第110回(R3) 看護師国家試験 解説【午後116~120】

 

次の文を読み115~117の問いに答えよ。
 Aさん(37歳、男性)は妻(40歳、会社員)と2人暮らし。筋強直性ジストロフィーで週5回の訪問介護を利用していた。1か月前に傾眠傾向が著明となり入院して精査した結果、睡眠時無呼吸に対して夜間のみフェイスマスクを用いた非侵襲的陽圧換気療法が導入された。Aさんは四肢遠位筋に筋萎縮と筋力低下があるが、室内の移動は電動車椅子を操作して自力で行え、食事も準備すれば妻と同じものを摂取できる。
 退院後、週1回午後に訪問看護が導入されることになった。

116 退院前カンファレンスで、訪問介護の担当者から、これまでと同様に退院後も昼食の準備と後始末、口腔ケア、入浴介助を行う予定と発言があった。訪問看護師は訪問介護の担当者に、Aさんの状態の変化に気付いたら連絡がほしいと協力を求めた。
 訪問介護の担当者に説明するAさんの状態の変化で、特に注意が必要なのはどれか。

1.傾眠傾向
2.眼の充血
3.口腔内の乾燥
4.食事摂取量の低下

解答1

解説
1.〇 正しい。傾眠傾向
2.× 眼の充血
3.× 口腔内の乾燥
4.× 食事摂取量の低下

 

 

 

 

 

 

次の文を読み115~117の問いに答えよ。
 Aさん(37歳、男性)は妻(40歳、会社員)と2人暮らし。筋強直性ジストロフィーで週5回の訪問介護を利用していた。1か月前に傾眠傾向が著明となり入院して精査した結果、睡眠時無呼吸に対して夜間のみフェイスマスクを用いた非侵襲的陽圧換気療法が導入された。Aさんは四肢遠位筋に筋萎縮と筋力低下があるが、室内の移動は電動車椅子を操作して自力で行え、食事も準備すれば妻と同じものを摂取できる。
 退院後、週1回午後に訪問看護が導入されることになった。

117 退院後1週、訪問看護師はAさんの鼻根部の皮膚に発赤があることに気付いた。
 訪問看護師の妻への対応で適切なのはどれか。

1.「鼻マスクに変更しましょう」
2.「発赤部位は洗わないようにしましょう」
3.「人工呼吸器の装着時間は短くしましょう」
4.「フェイスマスクのベルトは指が2本入る程度に固定しましょう」

解答4

解説
1.× 「鼻マスクに変更しましょう」
2.× 「発赤部位は洗わないようにしましょう」
3.× 「人工呼吸器の装着時間は短くしましょう」
4.〇 正しい。「フェイスマスクのベルトは指が2本入る程度に固定しましょう」

 

 

 

 

 

 

次の文を読み118~120の問いに答えよ。
 Aさん(88歳、男性)は、10年前に脳梗塞を発症し左半身麻痺の後遺症がある。杖歩行はでき、要介護2で介護保険サービスを利用中である。Aさんが最近食欲がなく、水分もあまり摂らず、いつもと様子が違うことを心配した妻がAさんに付き添って受診した。
 身体所見:呼びかけに対して返答はあるが反応はやや遅い。麻痺の症状に変化はない。
バイタルサインは、体温37.5℃、呼吸数20/分、脈拍100/分、血圧140/60mmHg、経皮的動脈血酸素飽和度〈SpO2〉98%(room air)。
 検査所見:赤血球410万/μL、白血球6.800/μL、Ht50%、総蛋白6.5g/dL、尿素窒素25mg/dL、Na150mEq/L、K3.8mEq/L、血糖値110mg/dL、CRP0.01mg/dL。胸部エックス線写真に異常なし。

118 Aさんの状態をアセスメントするために、外来看護師が収集すべき情報で優先度が高いのはどれか。

1.口渇感
2.呼吸音
3.尿比重
4.腹部膨満感

解答3

解説
1.× 口渇感
2.× 呼吸音
3.〇 正しい。尿比重
4.× 腹部膨満感

 

