第110回(R3) 看護師国家試験 解説【午後101~105】

 

次の文を読み100~102の問いに答えよ。
 Aちゃん(生後3週)は、在胎40週、3.070gで出生した。生後5日で退院し、退院時の体重は3.080gであった。完全母乳栄養である。
 現病歴:5日前から嘔吐があり、次第に哺乳のたびに噴水状に嘔吐するようになった。今朝も嘔吐があり、吐物は白色である。排尿もないため家族に連れられ来院した。Aちゃんは肥厚性幽門狭窄症が疑われ入院した。
 身体所見:体重3.380g、体温36.7℃。脈拍120/分、整。血圧74/52mmHg。大泉門は陥凹、皮膚のツルゴールは低下、上腹部は軽度膨隆。
 検査所見:白血球9.600/μL、Na131mEq/L、K3.4mEq/L、Cl86mEq/L、CRP0.1mg/dL。

101 検査の結果、Aちゃんは肥厚性幽門狭窄症と診断された。Aちゃんは直ちに絶飲食となり、経鼻胃管が留置され、持続点滴静脈内注射が開始された。担当医師と家族とが治療方針を話し合った結果、全身状態が安定したあとに手術をする方針になった。
 Aちゃんの術前看護で正しいのはどれか。

1.洗腸を1日2回行う。
2.尿量の測定は不要である。
3.経鼻胃管は自然開放とする。
4.Aちゃんを抱っこすることは禁忌である。

解答3

解説

1.× 洗腸は必要はない。なぜなら、肥厚性幽門狭窄症は胃の出口(幽門)が狭くなる疾患であり、腸とは関係がないため。大腸や直腸などの下部消化管の手術であれば、頻回の洗腸により腸管内容物を排除する。
2.× 尿量の測定は必要である。なぜなら、経鼻胃管と持続点滴静脈内注射中であり、in-outバランスをみるため。全身状態が安定してから手術に入る予定のため、入院時の脱水が十分に改善か把握できる。
3.〇 正しい。経鼻胃管は自然開放とすることは、Aちゃんの術前看護で正しい。なぜなら、経鼻胃管は狭窄している胃内容物を体外へ出すため。胃の幽門狭窄を生じており、嘔吐を防止するためには常に減圧し、胃内容物を体外に排出しておく必要がある。
4.× Aちゃんを抱っこすることは可能である。児の安心のためにも、抱っこは重要である。ただし、経鼻胃管や持続点滴静脈内注射の抜去に注意する。

 

 

 

 

 

 

次の文を読み100~102の問いに答えよ。
 Aちゃん(生後3週)は、在胎40週、3.070gで出生した。生後5日で退院し、退院時の体重は3.080gであった。完全母乳栄養である。
 現病歴:5日前から嘔吐があり、次第に哺乳のたびに噴水状に嘔吐するようになった。今朝も嘔吐があり、吐物は白色である。排尿もないため家族に連れられ来院した。Aちゃんは肥厚性幽門狭窄症が疑われ入院した。
 身体所見:体重3.380g、体温36.7℃。脈拍120/分、整。血圧74/52mmHg。大泉門は陥凹、皮膚のツルゴールは低下、上腹部は軽度膨隆。
 検査所見:白血球9.600/μL、Na131mEq/L、K3.4mEq/L、Cl86mEq/L、CRP0.1mg/dL。

102 入院後3日。Aちゃんは全身状態が安定し、全身麻酔下で腹腔鏡を用いた粘膜外幽門筋切開術(Ramstedt〈ラムステッド〉手術)を受けた。
 術後の看護で適切なのはどれか。

1.授乳前後の排気
2.人工乳への変更
3.予防接種の計画立案
4.腸管の縫合不全の観察

解答1

解説

1.授乳前後の排気は、術後の看護で適切である。なぜなら、乳児の胃はI字型で吐きやすい形状で、胃内に空気が貯留していると嘔吐しやすくなるのため。授乳前後に排気させて嘔吐による誤飲を防ぐ。
2.人工乳への変更は必要ない。なぜなら、完全母乳栄養児は、体重増加が緩やかな場合があるが、本症例の体重増加不良の原因は肥厚性幽門狭窄症により母乳が摂取できていなかったことと考えられるため。人工乳へ変更する必要はなく母乳をあげてよい。
3.予防接種の計画立案は必要ない。なぜなら、今回の手術と予防接種については直接的な関連性はないため。また、予防接種は一般的に生後2か月から開始する。予防接種の計画を立案することは術前に関係ない。
4.腸管の縫合不全の観察は必要ない。なぜなら、粘膜外幽門筋切開術(Ramstedt〈ラムステッド〉手術)とは、胃から消化物をスムーズに排出できるように厚くなった幽門筋を切開して広げる手術であるため。腸管を縫合はしていない

