第110回(R3) 看護師国家試験 解説【午後51~55】

 

51 Aさん(73歳、女性)は、既往歴はなく自立した生活を送っていた。最近、尿意を我慢できず尿失禁することがあり、夜間の排尿回数も増えたため、病院を受診した。その結果、過活動膀胱と診断された。
 Aさんへの看護師の指導内容で適切なのはどれか。

1.腹筋を鍛える。
2.膀胱訓練を行う。
3.水分摂取を控える。
4.尿意を感じたらすぐトイレに行く。

解答2

解説

過活動膀胱とは?

過活動膀胱とは、膀胱に尿がうまくためられなくなる疾患である。原因として、①加齢、②骨盤底筋の低下、③生活習慣病、④肥満などと関連するといわれている。

1.× 腹筋ではなく骨盤底筋を鍛える。骨盤底トレーニングが勧められる。
2.〇 正しい。膀胱訓練を行う。膀胱訓練とは、尿意を感じてもすぐにはトイレに行かず我慢する行動訓練である。すべての過活動膀胱の患者に推奨される。
3.× 水分摂取を控えるべきではない。なぜなら、脱水症状が出現することもあるため。水分摂取を控える必要があるののは、多飲多尿の患者である。
4.× 逆である。尿意を感じたらすぐトイレに行くのではなく、尿意を感じてもすぐにトイレに行かないように指導すること(膀胱訓練)が重要である。

膀胱訓練とは?

尿が少量しかたまっていないのに尿意を感じてしまう過活動膀胱では、膀胱訓練をすることで少しずつためられる尿量が増えていくと期待される。最初は30秒程度からスタートし、徐々に我慢する時間を延ばしていく。

 

 

 

 

 

 

52 高齢者のうつ病の症状はどれか。

1.意識障害
2.知能低下
3.歩行障害
4.強い不安感

解答4

解説
1.× 意識障害は伴わない。高齢者の意識障害は急性疾患に伴う症状であることが多い。具体的な原因として脳血管障害や薬物、全身疾患などである。
2.× 知能低下は伴わない。極端な流動性知能の低下がみられる場合は認知症を疑う。ちなみに、知能は、①流動性知能と②結晶性知能がある。①流動性知能は、60歳以降急激に低下する。②結晶性知能の低下は、緩やかである。
3.× 歩行障害は伴わない。高齢者の歩行障害の原因は、足腰の痛みによるものが主である。病的な原因としては、脳血管障害や小脳変性、パーキンソン病などの脳神経系の疾患である。
4.〇 正しい。強い不安感は、高齢者のうつ病の症状である。不安や焦燥感などを心気症状という。身体症状(倦怠感・不眠・肩こり・頭痛・しびれなど)もみられることが多い。

 

 

 

 

 

 

53 平成29年度(2017年度)の人口動態統計における、小児の年齢階級別死因のうち第1位が悪性新生物〈腫瘍〉である年齢階級はどれか。

1.0歳
2.1~4歳
3.5~9歳
4.10~14歳

解答3

解説
1.× 0歳の死因の第1位は、「先天奇形・変形及び染色体異常」である。
2.× 1~4歳の死因の第1位は、「先天奇形・変形及び染色体異常」である。
3.〇 正しい。5~9歳の死因の第1位は、悪性新生物<腫瘍>である。
4.× 10~14歳の年齢階級の死因の第1位は、自殺である。

(※データ引用:厚生労働省HPより「平成29年度(2017年度)の人口動態統計」)

 

 

 

 

 

 

54 健康な小児の成長・発達で正しいのはどれか。

1.情緒は快から不快が分化する。
2.発達とともにレム睡眠の割合は増える。
3.体重は出生後1年で出生時の約4倍になる。
4.身長は出生後1年で出生時の約1.5倍になる。

解答4

解説
1.× 情緒は、快から不快が分化するのではなく、快と不快は同時期に現れる。情緒の発達では、新生児の頃は興奮のみだが、3か月頃に快、興奮、不快の3つに分化する。そして、5歳頃までに情緒の基礎がほぼ完成する。
2.× 逆である。発達とともにレム睡眠の割合は増えるのではなく減る。月齢が進むと、昼夜のリズムができていき、全睡眠におけるレム睡眠の割合は徐々に減少し単相性睡眠へと変化する。睡眠には、①レム睡眠(脳が活発に動いている)と、②ノンレム睡眠(大脳が休息している)がある。新生児の睡眠は、昼夜の区別がなく、睡眠と覚醒を短い期間で繰り返す(多相性睡眠)。
3.× 体重は出生後1年で、出生時の約4倍ではなく3倍になる。体重は、出生時の2倍(出生後3か月)、出生時の3倍(出生後1年)、4倍(2歳6か月頃)である。
4.〇 正しい。身長は出生後1年で出生時の約1.5倍になる。ちなみに、4歳頃には約2倍になる。

 

 

 

 

 

 

55 生後10か月の健康な乳児にみられる神経反射はどれか。

1.吸啜反射
2.Moro〈モロー〉反射
3.Landau〈ランドー〉反射
4.探索〈ルーテイング〉反射

解答3

解説
1.× 吸啜反射とは、原始反射のひとつであり、口腔内に指を入れると、舌を動かして吸啜する(吸う)反射のことである。出生時からみられ、生後4~6か月頃には消失する。
2.× Moro〈モロー〉反射とは、原始反射のひとつであり、仰臥位で頭部を持ち上げてから急に支えを外すと、両上肢を伸展・外転し、抱きつくような動きをする反射のことである。出生時からみられ、生後3~4か月頃には消失する。
3.〇 正しい。Landau〈ランドー〉反射は、生後10か月の健康な乳児にみられる神経反射である。Landau〈ランドー〉反射とは、姿勢反射のひとつであり、腹臥位で水平に抱いた児の頭を挙上させると、体幹と下肢を伸展する反射のことである。生後3~6か月頃から出現し、2歳以降に消失する。
4.× 探索〈ルーテイング〉反射とは、原始反射のひとつであり、口唇周辺を刺激すると、刺激方向に顔を向けて探索する反射のことである。出生時からみられ、生後4~7か月頃に消失する、

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)