第110回(R3) 看護師国家試験 解説【午前36~40】

 

36 患者の状態と寝衣の特徴との組合せで適切なのはどれか。

1.発熱がある患者:防水性のもの
2.開腹術直後の患者:上着とズボンに分かれたもの
3.意識障害のある患者:前開きのもの
4.下肢に浮腫のある患者:足首にゴムが入っているもの

解答3

解説

1.× 発熱がある患者は、防水性のものではなく、吸水性の高い素材のものがよい。なぜなら、発熱がある患者の場合は発汗が予測されるため。
2.× 開腹術直後の患者は、上着とズボンに分かれたものではなく、寝衣は前開きのものが望ましい。なぜなら、ドレーンやカテーテルが留置されていることや創部の観察のしやすさなどのため。開腹術直後の患者はベッド上に仰臥位で臥床安静となる。
3.〇 正しい。意識障害のある患者は、前開きのものが望ましい。なぜなら、意識障害のある患者は自立して動くことが難しい可能性があり、身体の観察や清潔ケアなど看護師の援助を受けている状態であると考えられるため。
4.× 下肢に浮腫のある患者は、足首にゴムが入っているものは選択しない。なぜなら、浮腫がある場合、浮腫のある部位を圧迫する衣類は血流を妨げるため。

 

 

 

 

 

 

37 成人の前腕に静脈留置針を穿刺するときの刺入角度で適切なのはどれか。

1.10~20度
2.30~40度
3.50~60度
4.70~80度

解答1

解説

注射部位の深さ

表皮→真皮→皮下組織→静脈→筋肉の順に深くなる。

注射部位が浅ければ刺入角度を小さくし、注射部位が深ければ刺入角度を大きくする。

静脈留置針の穿刺角度は、15~20度を目安にする。したがって、選択肢1.10~20度が正しい。

皮内注射は、ほぼ水平に刺入し、皮下注射は10~30度で刺入する。45~90度の刺入角度は筋肉内注射に適した角度である。

 

 

 

 

 

 

38 生体検査はどれか。

1.喀痰検査
2.脳波検査
3.便潜血検査
4.血液培養検査

解答2

解説

臨床検査

①検体検査:検体を採取して検査する。
【検査対象】血液、尿、便、痰、体液、内視鏡や手術で採取した細胞、組織など。

②生体検査:身体を直接調べる。
【検査対象】心電図、脳波、心エコー図検査、エックス線検査など。

1.× 喀痰検査は、検体検査である。生体から採取した喀痰(検体)を検査する。
2.〇 正しい。脳波検査は、生体検査である。人体(患者)を対象に機器を使って身体の機能や状態について検査を行う。
3.× 便潜血検査は、検体検査である。生体から採取した便(検体)について検査する。
4.× 血液培養検査は、検体検査である。生体から採取した血液(検体)について検査する。

 

 

 

 

 

 

39 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律〈感染症法〉において、重症急性呼吸器症候群〈SARS〉の分類はどれか。

1.一類感染症
2.二類感染症
3.三類感染症
4.四類感染症

解答2

解説
1.× 一類感染症は、感染力や罹患時の重篤性において危険性がきわめて高い感染症であり、エボラ出血熱などがある。原則入院となる。
2.〇 正しい。二類感染症は、感染力・罹患時の重篤性において危険性が高い感染症であり、重症急性呼吸器症候群(SARS)結核ポリオ(急性灰白髄炎)などがある。状況に応じて入院が必要となる。
3.× 三類感染症は、特定の職種への就業によって集団発生を起こすことがある感染症であり、腸管出血性大腸菌感染症などがある。特定職種への就業制限などの対応が行われる。
4.× 四類感染症は、動物・飲食物などの物件を介してヒトに感染する感染症であり、デング熱E型肝炎などがある。動物への措置を含む消毒などの措置や媒介動物の輸入規制などの対応が行われる。

 

 

 

 

 

 

40 Aさん(63歳、男性)は、右肺癌で化学療法を受けていたが、右腕を動かしたときに上腕から肩にかけて痛みが生じるようになった。検査を行ったところ骨転移が認められ、疼痛の原因と判断された。WHO 3段階除痛ラダーに基づいてがん疼痛のコントロールを開始することになった。
 この時点でAさんに使用する鎮痛薬で適切なのはどれか。

1.非オピオイド鎮痛薬
2.弱オピオイド鎮痛薬
3.強オピオイド鎮痛薬
4.鎮痛補助薬

解答1

解説

3段階除痛ラダーとは?

 世界保健機関(WHO)は、がん疼痛治療法における鎮痛薬の使用法について、痛みの強さによる段階的な鎮痛薬の選択法を示した「3段階除痛ラダー」と治療に際し守るべき「鎮痛薬使用の5原則」で提唱している。なお、WHOがん疼痛治療ガイドラインの2018年の改訂によって、以前まで5原則のひとつとされていた「3段階除痛ラダーに沿って(by the ladder)」は削除となり、「鎮痛薬使用の4原則」となった。

1.〇 正しい。非オピオイド鎮痛薬は優先度が最も高い。本症例は、骨転移と診断される以前に鎮痛薬を使用していないことから、まずは3段階除痛ラダーの第1段階である非オピオイド鎮痛薬が選択される。非オピオイド鎮痛薬には、アスピリンに代表される①非ステロイド性消炎鎮痛薬(NSAIDs)や②アセトアミノフェンなどが含まれる。
2.× 弱オピオイド鎮痛薬は優先度が低い。なぜなら、第1段階で痛みの残存・増強を認める場合に、第2段階である弱オピオイド鎮痛薬(コデインリン酸塩水和物やトラマドール塩酸塩)が非オピオイド鎮痛薬に「追加して」用いられるため。
3.× 強オピオイド鎮痛薬は優先度が低い。なぜなら、第2段階においても痛みの残存・増強を認める場合には、第3段階である強オピオイド鎮痛薬が弱オピオイド鎮痛薬と「変更し」、かつ非オピオイド鎮痛薬に「追加して」用いられるため。モルヒネやフェルタニルが強オピオイド鎮痛薬の代表薬である。
4.× 鎮痛補助薬は優先度が低い。なぜなら、各段階において非オピオイド鎮痛薬やオピオイドだけでは痛みを軽減できない場合に、鎮痛補助薬の併用が検討されるものであるため。鎮痛補助薬には抗うつ薬、抗けいれん薬、NMDA受容体措抗薬などが存在する。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)