第110回(R3) 看護師国家試験 解説【午前56~60】

 

56 日本の人口動態統計における妊産婦死亡について正しいのはどれか。

1.出生10万対で示す。
2.出産後1年までの女性の死亡をいう。
3.平成28年(2016年)の妊産婦死亡率は、10.1である。
4.間接産科的死亡に比べて、直接産科的死亡による死因が多い。

解答4

解説
1.× 日本の人口動態統計における妊産婦死亡は、出生10万対ではなく、通常出産(出生+死産)10万対で示す。ただし、妊産婦死亡率の国際比較をする場合は、出生10万対で示す
2.× 妊産婦死亡とは、出産後1年までではなく、妊娠中または妊娠終了後満42日未満の女性の死亡をいう。
3.× 平成28年(2016年)の妊産婦死亡率は、3.3(出産10万対3.3)である。(データ引用:厚生労働省様HPより『平成28年(2016年)の妊産婦死亡率』)
4.〇 正しい。間接産科的死亡に比べて、直接産科的死亡による死因が多い。妊産婦死亡29人のうち、直接産科的死亡は17人、間接産科的死亡は12人である。(データ引用:厚生労働省様HPより『平成28年(2016年)の妊産婦死亡率』)

直接産科的死亡:妊娠時における産科的合併症が原因で死亡したもの

間接産科的死亡:妊娠前から存在した疾患または妊娠中に発症した疾患により死亡したもの。

 

 

 

 

 

 

57 更年期女性のホルモン補充療法によってリスクが低くなるのはどれか。

1.乳癌
2.骨粗髪症
3.子宮体癌
4.静脈血栓症

解答2

解説

1.× 乳癌の危険因子は、高エストロゲン状態がある。したがって、乳癌の既往のある患者や現在乳癌に罹患している患者に対してのホルモン補充療法(エストロゲン補充)は禁忌である。
2.〇 正しい。骨粗髪症は、更年期女性のホルモン補充療法によってリスクが低くなる。なぜなら、骨粗鬆症の原因として、女性ホルモン(エストロゲン)の低下がひとつであるため。そのため、ホルモン補充療法によりそのリスクは低下すると考えられる。
3.× 子宮体癌の原因は、エストロゲンに過剰曝露すると発症リスクが高まる。したがって、子宮体癌患者に対してホルモン補充療法(エストロゲン補充)は禁忌である。
4.× 静脈血栓症の患者に対して、ホルモン補充療法(エストロゲン補充)は禁忌である。なぜなら、経口エストロゲン製剤は血栓形成を促進させるため。

 

 

 

 

 

 

58 妊娠の初期と後期のどちらの時期にも起こるマイナートラブルはどれか。

1.下肢静脈瘤
2.掻痒感
3.つわり
4.頻尿

解答4

解説

マイナートラブルとは?

マイナートラブル(minor trouble)とは、小さな問題という意味で、妊娠に伴って生ずる不快症状を指す。マイナートラブルは、妊娠によって生ずる体の生理的変動が、また精神的変化が不定愁訴の原因となっている場合が多いが、そのほか、妊娠による心理的葛藤や不安などが自律神経症状やその他の精神的および身体的症状を起こしやすくしている。したがって、そうした妊婦のケアや指導に際しては個々の生物学的(身体的)、精神的および文化社会的要因についてよく理解する必要がある。

1.× 下肢静脈瘤は、妊娠中期から末期(後期)にかけて起こる。循環血液量が増大することと、増大した子宮が骨盤内の静脈を圧迫することにより、下肢の静脈の流れが悪くなることから、静脈が怒張しやすくなる。
2.× 掻痒感は、妊娠中期から末期にかけて起こる。ホルモンの変化や皮膚の乾燥により、腹部や腰部周囲あるいは全身に掻痒感が生じやすくなる。
3.× つわり症状(悪心・嘔吐、唾液分泌亢進など)は、妊娠5~6週頃から出現し、通常は妊娠12~16週頃に軽快する。
4.〇 正しい。頻尿は、妊娠の初期と後期のどちらの時期にも起こるマイナートラブルである。妊娠の初期から、増大子宮が膀胱を直接圧迫し頻尿傾向となる。また、妊娠後期は、循環血液量が増加し尿量も増え、増大子宮、特に児先進部(児頭など)の膀胱圧迫により頻尿となる。

 

 

 

 

 

 

59 早期新生児の生理的黄疸で正しいのはどれか。

1.生後24時間以内に出現し始める。
2.皮膚の黄染は、腹部から始まる。
3.生後4、5日でピークとなる。
4.便が灰白色になる。

解答3

解説

生理的黄疸とは?

生理的黄疸は、新生児でのビリルビン産生の亢進、グルクロン酸抱合能の未熟、腸肝循環の亢進などにより、出生後に一過性に高間接ビリルビン血症となり、黄痘が起こりやすいることをいう。新生児の黄痘の大半は生理的黄疸であり、治療を必要としないことが多い。

1.× 生後24時間以内ではなく、生後2~3日で肉眼的黄疸に出現し始める。ちなみに、生後24時間以内に肉眼的黄疸が出現する場合は、病的黄疸のひとつである早発黄疸である。早発黄疸は、溶血性疾患の可能性が高い(溶血性貧血)。
2.× 皮膚の黄染は、腹部からではなく「強膜や顔面の皮膚」から始まる。血清ビリルビン値が4~8mg/dL以上に上昇する黄疸がみられるようになる。
3.〇 正しい。生後4、5日でピークとなる。生理的黄疸では、生後5日前後で血清ビリルビン値がピークに達し、その後は自然に低下し、生後2週間以内に消失する。
4.× 便が灰白色になる場合、病的黄疸のひとつである閉塞性黄疸(先天性胆道閉鎖症)を疑う。

 

 

 

 

 

 

60 都道府県知事の任命を受けて、精神保健福祉センターで精神障害者や家族の相談を行うのはどれか。

1.ゲートキーパー
2.ピアサポーター
3.精神保健福祉相談員
4.退院後生活環境相談員

解答3

解説
1.× ゲートキーパーは、自殺の危険を示すサインや悩んでいる人に気づき、声をかけたり話を聞いたりすることで必要な支援につなげる。
2.× ピアサポーターは、障害や疾病など同じような境遇にある人が、自身の体験をもとに相談や同じ仲間として社会参加や地域交流など問題の解決を支援する活動を行う。
3.〇 正しい。精神保健福祉相談員は、都道府県及び市町村が精神保健福祉センターや保健所などの施設に配置される。精神保健や精神障害者の福祉に関する相談に応じ、精神障害者とその家族を訪問して必要な指導を行う。
4.× 退院後生活環境相談員は、医療保護入院者が退院に向けての相談や地域援助事業者の紹介など円滑な退院後の地域生活への移行のための調整業務を行う。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)