同じものを食べていたのですが、昨日から下痢が続いています。発熱はなく、元気はあります」と看護師に話があった。デイサービスでは午前中に不消化便が1回あり、おむつ交換の際に、肛門周囲の発赤がみられた。
 Aさんへの対応で適切なのはどれか。

1.腹部マッサージを行う。
2.経口補水液の摂取を促す。
3.食物繊維を多く含む食事にする。
4.石けんを使って肛門周囲を洗う。

解答2

解説

 肛門周囲の発赤は、外部刺激(下痢に伴う腸液や便が付着、拭きすぎ・こすりすぎ、シャワートイレの長時間使用など)や感染悪性新生物などによって生じる。放置すると皮膚の抵抗力が低下し、白癬菌やカンジダ菌などのかび類によって肛門周囲皮膚炎となり、かゆみやただれ、かぶれ、滲出液などの症状が発現するため予防が必要である。

 

1.× 腹部マッサージを行うことは不適切である。なぜなら、本症例は下痢による不消化便が出ていて腸嬬動はすでに亢進している状態であるため。腹部マッサージの効果は、腸管を刺激したり血流を良くしたりすることで腸嬬動を亢進させ、便秘やガス貯留などによる腹部膨満を軽減する。
2.〇 正しい。経口補水液の摂取を促す。なぜなら、本症例に脱水症を疑う所見はないが、高齢者の下痢は脱水を引き起こす危険性が高いため。
3.× 食物繊維を多く含む食事にすることは不適切である。なぜなら、食物繊維の多い食事は、腸を刺激して下痢や不消化便を悪化させる可能性があるため。
4.× 石けんを使って肛門周囲を洗うことは不適切である。なぜなら、本症例は、下痢によるアルカリ性の腸液の刺激を受け、肛門周囲に発赤が生じていると考えられるため。石けんではなく、微温湯での洗浄が効果的である。

 

 

 

 

 

58 乳児の安静時におけるバイタルサインで基準値から逸脱しているのはどれか。

1.体温 37.0℃
2.呼吸数 35/分
3.心拍数 60/分
4.血圧 88/60mmHg

解答3

解説

1.× 体温 37.0℃は、乳児の安静時におけるバイタルサインで基準値内である。乳児は、成人に比べて体温が高く、36.5~37.5℃は基準値範囲内と考えてよい。また、10歳頃までは成人より体温が高く、また体温調節機構が未発達なために体温が変動しやすい特徴を持つ。
2.× 呼吸数 35/分は、乳児の安静時におけるバイタルサインで基準値内である。乳児の呼吸数の基準値は、30~40回/分である。
3.〇 正しい。心拍数 60/分は、バイタルサインで基準値から逸脱している。なぜなら、乳児の心拍数の基準値は100~120回/分であるため。
4.× 血圧 88/60mmHgは、乳児の安静時におけるバイタルサインで基準値内である。なぜなら、乳児の血圧の基準値は、収縮期血圧80~90mmHg拡張期血圧60mmHgであるため。

 

 

 

 

 

 

59 平成28年度(2016年度)の福祉行政報告例における児童虐待で正しいのはどれか。

1.主たる虐待者は実父が最も多い。
2.性的虐待件数は身体的虐待件数より多い。
3.児童虐待相談件数は5年間横ばいである。
4.心理的虐待件数は5年前に比べて増加している。

解答4

解説

1.× 主たる虐待者は、実父(40.7%)ではなく実母(46.9%)が最も多い。
2.× 性的虐待件数(1,537件)は、身体的虐待件数(33,223件)より多いのではなく少ない。性的虐待は最も少ない。
3.× 児童虐待相談件数は、5年間横ばいではなく増加傾向である。平成25(2013)年度の相談件数は73802件であったが、平成29(2017)年度は133,778件で大きく増加している。
4.〇 正しい。心理的虐待件数は、5年前に比べて増加している。心理的虐待は、平成25年度は28,348件であったが、平成29年度は72,197件と約2.5倍になっている。

 

詳しく知りたい方はこちら↓
(※厚生労働省HP様「平成28年度福祉行政報告例の概況」)

 

 

 

 

 

60 Aちゃん(5歳、女児)は、インフルエンザ脳症の終末期である。Aちゃんに意識はなく、付き添っている母親は「私がもっと早く病院に連れて来ればこんなことにならなかったのに」と病室で泣いている。
 Aちゃんの母親への対応で適切なのはどれか。

1.母親に受診が遅くなった状況を聞く。
2.母親がAちゃんに対してできるケアを提案する。
3.病気で亡くなった子どもの親の会を母親に紹介する。
4.母親が泣いている間はAちゃんの病室に居ることができないと母親に説明する。

解答2

解説

1.× 母親に受診が遅くなった状況を聞くことは不適切である。なぜなら、母親の自責の感情をさらに強めることになるため。
2.〇 正しい。母親がAちゃんに対してできるケアを提案する。母親は「もっと早く病院に連れて来れば」と,できなかったことを挙げて自分を責めている。母親ができることを提案し、残された時間をともに過ごせるようにすることは重要であると考えられる。
3.× 病気で亡くなった子どもの親の会を母親に紹介することは不適切である。なぜなら、Aちゃんはまだ生きており、母親が望む情報ではないため。
4.× 母親が泣いている間はAちゃんの病室に居ることができないと母親に説明することは不適切である。なぜなら、母親が泣くことは当然であるため。.Aちゃんは意識がない状態にあり、母親がAちゃんと過ごす時間を看護師が制約する必要はなく、またできない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。