第110回(R3) 看護師国家試験 解説【午前16~20】

 

16 緩和ケアの説明で適切なのはどれか。

1.入院が原則である。
2.家族もケアの対象である。
3.創の治癒を目的としている。
4.患者の意識が混濁した時点から開始する。

解答2

解説

緩和ケアの定義

 緩和ケアとは、生命を脅かす病に関連する問題に直面している患者とその家族のQOLを、痛みやその他の身体的・心理社会的・スピリチュアルな問題を早期に見出し的確に評価を行い対応することで、苦痛を予防し和らげることを通して向上させるアプローチである。(世界保健機関:WHO 2002年提唱)

 ちなみに、国内においては緩和ケア関連団体会議が前述の日本語定訳を作成した。

1.× 入院が原則ではない。なぜなら、緩和ケアは入院に限らず、通院や在宅療養でも受けることができるため。携わるスタッフは病状・患者や家族の希望・自宅環境などを総合的に考え、常に適切なケアが提供されるように努める。
2.〇 正しい。家族もケアの対象である。根拠として、WHOの緩和ケアの要件として、患者の療養中から死別後まで家族が対処できるように支援体制を提供することが挙げられている。ちなみに、家族専用の「家族外来」が設置されている施設もある。
3.× 創の治癒のみ目的ではない。身体的ケアはもちろんだが、心理社会的・スピリチュアルなケアも緩和ケアも含まれている。
4.× 患者の意識が混濁した時点から開始する必要はない。なぜなら、緩和ケアは苦痛を予防・和らげることを通して、身体的・心理社会的・スピリチュアルな問題に対処することで生活の質(QOL)を向上させるアプローチであるため。このため、必要とする患者や家族に対して、診断時から治療と並行して緩和ケアを提供することが求められている。つまり、がんの場合、診断された時点から緩和ケアを受けることが可能である。

緩和ケアのポイント

・痛みやその他のつらい症状を和らげる。
・生命を肯定し、死にゆくことを自然な過程と捉える。
・死を早めようとしたり遅らせようとしたりするものではない。
・心理的およびスピリチュアルなケアを含む。
・患者が最期までできる限り能動的に生きられるように支援する体制を提供する。
・患者の病の間も死別後も、家族が対処していけるように支援する体制を提供する。
・患者と家族のニーズに応えるためにチームアプローチを活用し、必要に応じて死別後のカウンセリングも行う。
・QOLを高める。さらに、病の経過にも良い影響を及ぼす可能性がある。
・病の早い時期から化学療法や放射線療法などの生存期間の延長を意図して行われる治療と組み合わせて適応でき、つらい合併症をよりよく理解し対処するための精査も含む。

(※参考:「WHO(世界保健機関)による緩和ケアの定義(2002年)」定訳作成について)

 

 

 

 

 

 

17 カルシウム拮抗薬の血中濃度を上げる食品はどれか。

1.牛乳
2.納豆
3.ブロッコリー
4.グレープフルーツ

解答4

解説

1.× 牛乳(カルシウム)は、ニューキノロン系抗菌薬やテトラサイクリン系抗菌薬など(抗菌作用)の吸収が妨げられ、効果が減弱する。
2.× 納豆(ビタミンK)は、ワルファリンカリウムなど(抗凝固薬)の作用が減弱する。
3.× ブロッコリー(ビタミンK)は、ワルファリンカリウムなど(抗凝固薬)の作用が減弱する。
4.〇 正しい。グレープフルーツ(天然フラボノイド成分)は、カルシウム拮抗薬の血中濃度を上げる食品である。天然フラボノイド成分は、CYP3A4という酵素の働きが抑えられ、カルシウム(Ca)拮抗薬の分解が遅くなるため、血中濃度が上昇する。これにより、血圧が異常に下がってしまう危険性がある。

 

 

 

 

 

 

18 患者の主観的情報はどれか。

1.苦悶様の顔貌
2.息苦しさの訴え
3.飲水量
4.脈拍数

解答2

解説

患者の情報

・「主観的情報」:対象者から得られる情報。

・「客観的情報」:医療者の観察から得て解釈した情報。

1.× 苦悶様の顔貌(表情)は、客観的情報である。なぜなら、看護師の観察によって得られる情報であるため。
2.〇 正しい。息苦しさの訴えは、主観的情報である。なぜなら、息苦しさの訴えは対象者自身が発した訴えであるため。
3.× 飲水量は、客観的情報である。なぜなら、看護師の測定によって得られる情報であるため。
4.× 脈拍数は、客観的情報である。なぜなら、看護師の測定によって得られる情報であるため。

 

 

 

 

 

 

19 健康な成人における1日の平均尿量はどれか。

1.100mL
2.500mL
3.1.500mL
4.2.500mL

解答3

解説

尿について

尿は腎臓で血液が濾過されつくられたものであり、生体内代謝産物を体外へ排泄するために必要不可欠である。生体内代謝産物を排泄するために、健康人では体重1kgあたり、1時間に約1mLの尿が排泄されるとされている。通常尿量は成人では一日1000~1500mLである。 膀胱は通常100~150mLで最初の尿意(初発尿意)を感じる。

1.× 100mL以下の場合、無尿と定義される。
2.× 500mLは、平均尿量に比べて少ない。ちなみに、400mL以下の場合、乏尿と定義され。
3.〇 正しい。1.500mLは、健康な成人における1日の平均尿量である。生体内代謝産物を排泄するためには1日最低400~500mLの尿量が必要であり、通常はそのうえで水分の摂取と喪失のバランスにより尿量は変動する。
4.× 2.500mLは、平均尿量に比べて多い。ちなみに、3000mL以上の場合、多尿と定義される

 

 

 

 

 

 

20 足浴に使用する湯の温度で最も適切なのはどれか。

1.26~28℃
2.32~34℃
3.38~40℃
4.44~46℃

解答3

解説
1.× 26~28℃は、冷たく感じ、皮膚温上昇やリラクセーションの効果は得られない。
2.× 32~34℃は、ぬるく感じ、皮膚温上昇やリラクセーションの効果は得られない。
3.〇 正しい。38~40℃は、足浴に使用する湯の温度で最も適切である。
4.× 44~46℃は、熱傷のおそれがある。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)