 

 

 

 

 

 

次の文を読み103~105の問いに答えよ。
 Aちゃん(5か月、女児)は、父親(会社員)、母親(主婦)、兄のB君(3歳)と4人家族である。近所に祖父母が住んでいる。Aちゃんは3日前から鼻汁と咳嗽があり、昨日タ方より39℃の発熱がみられ小児科外来を受診した。自宅で哺乳量の低下はなく、1日に1、2回咳嗽とともに嘔吐がみられていた。来院時、体温39.3℃、呼吸数45/分、脈拍142/分、経皮的動脈血酸素飽和度〈SpO2〉98%(room air)であった。診察と検査の結果、RSウイルスによる急性細気管支炎と診断され、去痰薬が処方された。

103 診察後、家庭でのケアについてAちゃんの母親に指導することになった。
 看護師の指導で適切なのはどれか。

1.「1回に飲むミルクの量を多くしてください」
2.「哺乳前に鼻水を器具で吸引してあげてください」
3.「去痰薬は、ミルクを飲んだ後に飲ませてください」
4.「授乳後は仰向けで寝かせてください」

解答2

解説

1.× 1回に飲むミルクの量を多くする必要はない。なぜなら、乳児の胃は縦型で噴門部が未発達であることから、咳嗽に伴う嘔吐をしやすいうえに、胃が緊満状態になるとさらに嘔吐しやすくなるため。本症例は哺乳量の低下はみられておらず、ミルクの量はいつも通りの月齢にあった量をあたえる。
2.〇 正しい。「哺乳前に鼻水を器具で吸引してあげてください」と伝えることは、看護師の指導で適切である。なぜなら、哺乳前に鼻水を器具で吸引することでミルクを飲みやすくするため。RSウイルス感染症は、著明な鼻汁がみられることが多く、鼻閉を起こしやすい。哺乳時に鼻閉があると息継ぎができず、息苦しくなり飲みづらいため、哺乳前に鼻汁を吸引しておくとよい。
3.× 去痰薬は、ミルクを飲んだ後ではなく、に飲ませる。なぜなら、ミルクを飲んだ後に飲ませると嘔吐する際に薬も出てしまう可能性があるため。一般的に乳児は哺乳後に与薬すると、満腹感のため吐き出してしまうことがあるため、哺乳前の空腹時に飲ませることが好ましい。
4.× 授乳後は仰向けではなく、側臥位やしばらく上体を起こす。なぜなら、授乳後は仰向けで寝かせると嘔吐したものを誤飲する可能性があるため。授乳後すぐに仰向けで寝かせると、曖気(あいき:げっぷのこと)や咳嗽に伴う嘔気と、吐物による誤嚥のリスクとなる。哺乳後はしばらく縦抱きをして、十分に脱気をさせる。

 

 

 

 

 

 

次の文を読み103~105の問いに答えよ。
 Aちゃん(5か月、女児)は、父親(会社員)、母親(主婦)、兄のB君(3歳)と4人家族である。近所に祖父母が住んでいる。Aちゃんは3日前から鼻汁と咳嗽があり、昨日タ方より39℃の発熱がみられ小児科外来を受診した。自宅で哺乳量の低下はなく、1日に1、2回咳嗽とともに嘔吐がみられていた。来院時、体温39.3℃、呼吸数45/分、脈拍142/分、経皮的動脈血酸素飽和度〈SpO2〉98%(room air)であった。診察と検査の結果、RSウイルスによる急性細気管支炎と診断され、去痰薬が処方された。

104 Aちゃんは、発熱が続き、哺乳量が減ってきたため2日後に再度来院した。来院時、体温39.4℃、呼吸数60/分、脈拍154/分、経皮的動脈血酸素飽和度〈SpO2〉92%(room air)、口唇色と顔色はやや不良であった。胸部エックス線撮影で肺炎像は認められない。Aちゃんは、経口摂取不良と呼吸困難のため、母親が付き添って入院することとなった。酸素吸入と点滴静脈内注射が開始された。
 入院前のAちゃんについて母親から収集すべき情報で優先度が高いのはどれか。

