第110回(R3) 看護師国家試験 解説【午後46~50】

 

46 成人患者の甲状腺全摘出術後における合併症とその症状との組合せで正しいのはどれか。

1.乳び漏:眼気
2.術後出血:ドレーン排液の白濁
3.反回神経麻痺:口唇のしびれ
4.低カルシウム血症:テタニー

解答4

解説

1.× 乳び漏と眼気との直接的な関連はない。乳び漏は、手術によりリンパ管や胸管が損傷することにより、腸管にて吸収された脂肪(カイロミクロン)を含むリンパ液が漏出した状態である。創傷治癒遅延や創部感染、ドレーン排液の白濁が合併しやすい。
2.× 術後出血は、ドレーン排液の白濁ではなく、血液が認められる。ちなみに、ドレーン排液の白濁は、乳び漏の所見である。
3.× 反回神経麻痺は、口唇のしびれではなく、主な症状は嗄声(させい:かすれた声)である。ちなみに、口唇のしびれは、主に低カルシウム血症でみられる。
4.〇 正しい。低カルシウム血症は、テタニーなどの症状が起こる。ちなみに、テタニーとは自分の意志とは関係なく手足などの筋肉が 痙攣 けいれん を起こした状態である。甲状腺全摘術にて副甲状腺も一緒に切除された場合、続発性副甲状腺機能低下症が生じ得る。続発性副甲状腺機能低下症では、副甲状腺ホルモン(PTH)低下により低カルシウム血症となり、テタニーなどの症状が現れる。

 

 

 

 

 

 

47 Aさんは右側の人工股関節全置換術(後方アプローチ)を受けた。
 Aさんへの脱臼予防の生活指導で適切なのはどれか。

1.「靴はしゃがんで履いてください」
2.「右側に身体をねじらないでください」
3.「椅子に座るときは足を組んでください」
4.「浴室の椅子は膝の高さより低いものを使ってください」

解答2

解説

  • 後方アプローチの禁忌肢位は、股関節の過屈曲 + 内転 + 内旋である。
  • 前方アプローチの禁忌肢位は、股関節の伸展 + 内転 + 外旋である。

1.× 「靴はしゃがんで履いてください」:股関節を過屈曲は禁忌である。脱臼を誘発しやすいため、しゃがむのではなく高めの椅子などに腰かけて靴を履くよう指導する。
2.〇 正しい。「右側に身体をねじらないでください」は、脱臼予防の生活指導で適切である。なぜなら、股関節の内旋も同様に脱臼を誘発しやすい肢位であるため。身体を右側にねじると右股関節は内旋するため、そのような動作は避けるよう指導する。
3.× 「椅子に座るときは足を組んでください」:患肢を上にして足を組む動作は股関節の内旋を伴うため禁忌である。
4.× 「浴室の椅子は膝の高さより低いものを使ってください」:低い椅子は股関節過屈曲になり脱臼しやすいため不適切である。

 

 

 

 

 

 

48 後期高齢者医療制度が定められているのはどれか。

1.介護保険法
2.老人福祉法
3.高齢者の医療の確保に関する法律
4.地域における医療及び介護の総合的な確保を推進するための関係法律の整備等に関する法律〈医療介護総合確保推進法〉

解答3

解説
1.× 介護保険法は、要介護者・要支援者に対する保険方式でのサービスの仕組みを定める法律である。
2.× 老人福祉法は、高齢者の福祉の増進を図ることを目的とする法律である。老人福祉計画の策定や老人福祉施設について定められている。
3.〇 正しい。高齢者の医療の確保に関する法律は、後期高齢者医療制度が定められている。後期高齢者医療制度の対象は、原則として75歳以上の者であり、自己負担は高所得者を除き原則として1割である。
4.× 地域における医療及び介護の総合的な確保を推進するための関係法律の整備等に関する法律〈医療介護総合確保推進法〉は、地域において効率的かつ質の高い医療提供体制を構築するとともに、地域包括ケアシステムの構築を目指すものである

 

 

 

 

 

 

49 認知症高齢者とのコミュニケーションで適切なのはどれか。

1.説得するように話す。
2.作話があっても話を聞く。
3.一度に多くの情報を伝える。
4.同じ内容を繰り返している場合は会話を終了する。

解答2

解説

1.3~4.× 説得するように話す/一度に多くの情報を伝える/同じ内容を繰り返している場合は会話を終了することは積極的に行わない。なぜなら、認知症高齢者とのコミュニケーションでは、バリデーション(本人の思いを肯定し、共感的・受容的態度で安心感を与えることを基本とし、信頼関係を構築すること)が大切となるため。
2.〇 正しい。作話があっても話を聞く。なぜなら、認知症高齢者とのコミュニケーションでは、傾聴が基本となるため。作話があっても、訂正や否定をせず、患者を受け入れるように対応することが望ましい。患者が発した言葉を反復することで安心感を与えることができ、信頼関係構築につながる。

 

 

 

 

 

 

50 平成25年(2013年)の高齢者の地域社会への参加に関する意識調査で、高齢者が参加している活動のうち割合が最も多いのはどれか。

1.教育・文化
2.子育て支援
3.生涯・就業
4.健康・スポーツ

解答4

解説
1.× 教育・文化啓発活動の割合は、6.8%である。
2.× 子育て支援活動の割合は、4.9%である。
3.× 生涯・就業活動の割合は、3.4%である。
4.〇 正しい。健康・スポーツ活動の割合は、33.7%で最も多い。

(※データ引用:内閣府HPより「平成25(2013)年度の高齢者の地域社会への参加に関する意識調査」)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)