第110回(R3) 看護師国家試験 解説【午後16~20】

 

16 ループ利尿薬について正しいのはどれか。

1.作用発現が速い。
2.眠前の服用が望ましい。
3.抗不整脈薬として用いられる。
4.副作用〈有害事象〉に高カリウム血症がある。

解答1

解説

ループ利尿薬とは?

ループ利尿薬は、腎臓の尿細管にあるNa-K-2Cl輸送体を阻害することにより、ナトリウムの排泄を促すものである。降圧薬としても用いられる。

1.〇 正しい。作用発現が速い。ほかの利尿薬よりも作用の発現は早い。
2.× 眠前の服用ではなく、朝もしくは日中が望ましい。なぜなら、寝る前に服用すると夜間多尿となり、生活の質を下げることになるため。
3.× 抗不整脈薬ではなく、ナトリウムの排泄として用いられる。むしろ、カリウムも低下するため、不整脈の誘発に注意する必要がある。
4.× 副作用〈有害事象〉に高カリウム血症ではなく低カリウム血症がある。なぜなら、ナトリウムとともに、カリウムも排泄するため。

 

 

 

 

 

 

17 経口投与後の薬物が初回通過効果を受ける場所はどれか。

1.胃
2.肝臓
3.小腸
4.腎臓

解答2

解説

経口投与薬とは?

経口投与薬は、消化管より吸収され、門脈を経て肝臓に達し、血中タンパク質との抱合などによる代謝を受けて、全身に循環する。その後、薬物およびその代謝物は、肝臓(胆汁)や腎臓(尿)より排出される。空腹時に服用する薬、食後に服用する薬、特定の他の薬と併用してはいけない薬、経口投与できない薬などに分けられる。

1.× 胃は、薬物の崩壊・溶解が行われ、吸収にかかわる。
2.〇 正しい。肝臓は、経口投与後の薬物が初回通過効果を受ける場所である。初回通過効果とは、全身循環に入る前に肝臓で代謝されることである。肝臓では、内服薬の血中タンパク質との抱合などによる代謝が行われた後、全身に循環する。
3.× 小腸は薬物の吸収にかかわる。
4.× 腎臓は薬物の排泄にかかわる。

 

詳しく勉強したい方はこちら↓

【看護師国家試験】薬物の投与経路について完全解説

 

 

 

 

 

 

18 自力での摂取が困難な成人患者の食事介助で適切なのはどれか。

1.水分の少ない食べ物を準備する。
2.時間をかけずに次々と食物を口に入れる。
3.患者に食事内容が見える位置に食器を配置する。
4.患者の下顎が上がるよう高い位置からスプーンを操作する。

解答3

解説
1.× 水分の少ない食べ物ではなく、「ある程度水分があって軟らかい食べ物」を準備する。なぜなら、水分の少ない食べ物は滑りが悪く飲み込みにくいため。
2.× 逆である。時間をかけず次々と食物を口に入れるのではなく、時間をかけよく咀嚼し、1回分をしっかり飲み込んだことを確認してから次の食物を口腔内に入れる。なぜなら、誤嚥を防ぐため。
3.〇 正しい。患者に食事内容が見える位置に食器を配置する。なぜなら、患者が食事の時間であることを意識でき、また目でも食事を楽しめ食欲が増進されるため。
4.× 逆である。患者の下顎が上がるよう高い位置からスプーンを操作するのではなく、患者の下顎が下がるよう低い位置からスプーンを操作する。なぜなら、患者の下顎が上がる状態にすると咽頭部が直線的になり、喉頭蓋が閉まりにくく食物が気管に流れやすくなるため。つまり誤嚥しやすくなる。

 

 

 

 

 

 

19 フィジカルアセスメントにおいて触診で有無を判断するのはどれか。

1.腱反射
2.瞳孔反射
3.腸蠕動運動
4.リンパ節の腫脹

解答4

解説
1.× 腱反射は、骨格筋の腱をハンマーで叩打し反射を観察する。ちなみに、腱反射が亢進している場合は、上位ニューロンの障害を疑い、減弱または消失している場合には、反射弓の障害を疑う。
2.× 瞳孔反射(対光反射)は、瞳孔にを入れ、縮瞳を観察する。光を当てた側が縮瞳することを直接対光反射、光を当てていない側が縮瞳することを問接対光反射という。対光反射の求心路(入力系)は視神経であり、遠心路(出力系)は動眼神経である。
3.× 腸蠕動運動は、聴診で確認する。腸音が1分間聴取されない場合を減弱、5分間聴取されない場合を消失とする。減弱時は腸管癒着や腸捻転による機械的イレウスを疑う、腸管の運動麻陣が起きると腸音は消失する。
4.〇 正しい。リンパ節の腫脹は触診で有無を判断する。リンパ節は局所の炎症や感染症によって腫脹する。片側ずつ円を描くように触診する。

 

 

 

 

 

20 患者の洗髪の介助方法で適切なのはどれか。

1.30℃の湯をかける。
2.脱脂綿で耳栓をする。
3.指の腹を使って洗う。
4.強い振動を加えて洗う。

解答3

解説
1.× 30℃ではなく、40±1℃の湯をかける。患者に聞きながら温度は調整するが、30℃の湯では温度が低く、患者は冷たいと感じて不快であることが多い。
2.× 耳栓は、脱脂綿ではなく撥水性の高い青梅綿を用いる。脱脂綿は、吸水性の高いため好ましくない。また、患者が好まなければ耳栓をしなくてもよい。
3.〇 正しい。指の腹を使って洗う。指の腹を使って頭皮をマッサージするように洗う。毛根の汚れが除去されるうえに、頭皮の血流が促進される。
4.× 強い振動を加えて洗う必要はない。なぜなら、頭部を強く振動させるとめまいや悪心の原因となる。片手で頭部を支えて安定させ、大きく揺らさないように洗う。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)