第110回(R3) 看護師国家試験 解説【午前46~50】

 

46 高齢者の自立度を手段的日常生活動作〈IADL〉尺度を用いて評価した。
 この尺度にある項目はどれか。

1.コミュニケーション
2.自分の服薬管理
3.トイレ動作
4.階段昇降

解答2

解説
1.× コミュニケーション
2.〇 正しい。自分の服薬管理
3.× トイレ動作
4.× 階段昇降

 

 

 

 

 

 

47 加齢の影響を受けにくく、高齢になっても維持されやすい認知機能はどれか。

1.感覚記憶
2.短期記憶
3.結晶性知能
4.流動性知能

解答3

解説
1.× 感覚記憶
2.× 短期記憶
3.〇 正しい。結晶性知能
4.× 流動性知能

 

 

 

 

 

 

48 Aさん(80歳、男性)は、1人暮らし。高血圧症で内服治療をしているが健康状態や認知機能に問題はなく、日常生活動作〈ADL〉は自立している。毎朝30分の散歩と買い物を日課とし、週1回は老人クラブでゲートボールをしている。Aさんは受診の際に看護師に「最近、昼食後に居眠りをしてしまう。今は大丈夫だが、このままだと夜眠れなくなるのではないか」と話した。
 Aさんへの対応で最も適切なのはどれか。

1.昼食後にも散歩を促す。
2.主治医に相談するよう勧める。
3.老人クラブの参加回数を増やすよう勧める。
4.30分程度の昼寝は夜の睡眠に影響はないと伝える。

解答4

解説
1.× 昼食後にも散歩を促す。
2.× 主治医に相談するよう勧める。
3.× 老人クラブの参加回数を増やすよう勧める。
4.〇 正しい。30分程度の昼寝は夜の睡眠に影響はないと伝える。

 

 

 

 

 

 

49 加齢に伴う血管壁の硬化による血圧への影響はどれか。

1.収縮期血圧は上昇し、拡張期血圧は低下する。
2.収縮期血圧は低下し、拡張期血圧は上昇する。
3.収縮期血圧も拡張期血圧も上昇する。
4.収縮期血圧も拡張期血圧も低下する。

解答1

解説
1.〇 正しい。収縮期血圧は上昇し、拡張期血圧は低下する。
2.× 収縮期血圧は低下し、拡張期血圧は上昇する。
3.× 収縮期血圧も拡張期血圧も上昇する。
4.× 収縮期血圧も拡張期血圧も低下する。

 

 

 

 

 

 

50 加齢によって高齢者に便秘が起こりやすくなる原因で適切なのはどれか。

1.経口摂取量の低下
2.味覚の閾値の低下
3.腸管での水分吸収の低下
4.直腸内圧感受性の閾値の低下

解答1

解説
1.〇 正しい。経口摂取量の低下
2.× 味覚の閾値の低下
3.× 腸管での水分吸収の低下
4.× 直腸内圧感受性の閾値の低下

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)