第110回(R3) 看護師国家試験 解説【午前106~110】

 

次の文を読み106~108の問いに答えよ。
 Aさん(30歳、初妊婦)は、夫(32歳、会社員)と2人暮らし。身長は160cm、非妊時体重60kgである。妊娠8週の妊婦健康診査を受診し順調な経過と診断された。嘔吐はないが、時々嘔気があると訴え、対処法について質問があった。

106 Aさんへの説明で適切なのはどれか。

1.「空腹を避けましょう」
2.「塩味を濃くしましょう」
3.「規則正しく3食摂りましょう」
4.「市販の調理済みの食品は控えましょう」

解答1

解説
1.〇 正しい。空腹になると吐き気がしやすい(食べつわり)ため、空腹を避けるようにして食べれる時に食べたいものを食べるようにする。
2.× 人によってつわりは様々であり、塩味を濃くすることで嘔気が軽減するとは限らない。
3.× つわりの際は食べられるときに食べられるものを食べるようにし、規則正しく3食摂らなくてもよい。
4.× 食べられるものであれば、市販の調理済みの食品を控える必要はない。

 

 

 

 

 

 

次の文を読み106~108の問いに答えよ。
 Aさん(30歳、初妊婦)は、夫(32歳、会社員)と2人暮らし。身長は160cm、非妊時体重60kgである。妊娠8週の妊婦健康診査を受診し順調な経過と診断された。嘔吐はないが、時々嘔気があると訴え、対処法について質問があった。

107 妊娠12週の妊婦健康診査の際、「つわりが少し楽になってきて、ついつい食べてしまいます。あまり太らない方がよいですよね」と話す。
 Aさんの妊娠期間中の理想体重増加量の範囲について、下限と上限の組合せで正しいのはどれか。

1.7kg:10kg
2.7kg:12kg
3.9kg:10kg
4.9kg:12kg

解答2

解説
1.× BMIが18.5以上~25.0未満の平均的な体重の理想体重増加量の範囲は、上限が10kgではなく7kg:12kgである。
2.〇 正しい。AさんはBMIが18.5以上~25.0未満の平均的な体重であり、7kg:12kgが理想体重増加量の範囲である。
3.× BMIが18.5以上~25.0未満の平均的な体重の理想体重増加量の範囲は、7kg:12kgである。
4.× BMIが18.5以上~25.0未満の平均的な体重の理想体重増加量の範囲は、下限が9kgではなく7kg:12kgである。

 

 

 

 

 

 

次の文を読み106~108の問いに答えよ。
 Aさん(30歳、初妊婦)は、夫(32歳、会社員)と2人暮らし。身長は160cm、非妊時体重60kgである。妊娠8週の妊婦健康診査を受診し順調な経過と診断された。嘔吐はないが、時々嘔気があると訴え、対処法について質問があった。

108 Aさんは、妊娠34週4日の妊婦健康診査を受けた。Aさんの母は祖母の介護をしており、産後の支援を期待できない。妊婦健康診査後、「産後は夫と2人で子育てをしていきます。子育てのために何か利用できる制度はありますか」と相談があった。
 産後、Aさんの夫が適用となる制度はどれか。

1.育児休業
2.育児時間
3.休日労働の制限
4.勤務時間の変更

解答1

解説
1.〇 正しい。育児休業とは、子を養育する労働者が法律に基づいて取得できる休業のことであり、男性も取得可能である。
2.× 育児時間の請求権者は法律上、1歳未満の子どもを育てる女性に限られる。生後満1年に達しない生児を育てる女性は、1日2回各々少なくとも30分の育児時間を請求できる。
3.× 休日労働は妊産婦が請求した場合のみで、時間外労働、休日労働又は深夜業をさせることはできない。
4.× 勤務時間の変更は妊産婦が請求した場合であり、また妊産婦を1日及び1週間の法定労働時間を超えて労働させることはできない。

 

 

 

 

 

 

次の文を読み109~111の問いに答えよ。
 Aさん(29歳、初産婦)は、妊娠37週0日で2.780gの男児を正常分娩で出産した。出生後5分の児の状態は、心拍数150/分、四肢を屈曲させて啼泣している。顔面を清拭されると激しく啼泣し、全身はピンク色である。

109 このときの児のApgar〈アプガー〉スコアは何点か。

1.10点
2.8点
3.6点
4.4点

解答1

解説
1.〇 正しい。Apgar〈アプガー〉スコア は出生直後の新生児の状態を評価するスコアであり、①皮膚色、②心拍数、③刺激による反射、④筋緊張、⑤呼吸状態の5項目に対し、0~2点のスコアをつける。今回は全ての項目で2点なので10点である。
2.× Apgar〈アプガー〉スコアで今回は全ての項目で2点に該当するため8点ではなく、10点となる。
3.× Apgar〈アプガー〉スコアが7~4点は軽症仮死の状態である。
4.× Apgar〈アプガー〉スコアが7~4点は軽症仮死の状態である。

 

 

 

 

 

 

次の文を読み109~111の問いに答えよ。
 Aさん(29歳、初産婦)は、妊娠37週0日で2.780gの男児を正常分娩で出産した。出生後5分の児の状態は、心拍数150/分、四肢を屈曲させて啼泣している。顔面を清拭されると激しく啼泣し、全身はピンク色である。

110 出生後1時間。児の状態は、直腸温37.0℃、呼吸数40/分、心拍数120/分、経皮的動脈血酸素飽和度〈SpO2〉96%(room air)、四肢冷感やチアノーゼを認めない。哺乳は開始していない。Aさんの経過は順調である。
 このときの児への看護で適切なのはどれか。

1.ビタミンK2シロップを経口投与する。
2.風通しの良いところに児を寝かせる。
3.先天性代謝異常検査を行う。
4.早期母子接触を行う。

解答4

解説
1.× ビタミンK2シロップはビタミンK欠乏性出血症の予防のため、①出生時、②生後1週間(産院退院時)、③生後1か月健診時の計3回のタイミングで経口投与する。
2.× 新生児は体温調節機能や呼吸機能、免疫機能などさまざまな面で未熟なため、温度と湿度が保たれた清潔な場所に寝かせる。
3.× 先天性代謝異常検査は、日齢4~6日(誕生日を0日)頃に少量の血液で検査する。
4.〇 正しい。早期母子接触を行うことで、呼吸が規則的になり、状態が安定し自然な状態でお腹の外での生活に適応できるようになる。母親側も赤ちゃんへの愛情が深まりや母としての実感が持てるようになる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)