第110回(R3) 看護師国家試験 解説【午前106~110】

 

次の文を読み106~108の問いに答えよ。
 Aさん(30歳、初妊婦)は、夫(32歳、会社員)と2人暮らし。身長は160cm、非妊時体重60kgである。妊娠8週の妊婦健康診査を受診し順調な経過と診断された。嘔吐はないが、時々嘔気があると訴え、対処法について質問があった。

106 Aさんへの説明で適切なのはどれか。

1.「空腹を避けましょう」
2.「塩味を濃くしましょう」
3.「規則正しく3食摂りましょう」
4.「市販の調理済みの食品は控えましょう」

解答1

解説

1.〇 正しい。「空腹を避けましょう」:なぜなら、空腹になると吐き気がしやすい(食べつわり)ため。Aさんの症状はつわりと考えられる。胃が空になると胃酸が出て、むかつきを感じやすくなる。空腹を避けるようにして食べれる時に食べたいものを食べるようにする。また、空腹を感じる前に少しずつ食べて、空腹を避けることが望ましい。
2.× 塩味を濃くする必要はない。なぜなら、妊娠中の塩分の推奨摂取量は非妊時と変わらないため。また、人によってつわりは様々であり、塩味を濃くすることで嘔気が軽減するとは限らない。一般的に酸味がある食材や料理が好まれる傾向にあり、味付けの工夫として勧めることがある。
3.× 規則正しく3食摂る必要はない。なぜなら、食生活を規則正しく整えることや栄養のバランスを考えるより、食べたいときに食べられるものを少量ずつ食べるほうがよいため。つわりの際は食べられるときに食べられるものを食べるようにし、規則正しく3食摂らなくてもよい。症状に合わせて食事の摂り方を工夫することが必要である。
4.× 市販の調理済みの食品は控える必要はない。なぜなら、調理中のにおいがつわりを誘発する場合があるため。食べられるものであれば、市販の調理済みの食品でもよい。また、料理にあまり時間をかけず、人につくってもらったり外食にしたりする工夫は勧められる。妊婦の嗜好に応じた調理済み食品を選択して利用することもよい。

 

 

 

 

 

 

次の文を読み106~108の問いに答えよ。
 Aさん(30歳、初妊婦)は、夫(32歳、会社員)と2人暮らし。身長は160cm、非妊時体重60kgである。妊娠8週の妊婦健康診査を受診し順調な経過と診断された。嘔吐はないが、時々嘔気があると訴え、対処法について質問があった。

107 妊娠12週の妊婦健康診査の際、「つわりが少し楽になってきて、ついつい食べてしまいます。あまり太らない方がよいですよね」と話す。
 Aさんの妊娠期間中の理想体重増加量の範囲について、下限と上限の組合せで正しいのはどれか。

1.7kg:10kg
2.7kg:12kg
3.9kg:10kg
4.9kg:12kg

解答2

解説

妊娠全期間を通しての推奨体重増加量

①BMI18.5以下:9~12㎏
②BMI18.5~25:7~12
③BMI25以上:個別対応

現在のAさんのBMIは、23.4である。普通(18.5以上25.0未満)の範囲にある。
体重増加量は、7~12kgの範囲に収まるのが望ましい。

したがって、選択肢2.7kg:12kgがAさんの妊娠期間中の理想体重増加量の範囲について、下限と上限の組合せで正しい。

 

 

 

 

 

 

次の文を読み106~108の問いに答えよ。
 Aさん(30歳、初妊婦)は、夫(32歳、会社員)と2人暮らし。身長は160cm、非妊時体重60kgである。妊娠8週の妊婦健康診査を受診し順調な経過と診断された。嘔吐はないが、時々嘔気があると訴え、対処法について質問があった。

108 Aさんは、妊娠34週4日の妊婦健康診査を受けた。Aさんの母は祖母の介護をしており、産後の支援を期待できない。妊婦健康診査後、「産後は夫と2人で子育てをしていきます。子育てのために何か利用できる制度はありますか」と相談があった。
 産後、Aさんの夫が適用となる制度はどれか。

