第110回(R3) 看護師国家試験 解説【午前46~50】

 

46 高齢者の自立度を手段的日常生活動作〈IADL〉尺度を用いて評価した。
 この尺度にある項目はどれか。

1.コミュニケーション
2.自分の服薬管理
3.トイレ動作
4.階段昇降

解答2

解説

手段的日常生活動作とは?

手段的日常生活動作(IADL:Instrumental Activities of Daily Living)とは、日常生活動作(ADL)のなかでも、道具を使う、段取りを考えて行うなど、複雑で判断力を要する身体活動のことである。ちなみに、ADLは、①手段的日常生活動作(IADL)と②基本的日常生活動作(BADL)に分類される。

1.× コミュニケーションは、基本的日常生活活動(BADL)に含まれる。
2.〇 正しい。自分の服薬管理は、手段的日常生活動作〈IADL〉に含まれる。服薬管理は、薬剤の種類や1回量・服薬時間・回数・服薬方法など複数の情報を組み合わせて適切に行う必要がある動作である。
3.× トイレ動作は、基本的日常生活活動(BADL)に含まれる。「排泄」に含まれる動作である。
4.× 階段昇降は、基本的日常生活活動(BADL)に含まれる。「移動」に含まれる動作である。

 

 

 

 

 

 

47 加齢の影響を受けにくく、高齢になっても維持されやすい認知機能はどれか。

1.感覚記憶
2.短期記憶
3.結晶性知能
4.流動性知能

解答3

解説
1.× 感覚記憶は、加齢に伴い低下する。感覚記憶とは、短期記憶がなされる前に、感覚器官(耳・鼻など)に瞬間的に保存されるもので、記憶の保持期間は1秒以内である記憶のことである。
2.× 短期記憶は、加齢に伴い低下する。短期記憶とは、数秒~1分程度の記憶を記憶のことをいう。
3.〇 正しい。結晶性知能は、高齢になっても維持されやすい認知機能である。結晶性知能とは、理解力・洞察力といった、経験や学習などから長期にわたり獲得していく知能である。60歳手前でピークを迎え、それ以降は緩やかに低下する特徴がある。また、老年期にも維持されやすい認知機能といえる。
4.× 流動性知能は、加齢に伴い低下する。流動性知能とは、情報処理のスピードや、その状況の法則性を発見する能力など、新しい環境に適応するための能力のことである。20歳頃にピークを迎え60歳頃より急激に低下する。

 

 

 

 

 

 

48 Aさん(80歳、男性)は、1人暮らし。高血圧症で内服治療をしているが健康状態や認知機能に問題はなく、日常生活動作〈ADL〉は自立している。毎朝30分の散歩と買い物を日課とし、週1回は老人クラブでゲートボールをしている。Aさんは受診の際に看護師に「最近、昼食後に居眠りをしてしまう。今は大丈夫だが、このままだと夜眠れなくなるのではないか」と話した。
 Aさんへの対応で最も適切なのはどれか。

1.昼食後にも散歩を促す。
2.主治医に相談するよう勧める。
3.老人クラブの参加回数を増やすよう勧める。
4.30分程度の昼寝は夜の睡眠に影響はないと伝える。

解答4

解説

 加齢に伴う睡眠の変化により、深いノンレム睡眠が減少し、入眠困難・中途覚醒・早朝覚醒が生じやすくなる。また、高齢者や高血圧症患者は、加齢変化などで血圧調節機能が低下しているため、食後の血圧に影響が生じる。

