第109回(R2) 看護師国家試験 解説【午前81~85】

 

81 交感神経の作用はどれか。2つ選べ。

1.散瞳
2.精神性発汗
3.腸蠕動の促進
4.排尿筋の収縮
5.グリコーゲン合成の促進

解答1/2

解説

 自律神経系とは、①交感神経②副交感神経の2系統が相反する働きをして、体内の恒常性を保つ働きを持つ。交感神経は、エネルギー消費(例:心拍数は増加)、副交感神経はエネルギー確保(例:心拍数は減少)の方向を示す。

 

1.〇 正しい。散瞳は、交感神経の作用である。一方、副交感神経優位で縮瞳となる。
2.〇 正しい。精神性発汗は、交感神経の作用である。汗腺について、高温環境と精神的緊張は交感神経を介して発汗を増やす。
3.× 腸蠕動の促進は、副交感神経の作用である。一方、交感神経優位で抑制となる。
4.× 排尿筋の収縮は、副交感神経の作用である。一方、交感神経優位で弛緩となる。
5.× グリコーゲン合成の促進は、副交感神経の作用である。一方、交感神経優位で抑制となる。ちなみに、グリコーゲンは、交感神経の作用により肝臓で分解が促進される。

 

 

 

 

 

82 気管で正しいのはどれか。2つ選べ。

1.軟骨は筒状である。
2.胸骨角の高さで分岐する。
3.交感神経の働きで収縮する。
4.吸息相の気管内圧は陰圧である。
5.頸部では食道の背側に位置する。

解答2/4

解説

気管とは、喉頭から始まり、気管分岐部で左右の主気管支に分かれる。気管は、2cmほどの太さで常に開いた管で、軟骨と平滑筋からなっている。気管軟骨は、気管~気管支の気道内腔を虚脱から守っている。

 

1.× (気管)軟骨は、筒状ではなく、前方に向かって凸型のU字形(馬蹄形)である。気管の背側壁は、軟骨はなく平滑筋で構成されており、膜性壁(膜様部)と呼ばれる。
2.〇 正しい。気管は、胸骨角の高さで分岐する。胸骨角とは、胸骨柄と胸骨体の結合部であり、前胸部で突出しており、容易に触知できる。気管分岐部の位置は、腹側が胸骨角、背側が第4~第5胸椎に一致する。
3.× 気管は、交感神経の働きではなく、副交感神経の働きで収縮する。一方、交感神経の働きで拡張する。
4.〇 正しい。吸息相の気管内圧は、陰圧である。なぜなら、吸息相では、横隔膜が収縮することにより肺が拡張し、空気が気道内に流れ込む。したがって、気道内が外気に比べ陰圧になる。
5.× 頸部では、食道の背側ではなく、食道の腹側(最腹部)に位置する。頭部で気管切開ができるのは気管が最腹側に位置するためである。

 

 

 

 

 

83 食道癌で正しいのはどれか。2つ選べ。

1.女性に多い。
2.日本では腺癌が多い。
3.放射線感受性は低い。
4.飲酒は危険因子である。
5.胸部中部食道に好発する。

解答4/5

解説

1.× 女性ではなく、60歳以上の男性に多い。男女比は、約6:1である。
2.× 日本では、腺癌ではなく、扁平上皮癌が多い。
3.× 放射線感受性は、高い。放射線感受性とは、狭義には、放射線被ばくした場合の「障害の起こりやすさ」、特に「死にやすさ」のことをいい、広義にはさまざまな指標に関して、相対的な「効果の現れやすさ」を指す。 個体に関しても、組織や細胞に関しても用いる。
4.〇 正しい。飲酒は危険因子である。他にも、喫煙があげられる。
5.〇 正しい。胸部中部食道に好発する。

 

 

 

 

 

84 急性膵炎で正しいのはどれか。2つ選べ。

1.成因はアルコール性より胆石性が多い。
2.重症度判定には造影CTが重要である。
3.血中アミラーゼ値が低下する。
4.鎮痛薬の投与は禁忌である。
5.初発症状は上腹部痛である。

解答2/5

解説

1.× 成因は、アルコール性より胆石性ではなく、「胆石性よりアルコール性」が多い。急性膵炎の原因は、アルコール→胆石の順で多い。性別にみると、男性ではアルコール性が多く、女性では胆石性が多い。
2.〇 正しい。急性膵炎の重症度判定には造影CTが重要である。重症度判定のひとつに造影CTグレード(炎症の波及の程度)評価があり、造影剤を用いたCTを行う。重症度判定として、①上腹部に急性腹痛発作と圧痛がある。②血中または尿中に膵酵素の上昇がある。③US、CTまたはMRIで膵に急性膵炎に伴う異常所見がある。
3.× 血中アミラーゼ値は、低下ではなく上昇する。他にも、尿中アミラーゼの値も上昇する。
4.× 鎮痛薬の投与は、禁忌ではなく、疼痛が強い場合には使用する。
5.〇 正しい。初発症状は、上腹部痛である。疼痛が強い場合には胸膝位(猫のポーズ:両ひざ、両ひじをつき、お尻を出来るだけ高く持ち上げる肢位)を推奨する。

 

 

 

 

 

85 もやもや病で正しいのはどれか。2つ選べ。(※不適切問題:解答3つ)

1.指定難病ではない。
2.遺伝的要因が関与する。
3.病変はくも膜下腔にある。
4.進行性の脳血管閉塞症である。
5.ウイルス感染によって誘発される。

解答2/3/4(複数の解答を採点)
理由:3つの選択肢が正解であるため

解説

もやもや病(ウイリス動脈輪閉塞症)とは?

 日本人に多発する原因不明の進行性脳血管閉塞症であり、発症には遺伝的要因が関与する。脳血管撮影検査で両側の内頚動脈終末部に狭窄ないしは閉塞と、その周囲に異常血管網(もやもや血管)を認める(診断基準)」ということである。機序としては徐々に内頚動脈終末部が狭窄・閉塞し、それに伴い非常に細い血管径の異常血管網、いわゆるもやもや血管が増生してくる。

1.× もやもや病は、指定難病である。したがって、治癒する疾患ではないので、長期的な外来での治療や診察が必要となる。
2.〇 正しい。遺伝的要因が関与する。RNF213遺伝子がもやもや病の発症にかかわる遺伝子である。ただし、炎症などの何らかの二次的要因も発症に強く関与する多因子疾患と考えられている。
3.〇 正しい。病変はくも膜下腔にある。なぜなら、内頭動脈終末部はくも膜下腔に存在するため。脳血管撮影検査で両側の内頚動脈終末部に狭窄ないしは閉塞と、その周囲に異常血管網(もやもや血管)を認める。
4.〇 正しい。進行性の脳血管閉塞症である。もやもや病(ウイリス動脈輪閉塞症)は、RNF213遺伝子と何らかの要因が関与する進行性脳血管閉塞症である。
5.× ウイルス感染と本疾患との関連は指摘されていない

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。