第109回(R2) 看護師国家試験 解説【午前96~100】

 

次の文を読み94〜96の問いに答えよ。
 Aさん(56歳、男性、会社員)は、デスクワークが多い仕事をしている。40歳時の会社の健康診断で2型糖尿病と診断され、紹介されたクリニックで血糖降下薬を処方されて内服を継続していた。50歳ころから視力の低下と持続性蛋白尿を指摘され、腎臓内科を受診し食事指導を受けた。しかし、仕事が忙しく食事指導の内容を守れていなかった。1年前から、足のしびれが出現するようになった。

96 Aさんは、緊急血液透析によって全身状態が改善した。その後、シャント造設術を受け、週3回の血液透析となり、退院後は職場に近いクリニックで維持血液透析を受けることが決定した。Aさんから、退院後の生活について「仕事に復帰予定ですが、医療費の支払いが心配です」と発言があった。
 維持血液透析により身体障害者手帳を取得したAさんが利用できる医療費助成制度はどれか。

1.医療扶助
2.自立支援医療
3.訪問看護療養費
4.認定疾病に対する医療の給付

解答2

解説

1.× 医療扶助とは、生活保護の一種で、困窮のため最低限度の生活ができない人に対して、原則として現物で医療を提供するものである。本症例は、働いており収入があると考えられる。
2.〇 正しい。自立支援医療とは、『障害者総合支援法』に定められている。更生医療(自立支援医療)・育成医療(軽減する手術等の治療によって確実に効果が期待できる者に対して提供される、生活の能力を得るために必要な自立支援医療費の支給を行うもの)・精神通院医療(精神疾患の治療に掛かる医療費を軽減する公的な制度)がある。身体障害者手帳をもっているAさんの場合、腎臓機能障害に対する人工透析が更生医療の対象となる。更生医療(自立支援医療)とは、身体障害者が日常生活、職業生活により適合するために、身体の機能障害を軽減または改善するための医療に関する助成制度のことである。
3.× 訪問看護療養費とは、『健康保険法』等を根拠に、日本の公的医療保険において、被保険者が受けた訪問看護について保険給付を行うものである。本症例は自ら通院できる状態にある。
4.× 認定疾病に対する医療の給付とは、『原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律』によるもので、広島・長崎に投下された原子爆弾の被爆者の支援を目的とするものである。

 

 

 

 

 

次の文を読み97〜99の問いに答えよ。
 Aさん(81歳、男性)は、妻(73歳)と2人暮らし。自宅でのADLは自立し、認知機能に障害はない。
 Aさんは食欲不振と腹部不快感、微熱を主訴に受診したところ、急性胆囊炎と診断され、その日のうちに入院した。Aさんのバイタルサインは、体温37.3℃、呼吸数22/分、脈拍90/分、血圧136/84mmHg。入院後は絶飲食の指示があり、持続点滴静脈内注射と抗菌薬の投与が開始された。トイレ歩行の許可は出ている。

97 Aさんの病室環境で適切なのはどれか。

1.座った時に膝関節が90度になる高さにベッドを調整する。
2.点滴スタンドをベッドに固定する。
3.ポータブルトイレを設置する。
4.離床センサーを設置する。

解答1

解説

急性胆囊炎とは?

急性胆嚢炎とは、胆のうに炎症が生じた状態である。 胆のうがむくんで腫れ、炎症の進行とともに胆のうの壁が壊死していく。 症状は、初期には上腹部の不快感や鈍痛で、炎症の進行とともに右季肋部痛(右の肋骨の下あたり)になり、次第に激痛になる。

1.〇 正しい。座った時に膝関節が90度になる高さにベッドを調整する。なぜなら、転倒を予防するため。足底が床に着くようにする。
2.× 点滴スタンドをベッドに固定する必要はない。なぜなら、本症例の自宅内ADLは、自立しておりトイレ歩行が許可されているため。
3.× ポータブルトイレを設置する必要はない。なぜなら、本症例の自宅内ADLは、自立しておりトイレ歩行が許可されているため。入院中にADLの低下を招かないようにすることが大切である。
4.× 離床センサーを設置する必要はない。なぜなら、本症例の認知機能に問題ないため。また、離床センサーの使用は、患者の行動を制限する可能性がある。

 

 

 

 

 

次の文を読み97〜99の問いに答えよ。
 Aさん(81歳、男性)は、妻(73歳)と2人暮らし。自宅でのADLは自立し、認知機能に障害はない。
 Aさんは食欲不振と腹部不快感、微熱を主訴に受診したところ、急性胆囊炎と診断され、その日のうちに入院した。Aさんのバイタルサインは、体温37.3℃、呼吸数22/分、脈拍90/分、血圧136/84mmHg。入院後は絶飲食の指示があり、持続点滴静脈内注射と抗菌薬の投与が開始された。トイレ歩行の許可は出ている。

98 入院後2日、妻がAさんについて「入院してからよく寝ています。時々ここが病院だとわからないようです。話しかけても気づかず、天井を眺めていることもあるし、しゃべり続けることもあります」と看護師に訴えた。Aさんのバイタルサインは、体温36.9℃、呼吸数20/分、脈拍88/分、血圧144/80mmHg。
 Aさんの状態で最も考えられるのはどれか。