1.× 昼食後にも散歩を促す必要はない。なぜなら、本症例は、毎朝30分の散歩と買い物を日課とし、週1回は老人クラブでゲートボールをしているため。十分な運動を行っていると考えられる。また、食後は、消化に必要な血液が腸に集まるため、血圧調節予備能が低下した高血圧症患者は食後低血圧が起こりやすい。したがって、昼食後の散歩は、転倒リスクが高まるため不適切である。
2.× 主治医に相談するよう勧める必要はない。なぜなら、本症例は「今後、睡眠障害になるかもしれない」という不安が聞かれているだけであるため。まずは、不安の背景要因や状況をよく聴き、加齢に伴う睡眠の変化や生活上の対応策を説明する必要がある。
3.× 老人クラブの参加回数を増やすよう勧める必要はない。なぜなら、Aさんの不安に対する対策にもなっていないため。また、昼食後の眠気は、加齢に伴う睡眠の変化や食後低血圧が関係しており、老人クラプの参加回数とは関係ない
4.〇 正しい。30分程度の昼寝は夜の睡眠に影響はないと伝える。なぜなら、ヒトの夜間の睡眠周期は約90分であるため。30分程度の昼寝は、深いノンレム睡眠に至らないので夜の睡眠に影響はない。高齢者は夜間の睡眠効率が低下するため、短時間の昼寝で夜問の睡眠不足を補う必要がある。

高齢者の睡眠の特徴

高齢者は、社会的な刺激が少ない状況におかれ、身体的・精神的活動能力が低下しているため、日中の活動量は減り、熟睡が困難になる。また、身体的要因や疾患のために夜間睡眠が妨げられやすくなる。さらに、加齢や脳の器質的障害に伴うサーカディアンリズムの変化が生じる。

 

 

 

 

 

 

49 加齢に伴う血管壁の硬化による血圧への影響はどれか。

1.収縮期血圧は上昇し、拡張期血圧は低下する。
2.収縮期血圧は低下し、拡張期血圧は上昇する。
3.収縮期血圧も拡張期血圧も上昇する。
4.収縮期血圧も拡張期血圧も低下する。

解答1

解説

血圧とは?

血圧は心拍出量と末梢血管抵抗の積で規定される。
収縮期血圧:心臓が収縮しているときの最大血圧である。この短時間の強い圧力により弾性血管である大動脈は拡張し、血液を貯留する。
拡張期血圧:心臓の拡張期の最小血圧である。心臓が拡張している間、大動脈に貯留された血液が末梢に送られ、拡張期血圧を形成する。

 加齢に伴い動脈硬化が進展すると、大動脈壁の弾力性は低下する。これにより収縮期に心臓から拍出された血液は大動脈に十分に貯留されずに末梢に送られてしまうため、収縮期血圧は上昇する。また、拡張期に大動脈から末梢へ送られる血液量が減少するため、拡張期血圧は低下する。したがって、選択肢1.収縮期血圧は上昇し、拡張期血圧は低下するのが正しい。ちなみに、加齢により近位大動脈の動脈硬化が進行するため、一般的に加齢とともに収縮期血圧は上昇し、拡張期血圧は低下するため、その差である脈圧は増大する。

 

 

 

 

 

 

50 加齢によって高齢者に便秘が起こりやすくなる原因で適切なのはどれか。

1.経口摂取量の低下
2.味覚の閾値の低下
3.腸管での水分吸収の低下
4.直腸内圧感受性の閾値の低下

解答1

解説
1.〇 正しい。経口摂取量の低下は、便秘が起こりやすくなる原因である。加齢に伴う活動量の低下などの要因で経口(食事)摂取量が減少すると、便容量が少なくなるため便秘を引き起こしやすい。
2.× 味覚の閾値の低下は、便秘が起こりやすくなる原因とはいえない。ちなみに、加齢に伴って味覚の閾値は上昇する。
3.× 腸管での水分吸収の低下は、便秘が起こりやすくなる原因とはいえない。むしろ、腸管での水分吸収の低下は下痢の原因である。ちなみに、加齢に伴い腸管の嬬動運動が低下すると、腸内容が停滞し、弛緩性便秘を引き起こす要因となる。
4.× 直腸内圧感受性の閾値の低下は、便秘が起こりやすくなる原因とはいえない。加齢に伴って直腸内圧感受性の闘値は上昇するため、排便反射が起こりにくく直腸性の便秘を引き起こしやすい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)