 

 

 

 

 

次の文を読み118~120の問いに答えよ。
 Aさん(88歳、男性)は、10年前に脳梗塞を発症し左半身麻痺の後遺症がある。杖歩行はでき、要介護2で介護保険サービスを利用中である。Aさんが最近食欲がなく、水分もあまり摂らず、いつもと様子が違うことを心配した妻がAさんに付き添って受診した。
 身体所見:呼びかけに対して返答はあるが反応はやや遅い。麻痺の症状に変化はない。
バイタルサインは、体温37.5℃、呼吸数20/分、脈拍100/分、血圧140/60mmHg、経皮的動脈血酸素飽和度〈SpO2〉98%(room air)。
 検査所見:赤血球410万/μL、白血球6.800/μL、Ht50%、総蛋白6.5g/dL、尿素窒素25mg/dL、Na150mEq/L、K3.8mEq/L、血糖値110mg/dL、CRP0.01mg/dL。胸部エックス線写真に異常なし。

119 Aさんは入院となり、点滴静脈内注射が開始された。入院当日の夜間、Aさんは「ここはどこか、家に帰る」などと言い、点滴ラインを触ったり杖を使わずにトイレに1人で行こうとしたりして落ち着かず、ほとんど眠っていなかったと夜勤の看護師から日勤の看護師に申し送りがあった。
 日勤でAさんを受け持つ看護師の対応として適切なのはどれか。2つ選べ。

1.時計をAさんから見える場所に置く。
2.主治医にAさんの退院について相談する。
3.日中はAさんにスタッフステーションで過ごしてもらう。
4.点滴ラインがAさんの視界に入らないようにする。
5.日中はAさんの病室の窓のカーテンを閉めておく。

解答1/4

解説
1.〇 正しい。時計をAさんから見える場所に置く。
2.× 主治医にAさんの退院について相談する。
3.× 日中はAさんにスタッフステーションで過ごしてもらう。
4.〇 正しい。点滴ラインがAさんの視界に入らないようにする。
5.× 日中はAさんの病室の窓のカーテンを閉めておく。

 

 

 

 

 

 

次の文を読み118~120の問いに答えよ。
 Aさん(88歳、男性)は、10年前に脳梗塞を発症し左半身麻痺の後遺症がある。杖歩行はでき、要介護2で介護保険サービスを利用中である。Aさんが最近食欲がなく、水分もあまり摂らず、いつもと様子が違うことを心配した妻がAさんに付き添って受診した。
 身体所見:呼びかけに対して返答はあるが反応はやや遅い。麻痺の症状に変化はない。
バイタルサインは、体温37.5℃、呼吸数20/分、脈拍100/分、血圧140/60mmHg、経皮的動脈血酸素飽和度〈SpO2〉98%(room air)。
 検査所見:赤血球410万/μL、白血球6.800/μL、Ht50%、総蛋白6.5g/dL、尿素窒素25mg/dL、Na150mEq/L、K3.8mEq/L、血糖値110mg/dL、CRP0.01mg/dL。胸部エックス線写真に異常なし。

120 入院から1週が経過し、Aさんのバイタルサインなどは正常となり、食事も摂取できるようになった。Aさんの妻は「先生からそろそろ退院できるといわれましたが、夫はほとんどベッド上で過ごしており、トイレまで歩けそうにありません。これで退院できるか不安です」と看護師に話した。現在のAさんの日常生活動作〈ADL〉は、起立時にふらつきがみられ、歩行は不安定である。ポータブルトイレを使用して排泄している。
 現在のAさんの状況から、退院に向けて看護師が連携する者で適切なのはどれか。2つ選べ。

1.薬剤師
2.民生委員
3.管理栄養士
4.理学療法士
5.介護支援専門員

解答4/5

解説
1.× 薬剤師
2.× 民生委員
3.× 管理栄養士
4.〇 正しい。理学療法士
5.〇 正しい。介護支援専門員

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)