第109回(R1) 看護師国家試験 解説【午後71~75】

 

71 訪問看護事業所で正しいのはどれか。

1.24時間対応が義務付けられている。
2.自宅以外への訪問看護は認められない。
3.特定非営利活動法人(NPO)は事業所を開設できる。
4.従事する看護師は臨床経験3年以上と定められている。

解答3

解説

 訪問看護事業所は、訪問看護ステーション(医療機関以外からの訪問看護事業所)と医療機関からの訪問看護の2種類があり、看護師などが療養を必要とする者の自宅や老人ホームなどの施設を訪問することである。または、その訪問時に行われるサービスのことである。在宅医療の一つである。

 

1.× 24時間対応が義務付けられているわけではない。利用者あるいは家族から同意を得たうえで、24時間対応のサービスが提供される。
2.× 自宅以外への訪問看護が認められる。看護職員がいない住宅型有料老人ホーム、多くのサービス付き高齢者向け住宅およびケアハウスなどは、介護保険上は「通常の自宅」と同じであるとされ、介護保険あるいは医療保険による訪問看護が認められる。
3.〇 正しい。特定非営利活動法人(NPO)は事業所を開設できる。介護保険法に基づく訪問看護事業所は、法人格を有することが条件となる。具体的には「医療法人」「営利法人(会社)」「社団・財団法人」「社会福祉法人」「地方公共団体」「協同組合」「NPO法人」などがある。
4.× 従事する看護師は、臨床経験3年以上などの臨床経験年数の条件はない

 

 

 

 

 

72 Aさん(78歳、男性)は、妻(75歳)と2人暮らし。脳梗塞の既往がある。妻から「最近、夫は食事をむせずに食べることができるが、口の中に食べ物が残っていることが多い。夫の食事について助言が欲しい」と訪問看護師に相談があった。
 妻への訪問看護師の助言で適切なのはどれか。

1.「食事にとろみをつけましょう」
2.「自助具を使って食事をしましょう」
3.「口に入れる1回量を少なくしましょう」
4.「食事前に舌の動きを促す運動をしましょう」

解答4

解説

 Aさんの摂食嚥下障害が、どの期(先行期、準備期、口腔期、咽頭期、食道期)の障害かを考える。本症例の妻から「最近、夫は食事をむせずに食べることができるが、口の中に食べ物が残っていることが多い。」と指摘されている。つまり、口の中に食べ物を含み、飲み込むまでの期(特に咽頭期)に障害がみられることが分かる。

 

1.× 食事にとろみは不必要である。なぜなら、むせずに嚥下はできるため。とろみは、咽頭・喉頭部を流れるスピードが速く誤嚥しやすい液体につけて使用する。
2.× 自助具を使って食事をする必要はない。なぜなら、自助具は食べ物を口に運ぶ道具であり、快適に食事できる目的で使用されるため。
3.× 一口量が少なすぎると嚥下反射がおこりにくく、多いと誤嚥の危険性が出るため不適切である。
4.〇 正しい。食事前に舌の動きを促す。なぜなら、舌の運動によって摂食嚥下にかかわる器官のウォーミングアップや、口腔周囲の筋強化により、食塊を咽頭に送り込むまでのトレーニングができるため。

 

 

 

 

 

73 皮下埋込みポートを用いた在宅中心静脈栄養法(HPN)で適切なのはどれか。

1.抜針して入浴することができる。
2.24時間持続する注入には適さない。
3.同居の家族がいることが必須条件である。
4.外出時に輸液ポンプを使うことはできない。

解答1

解説

 在宅中心静脈栄養法(HPN)は、経腸栄養法が困難な場合に適用され。適切な栄養量を注入して栄養状態を維持・改善し、在宅での栄養維持を目的としたものである。

 

1.〇 正しい。抜針して入浴することができる。ただ、その場合、抜針後に消毒し、止血を確認したのち絆創膏などを貼用して入浴するように指導することが必要である。
2.× 24時間持続する注入に行う場合がある。ただ、間欠的に実施する場合もある。
3.× 同居の家族がいることは、必須条件でない。なぜなら、本人がセルフケア自立していれば、家族がいなくても問題ないため。また、本人がセルフケアできない場合で、同居の家族もいない状態でも、在宅診療医師訪間看護師などが対応できる。
4.× 外出時に輸液ポンプを使う。なぜなら、軽量のポンプもあるため。外出時に輸液ポンプを使用することは可能である。ただ、バッテリーを確認し、外出時に充電が切れないように調整する必要がある。

 

 

 

 

 

74 与薬の事故防止に取り組んでいる病院の医療安全管理者が行う対策で適切なのはどれか。

1.与薬の業務プロセスを見直す。
2.医師に口頭での与薬指示を依頼する。
3.病棟ごとに与薬マニュアルを作成する。
4.インシデントを起こした職員の研修会を企画する。

解答1

解説

1.〇 正しい。与薬の業務プロセスを見直す。与薬までの業務プロセスを見直し、事故防止に関する対策を立てることが重要である。
2.× 医師に口頭ではなく、紙面の与薬指示を依頼する。なぜなら、口頭では聞き逃しなどが発生するため。
3.× 病棟ごとではなく、病院全体に与薬マニュアルを作成する。
4.× インシデントを起こした職員のみを対象にするのではなく、病院全体の研修会を企画する。

 

 

 

 

 

75 Aさん(55歳、女性)は、1人暮らし。Aさんには視覚障害があり、光と輪郭がぼんやりわかる程度である。食事の準備や室内の移動は自立している。震度6の地震が発生した。Aさんは、避難所に指定されたバリアフリーの公民館に近所のBさんと避難した。公民館には複数の部屋がある。避難所の開設初日に医療救護班として看護師が派遣された。
 避難所生活を開始するAさんへの看護師の対応で適切なのはどれか。

1.BさんをAさんの介助者とする。
2.Aさんの肩に触れてから声をかける。
3.Aさんにはトイレに近い部屋を割りあてる。
4.移動するときはAさんの手を引っ張って誘導する。

解答3

解説

 Aさんには視覚障害があり、光と輪郭がぼんやりわかる程度である。視覚障害者は、周囲の異様な雰囲気を察知することによって恐怖感を持ちやすい

 

1.× BさんをAさんの介助者とするのは不適切である。なぜなら、Bさん自身も被災者であるため。身体的・精神的に過度な負担をかけるべきではない。
2.× Aさんの肩に触れてからではなく、先に声をかける。なぜなら、突然身体に触れられると驚きや恐怖につながるため。
3.〇 正しい。Aさんには、トイレに近い部屋を割りあてる。なぜなら、Aさんは視覚障害を呈しており、動線は短いことが望ましいため。
4.× 移動するときは、Aさんの手を引っ張って誘導するのは不適切である。移動の介助をするときは、看護師はAさんの半歩先に立ち、Aさんに肘や肩、手首を軽く握ってもらった状態で歩いてもらう。つまり、歩行するのはAさん主体の方が安心しやすい。また、このとき周りの状況を伝えると、Aさんは空間を認識しやすくなる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。