1.うつ病
2.せん妄
3.ナルコレプシー
4.急性ストレス反応

解答2

解説

1.× うつ病とは、抑うつ気分,興味・喜びの著しい減退などにより生活に何らかの支障が生じている状態が、2週問以上続いている状態である。
2.〇 正しい。せん妄である。せん妄とは、意識混濁に加えて睡眠・覚醒リズムの障害、見当識障害、活発な精神症状(幻覚・錯覚・不安など)が現れ、入院などによる環境の変化や身体拘束によって誘発される。
3.× ナルコレプシーとは、睡眠発作情動性脱力発作睡眠麻痺入眠時幻覚を主徴とする疾患である。
4.× 急性ストレス反応とは、被災などによって大きなストレスにさらされた後に起こり、周囲や自分自身の現実が変わってしまったような感覚などの解離症状(自分が自分であるという感覚が失われている状態)を伴う。

 

 

 

 

 

次の文を読み97〜99の問いに答えよ。
 Aさん(81歳、男性)は、妻(73歳)と2人暮らし。自宅でのADLは自立し、認知機能に障害はない。
 Aさんは食欲不振と腹部不快感、微熱を主訴に受診したところ、急性胆囊炎と診断され、その日のうちに入院した。Aさんのバイタルサインは、体温37.3℃、呼吸数22/分、脈拍90/分、血圧136/84mmHg。入院後は絶飲食の指示があり、持続点滴静脈内注射と抗菌薬の投与が開始された。トイレ歩行の許可は出ている。

99 入院後3週、Aさんは症状が改善し、退院することになった。Aさんは「退院したら孫たちと温泉旅行をして、おいしいものをたくさん食べることが楽しみです。何か気を付けることはありますか」と看護師に話した。
 退院時のAさんへの指導で適切なのはどれか。

1.「上腹部の痛みがあったら受診してください」
2.「食事内容の制限はありません」
3.「運動は控えてください」
4.「入浴しないでください」

解答1

解説

急性胆囊炎とは?

急性胆嚢炎とは、胆のうに炎症が生じた状態である。 胆のうがむくんで腫れ、炎症の進行とともに胆のうの壁が壊死していく。 症状は、初期には上腹部の不快感や鈍痛で、炎症の進行とともに右季肋部痛(右の肋骨の下あたり)になり、次第に激痛になる。

1.〇 正しい。上腹部の痛みは、急性胆嚢炎の初期症状である。「上腹部の痛みがあったら受診してください」と、どのような症状が現れたら受診する必要があるのか、具体的に伝えることが重要である。
2.× 食事内容の制限は必要である。なぜなら、胆嚢炎は胆石が原因で発症することが多いため。胆石発作誘発因子となる脂肪コレステロールの摂取は控えるよう指導する。
3.× 運動を制限する必要はない。むしろ、バランスの良い食事適度な運動を心がける。
4.× 入浴を制限する必要はない。なぜなら、経皮的なドレナージをしていないため。

 

 

 

 

 

次の文を読み100〜102の問いに答えよ。
 Aさん(80歳、男性)は、妻(80歳)と2人暮らし。血管性認知症でパーキンソニズムがみられる。認知症高齢者の日常生活自立度判定基準ランクⅡb、要介護2。普段は妻がAさんの身の回りの世話をしているが、妻が入院したため短期入所療養介護のサービスを受けることになった。入所時のAさんは歩行開始困難、加速歩行、すくみ足などの歩行障害がみられた。Aさんは「最近、家の中でつまずくことが多くなりました」と入所中の施設の看護師に話した。

100 Aさんへの歩行指導で適切なのはどれか。

1.歩行時の方向転換は素早く行うようにする。
2.目線を足元に向けて歩くようにする。
3.足踏みをしてから歩くようにする。
4.歩行時はすり足で歩くようにする。

解答3

解説

 パーキンソンの歩行障害の主な特徴は、すり足になる、小股で歩く、前かがみになる、腕の振りが小さくなる、一歩目の足が出にくい、曲がりにくい、場合によっては歩き出すと止まれないなどである。

 

1.× 歩行時の方向転換は、素早くではなく、ゆっくり大きく曲がるようにする。
2.× 目線を足元に向けてではなく、目標より遠くの前方を見て歩くようにする。歩行時に目線を足元に向けると、より前傾姿勢に、重心が前方に移動するため姿勢のバランスを崩しやすい。
3.〇 正しい。足踏みをしてから歩くようにする。すくみ足は、何らかの外部刺激(視覚やリズム)があると改善されることが多い。メトロノームや手拍子でリズムをとったり、声をかけて足踏みをしたりすると1歩目が出やすく歩きやすい。
4.× 歩行時は、すり足ではなく、できるだけ大股ですり足にならないよう歩く。なぜなら、すり足で歩くと、ちょっとした段差につまずきやすく転倒につながるため。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。