第110回(R3) 看護師国家試験 解説【午前11~15】

 

11 後頭葉にあるのはどれか。

1.嗅覚野
2.視覚野
3.聴覚野
4.体性感覚野

解答2

解説

1.× 嗅覚野は側頭葉にある。
2.〇 正しい。視覚野は後頭葉にある。網膜で感知された視覚情報を受ける。
3.× 聴覚野は側頭葉にある。
4.× 体性感覚野は頭頂葉にあり、末梢神経で感知された感覚を受ける。

 

 

 

 

 

 

12 胃から分泌される消化管ホルモンはどれか。

1.ガストリン
2.セクレチン
3.胃抑制ペプチド
4.コレシストキニン

解答1

解説

1.〇 正しい。ガストリンは、胃から分泌される消化管ホルモンである。ガストリンは胃幽門前庭部と十二指腸上部のG細胞から分泌され、胃酸・ペプシノーゲンの分泌促進や胃運動促進の作用がある。
2.× セクレチンは、十二指腸のS細胞から分泌される。胃酸分泌抑制や炭酸水素イオン分泌促進の作用がある。
3.× 胃抑制ペプチド(グルコース依存性インスリン分泌刺激ポリペプチド)は、十二指腸と上部小腸から分泌される。胃液分泌抑制、インスリン分泌促進の作用がある。
4.× コレシストキニンは、十二指腸と上部小腸から分泌される。膵酵素分泌促進、胆嚢収縮作用がある。

 

 

 

 

 

 

13 キューブラー・ロス.E.による死にゆく人の心理過程で第5段階はどれか。

1.怒り
2.否認
3.死の受容
4.取り引き

解答3

解説

死にゆく人の心理過程とは?

死にゆく人の心理過程とは、キューブラー・ロスによって提唱され、人が死を自覚したときから死を受容するまでのこころの反応とその経過が示されている。第1段階「否認」、第2段階「怒り」、第3段階「取り引き」、第4段階「抑うつ」、第5段階「受容」とされているが、段階的に一方向に移行するというよりは、重なり合ったり、行ったり来たりを繰り返しながら進み、必ずしも「受容」に至るとは限らないとされている。

1.× 怒りは第2段階である。死にゆく運命が否定できないと理解できたものの「なぜ自分だけが」「どうして死ななければいけないのか」など、強い怒りを覚える。
2.× 否認は第1段階である。死にゆく運命に衝撃を受け、理解しようとするものの感情的にその事実を否定しようとする。
3.〇 正しい。死の受容は第5段階である。死を受け入れ、心に平穏が訪れ、人生の終わりを静かに迎える段階である。ちなみに、第4段階の「抑うつ」は、死を回避できないと悟り、絶望に打ちひしがれ、人生を悲観し、憂響な気分となること。
4.× 取り引きは第3段階である。死にゆく運命を理解したが、改心による死の回避や死期の延長を神仏などにすがり、取り引きをしようとする段階である。

 

 

 

 

 

 

14 肝性脳症の直接的原因はどれか。

1.尿酸
2.アンモニア
3.グルコース
4.ビリルビン

解答2

解説

肝性脳症とは?

肝性脳症とは、体内に発生した、もしくは腸管から吸収された中毒性物質が、肝硬変や門脈-大循環シャントにより、肝臓で解毒されることなく中枢神経に到達することで、さまざまな精神・神経症状が生じる症候群をいう。つまり、正常な肝なら代謝されるはずの有害物質(アンモニアなど)が脳に達することによって生じる合併症である。

1.× 尿酸は、痛風の原因物質である。
2.〇 正しい。アンモニアは、肝性脳症の直接的原因である。アンモニアは主に腸内細菌によって産生されたのち、肝臓にて尿素に解毒され、尿とともに体外に排泄される。肝機能の低下により処理しきれなくなったアンモニアが、肝性脳症の発生因子のひとつとされている。
3.× グルコースの欠乏により血糖値が低下すると、低血糖発作昏睡状態が引き起こされる。肝硬変などにより肝機能が低下すると、肝臓内のグリコーゲン貯留量が減少したり糖新生が抑制されたりして、グリコーゲンの分解によるグルコースの増加反応が乏しくなる。
4.× 非代償性肝硬変や肝不全によるビリルビンの増加により黄疸を生じる。

 

 

 

 

 

 

15 喀血の特徴はどれか。

1.酸性である。
2.泡沫状である。
3.食物残溢を含む。
4.コーヒー残澄様である。

解答2

解説

喀血の特徴

口から血を排出する場合

①喀血[下気道(気管支肺)からの出血]

②吐血(上部消化管からの出血)がある。

1.× 酸性であるのは、吐血(上部消化管出血)の特徴である。なぜなら、胃液が混在しているため。喀血の成分は血液そのものであり、中性~アルカリ性である。
2.〇 正しい。泡沫状であるのは、喀血の特徴である。なぜなら、喀血は咳嗽とともに喀出され、呼気と混合されるため。
3.× 食物残溢を含むのは、吐血(上部消化管出血)の特徴である。ちなみに、喀血は食物残渣を含まない。
4.× コーヒー残澄様であるのは、吐血(上部消化管出血)の特徴である。なぜなら、胃酸により酸化されるため。暗褐色~コーヒー残渣様(黒色)になることが多い。ただし、食道静脈癌破裂による大量吐血では、血液が胃を経由せずに直接吐出されるため、鮮紅色になることがある。ちなみに、喀血の色調は鮮紅色である。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)