1.育児休業
2.育児時間
3.休日労働の制限
4.勤務時間の変更

解答1

解説

1.〇 正しい。育児休業は、産後、Aさんの夫が適用となる制度である。育児休業とは、子を養育する労働者が法律に基づいて取得できる休業のことであり、男性も取得可能である。育児休業は『育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律(育児・介護休業法)』に規定されている。育児休業は、子の父母のいずれもが対象となり、父母本人の申し出により適用される。
2.× 育児時間は、『労働基準法』に女性労働者条項として規定されている。乳児(生後満1年に達しない生児)を育てている女性は1日2回、各30分以上の育児時間を請求できる。
3.× 休日労働の制限は、『労働基準法』に女性労働者条項として規定されている。妊産婦が請求した場合のみ、時間外労働(1日8時間、1週冊時間を超えた労働)、休日労働、深夜業をさせてはならないとして規定されている。
4.× 勤務時間の変更は、『雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律(男女雇用機会均等法)』に規定されている。女性労働者が保健指導や健康診査に基づく指導事項を守ることができるようにするため、勤務時間の軽減や母親学級・妊婦健康診査参加時間の確保、時差出勤など必要な措置を講じなければならないと規定されている。また、妊産婦を1日及び1週間の法定労働時間を超えて労働させることはできないとある。

 

 

 

 

 

 

次の文を読み109~111の問いに答えよ。
 Aさん(29歳、初産婦)は、妊娠37週0日で2.780gの男児を正常分娩で出産した。出生後5分の児の状態は、心拍数150/分、四肢を屈曲させて啼泣している。顔面を清拭されると激しく啼泣し、全身はピンク色である。

109 このときの児のApgar〈アプガー〉スコアは何点か。

1.10点
2.8点
3.6点
4.4点

解答1

解説

(※画像引用:ナース専科様HPより)

 

1.〇 正しい。Apgar〈アプガー〉スコア は出生直後の新生児の状態を評価するスコアであり、①皮膚色、②心拍数、③刺激による反射、④筋緊張、⑤呼吸状態の5項目に対し、0~2点のスコアをつける。本症例は、心拍数100回/分以上、皮膚色は全身ピンク、四肢を屈曲させていることから筋緊張は良好、啼泣が強いことから呼吸および刺激への反応良好と考えることができる。今回は全ての項目で2点なので10点である。
2~4.8~4点ではない。四肢の屈曲が正常より弱いとの記載はない、刺激に対する反応についても、激しく啼泣していることから、どちらも2点のスコアをつけることができる。ちなみに、Apgar〈アプガー〉スコアが7~4点は軽症仮死の状態である。

 

 

 

 

 

 

次の文を読み109~111の問いに答えよ。
 Aさん(29歳、初産婦)は、妊娠37週0日で2.780gの男児を正常分娩で出産した。出生後5分の児の状態は、心拍数150/分、四肢を屈曲させて啼泣している。顔面を清拭されると激しく啼泣し、全身はピンク色である。

110 出生後1時間。児の状態は、直腸温37.0℃、呼吸数40/分、心拍数120/分、経皮的動脈血酸素飽和度〈SpO2〉96%(room air)、四肢冷感やチアノーゼを認めない。哺乳は開始していない。Aさんの経過は順調である。
 このときの児への看護で適切なのはどれか。

1.ビタミンK2シロップを経口投与する。
2.風通しの良いところに児を寝かせる。
3.先天性代謝異常検査を行う。
4.早期母子接触を行う。

解答4

解説

1.× ビタミンK2シロップを経口投与する必要はない。新生児は体内のビタミンK貯蔵量が少ない。ビタミンK欠乏による新生児頭蓋内出血や消化管出血を予防するため、生後数回にわたりビタミンKを投与する。初回投与は数回の哺乳を経て、哺乳の確立を確かめてから摂取させる。本症例は、設問より「哺乳は開始していない。」という情報が読み取れる。
2.× 風通しの良いところに児を寝かせる必要はない。なぜなら、新生児は体温調節機能や呼吸機能、免疫機能などさまざまな面で未熟なため。温度と湿度が保たれた清潔な場所に寝かせる。健康な状態で出生した新生児は、保温が不可欠である。体温が奪われると熱を産生するためにエネルギー消費が進み、低血糖症状などを招くリスクもある。
3.× 先天性代謝異常検査を行う必要はない。なぜなら、生後4日目より以前には行わないため。先天性代謝異常検査は、通常生後5日前後に採血して先天性代謝異常の有無を調べるスクリーニング検査である。日齢4~6日(誕生日を0日)頃に少量の血液で検査する。
4.〇 正しい。早期母子接触を行うことは、このときの児への看護で適切である。なぜなら、早期母子接触を行うことで、呼吸が規則的になり、状態が安定し自然な状態でお腹の外での生活に適応できるようになるため母親側も赤ちゃんへの愛情が深まりや母としての実感が持てるようになる。他にも、母児の健康状態安全が確認されているもとでの早期母子接触は、児の体温や血糖値の安定、哺乳行動の促進や黄疸予防、母体の子宮収縮促進に加え、愛着形成に繋がるなど、母児へのメリットが上げられる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)