1.去痰薬の内服状況
2.最終排尿の時間
3.皮膚掻痒の有無
4.排便の状況

解答2

解説

1.× 去痰薬の内服状況は、優先度は低い。なぜなら、去痰薬はあくまで対症療法にすぎないため。内服ができていなかったとしても病状の悪化の直接的な原因ではない。去痰薬の内服状況も聴取すべき内容だが、選択肢に最も優先度が高いものがほかにある。
2.〇 正しい。最終排尿の時間は、優先度が最も高い。なぜなら、発熱と哺乳量も減ってきているため。最終排尿の時間を確認し、脱水状況を確認する。また、経口摂取不良および発熱、多呼吸により脱水があることが疑われるため、脱水状態の評価のため、最終排尿の時間、排尿回数、授乳回数などの情報を集めることが重要である。
3.× 皮膚掻痒の有無は、優先度は低い。なぜなら、RSウイルス感染症による急性細気管支炎とあまり関連がないため。
4.× 排便の状況は、優先度は低い。なぜなら、RSウイルス感染症による急性細気管支炎とあまり関連がないため。

 

 

 

 

 

 

次の文を読み103~105の問いに答えよ。
 Aちゃん(5か月、女児)は、父親(会社員)、母親(主婦)、兄のB君(3歳)と4人家族である。近所に祖父母が住んでいる。Aちゃんは3日前から鼻汁と咳嗽があり、昨日タ方より39℃の発熱がみられ小児科外来を受診した。自宅で哺乳量の低下はなく、1日に1、2回咳嗽とともに嘔吐がみられていた。来院時、体温39.3℃、呼吸数45/分、脈拍142/分、経皮的動脈血酸素飽和度〈SpO2〉98%(room air)であった。診察と検査の結果、RSウイルスによる急性細気管支炎と診断され、去痰薬が処方された。

105 入院後7日、Aちゃんは症状が軽快し、哺乳量も増加して翌日の金曜日に退院が決定した。母親は「Aはだいぶ元気になりました。でもBが泣いたり、かんしゃくをおこしたりすることが増えているようです。どうしたらいいでしょう」と看護師に相談した。入院中、土曜日、日曜日は父親がB君の世話をしており、平日は祖父母が世話をしているとのことであった。退院時、父親は休暇をとりAちゃんと母親を迎えに来る予定である。
 母親への看護師の対応として適切なのはどれか。

1.「B君のかかりつけ医に相談しましょう」
2.「B君の保育所への入所を検討しましょう」
3.「B君に関わる時間をたっぷりとりましょう」
4.「お兄ちゃんだから頑張りなさいと伝えましょう」

解答3

解説

1.× B君のかかりつけ医に相談する必要はない。なぜなら、かんしゃくなどはしばらく母親との関わる時間が少ないことによる反応であると考えられるため。B君の状態は母親不在による一時的なものと考えられ、B君のかかりつけ医に相談を促すよりも退院後に関わりを増やすことが優先的である。
2.× B君の保育所への入所を検討する必要はない。なぜなら、選択肢1同様に、保育所への入所を検討しても根本的な解決にはならないため。また、翌日にAちゃんの退院が決定していることから、B君を保育園に入所させる必要はない。
3.〇 正しい。「B君に関わる時間をたっぷりとりましょう」と伝えることは、母親への看護師の対応として適切である。なぜなら、入院中に関われなかった分、退院後はB君に関わる時間をたっぷりとることが大切になるため。B君は3歳であり、母親と離れて1週間過ごしていることから、母子分離による反応と考えられる。まずB君と母親がかかわる時間をたっぷりとり、安心できる環境を提供することが必要である。
4.× お兄ちゃんだから頑張りなさいと伝える必要はない。なぜなら、「お兄ちゃんだから頑張りなさい」と伝えることはB君の思いに寄り添ってないため。さらに、かんしゃくなどの行動を悪化させる可能性がある。また、B君が泣いたりかんしゃくを起こしたりすることが増えているということは、母親と離れて過ごす状況にもう頑張ることができないことを表現している。そのため、「頑張りなさい」と伝えることはB君の気持ちを理解していない対応である。

 

2 COMMENTS

吉川晴夫

問題102の選択肢1が
1.授乳前後の排気術後の看護で適切なの となっており
1.授乳前後の排気 が正しいかと思います

返信する
真菰

コメントありがとうございます。
修正しました。
今後ともよろしくお願いします!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)