第110回(R3) 看護師国家試験 解説【午前31~35】

 

31 ソーシャルサポートのうち、情緒的サポートはどれか。

1.傾聴する。
2.情報提供する。
3.外出に付き添う。
4.経済的支援をする。

解答1

解説

ソーシャルサポート(社会的支援)とは?

ソーシャルサポート(社会的支援)とは、個人のよりよい状態を支えるための心理的・物理的資源のことである。ストレッサーがあっても周りの人からサポートを受けることによって、そのストレッサーを前向きにとらえられるようになることや、うまく対処(コーピング)できることにつながる。

1.〇 正しい。傾聴するのは、情緒的サポートにあたる。共感を示すことで他者との情緒的なつながりを築く援助である。
2.× 情報提供するのは、情報的サポートである。手段的サポートは、①道具的サポートと②情報的サポートに分けられる。
3.× 外出に付き添うのは、道具的サポートである。労働の直接的な援助にあたる。
4.× 経済的支援をするのは、道具的サポートである。金銭や物資などの直接的な援助にあたる。

ソーシャルサポートとは?

ソーシャルサポート(社会的支援)は、個人のよりよい状態を支えるための心理的・物理的資源を指す。人間関係や社会的ネットワークも含まれる。種類は、(1)手段的サポート(①道具的サポート、②情報的サポート)、(2)情緒的サポート(③情緒的サポート、④評価的サポート)に分類される。

①道具的サポート:物資、金銭、労働等、形のある直接的な支援。
②情報的サポート:問題解決に役立つ情報提供、アドバイスなどの支援。
③情緒的サポート:愛情、共感等、他者との情緒的なつながりを築くための支援。
④評価的サポート:賛成、称賛等。自己評価のために役立つ支援

 

 

 

 

 

 

32 看護過程における情報収集で適切なのはどれか。

1.既往歴は情報に含めない。
2.看護計画立案後も情報収集を継続する。
3.看護問題を特定してから情報収集を開始する。
4.不安の内容はclosed question〈閉じた質問〉で情報収集する。

解答2

解説
1.× 既往歴も情報に含める。なぜなら、既往歴は過去の病歴(入院や治療経過など)を知れるため。
2.〇 正しい。看護計画立案後も情報収集を継続する。患者の状態は常に変化するものであるため、常に新たな情報を補足していく必要がある。
3.× 看護問題を特定する前から情報収集を開始する。情報を得た後、分析・データ解釈を行い、看護の視点から解決していくべき問題(看護問題)を明らかにする。情報が少ない状態で看護問題を特定することは困難である。
4.× 不安の内容はclosed question〈閉じた質問〉ではなく、open endedquestion〈開かれた質問〉で中心に情報収集する。ただし、言葉が出にくい患者や表現に困っている患者の場合は、その限りではない。

 

 

 

 

 

 

33 漸進的筋弛緩法の目的はどれか。

1.気道の確保
2.緊張の緩和
3.麻痺の改善
4.全身麻酔の導入

解答2

解説

漸進的筋弛緩法とは?

漸進的筋弛緩法(読み方:ぜんしんてききんしかんほう)とは、内科・精神科医であり生理学者のエドモンド・ジェイコブソンが1920年代初めに開発した「筋肉の緊張状態を制御し観察して学習する技術」である。 特定の筋肉の緊張と弛緩を意識的に繰り返し行うことにより身体のリラックスを導く方法としても利用される。つまり、リラクセーション技法として用いられる。

1.3~4.× 気道の確保/麻痺の改善/全身麻酔の導入の目的では用いられない
2.〇 正しい。緊張の緩和は、漸進的筋弛緩法の目的である。漸進的筋弛緩法は、骨格筋の緊張の高まっている状態と緊張の緩んでいる状態の感覚の違いを識別することによって、不安や緊張の緩和を目的とするリラクセーション技法である。

 

 

 

 

 

 

34 尿失禁の種類と対応の組合せで正しいのはどれか。

1.溢流性尿失禁:排尿間隔の記録
2.機能性尿失禁:骨盤底筋訓練
3.切迫性尿失禁:下腹部への軽い刺激
4.反射性尿失禁:間欠的自己導尿

解答4

解説

尿失禁とは?

【定義】自分の意思とは関係なく尿が漏れてしまうこと。
大きく2種類に大別される。
①器質性尿失禁:排尿機構の障害に起因する。そこから①腹圧性、②切迫性、③溢流性、④反射性などがある。

②機能性尿失禁:排尿動作の遅れなどに起因する。

1.× 溢流性尿失禁とは、尿意はあるが排尿障害を伴うため自身では排尿できず、膀胱に尿が充満し少しずつ漏れ出てしまう失禁である。排尿間隔の記録に有効なのは、反射性尿失禁である。
2.× 機能性尿失禁とは、排尿機能は正常であるにもかかわらず、身体運動機能の低下や認知症が原因で起こる尿失禁である。つまり、トイレの位置の変更やポータブルトイレの導入などで対応する。骨盤底筋とは. 膀胱・子宮・直腸など骨盤内の臓器が下がらないようにハンモックのように骨盤底を支えている筋肉のことである。骨盤底筋群などの筋力増強力は、一般的には腹圧性尿失禁過活動膀胱、および骨盤臓器脱に有効とされている。
3.× 切迫性尿失禁は、膀胱が自身の意思に反して収縮することで、急に排尿したくなりトイレに行くまでに我慢できずに漏れてしまう失禁である。原因として膀胱にうまく尿がためられなくなる過活動膀胱が多く、脳血管障害など排尿にかかわる神経の障害で起きることもある。過活動性膀胱に対して、電気刺激療法磁気刺激療法が有効とされる。選択肢の下腹部への軽い刺激は、何によるどんな刺激なのか明白でないため不適切である。
4.〇 正しい。反射性尿失禁とは、脊髄損傷により排尿をつかさどる神経が障害されており(神経因性膀胱)、膀胱に尿が充満した状態で反射的に尿が漏れてしまうものである。原因として、膀胱尿管逆流症や水腎症などの合併症が起こり得るため、治療法として間欠的な自己導尿も選択される。

腹圧性尿失禁とは?

腹圧をかけるような運動時(重い荷物を持ち上げたときなど)に尿が漏れる状態で、男性よりも女性に多くみられる。尿道括約筋を含む骨盤底の筋肉が弱くなることが原因で、加齢、出産、喫煙、肥満などと関連している。

 

 

 

 

 

 

35 成人の睡眠中に分泌が増加するホルモンはどれか。

1.アドレナリン
2.オキシトシン
3.成長ホルモン
4.甲状腺ホルモン

解答3

解説
1.× アドレナリンは、副腎髄質から分泌される。交感神経刺激、激しい運動などのストレス負荷で分泌が促進される。睡眠中は副交感神経が優位になり、アセチルコリンが分泌される。
2.× オキシトシンは、下垂体後葉から分泌される。乳汁射出作用と子宮収縮促進作用がある。分泌を促進するのは乳頭吸啜刺激子宮頚部拡張であるため、日内変動との関連はない。
3.〇 正しい。成長ホルモンは、成人の睡眠中に分泌が増加するホルモンである。下垂体前葉から分泌される。成長促進、血糖値の上昇作用がある。日内変動があり特に睡眠中に増加する。
4.× 甲状腺ホルモンは、甲状腺から分泌される。細胞の代謝を維持したり、他のホルモンの作用を増強したりする作用をもつ。甲状腺刺激ホルモンにより分泌が促進されるため、睡眠中に増加するわけではない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)