第110回(R3) 看護師国家試験 解説【午前66~70】

 

66 Aさん(83歳、女性)は、1人暮らし。誤嚥性肺炎で入退院を繰り返していた。今回の退院後に、訪問看護が導入されることになり、退院前カンファレンスが行われた。
 誤嚥性肺炎の再発を予防するために病棟看護師が訪問看護師に情報提供する内容で優先されるのはどれか。

1.嚥下機能検査の判定結果
2.栄養状態を示す検査データ
3.入院中の日常生活動作〈ADL〉
4.誤嚥性肺炎の治療に用いられた薬剤

解答1

解説
1.〇 正しい。嚥下機能検査の判定結果
2.× 栄養状態を示す検査データ
3.× 入院中の日常生活動作〈ADL〉
4.× 誤嚥性肺炎の治療に用いられた薬剤

 

 

 

 

 

 

67 介護保険制度におけるケアマネジメントで適切なのはどれか。

1.家族の介護能力はアセスメントに含めない。
2.介護支援専門員が要介護状態区分を判定する。
3.利用者が介護サービス計画を作成することはできない。
4.モニタリングの結果に基づき介護サービス計画の修正を行う。

解答4

解説
1.× 家族の介護能力はアセスメントに含めない。
2.× 介護支援専門員が要介護状態区分を判定する。
3.× 利用者が介護サービス計画を作成することはできない。
4.〇 正しい。モニタリングの結果に基づき介護サービス計画の修正を行う。

 

 

 

 

 

 

68 夜勤帯に、A看護師がスタッフステーションで抗菌薬の点滴静脈内注射を準備しているときに、発汗した患者から寝衣交換の依頼があり、別の患者から口渇で飲水したいという希望があった。直後に患者に装着されている人工呼吸器のアラームが鳴った。他の看護師は別の病室で重症者のケアをしている。
 A看護師が最も優先すべきなのはどれか。

1.点滴静脈内注射の準備
2.発汗した患者の寝衣交換
3.飲水を希望する患者への対応
4.人工呼吸器を装着している患者の観察

解答4

解説
1.× 点滴静脈内注射の準備
2.× 発汗した患者の寝衣交換
3.× 飲水を希望する患者への対応
4.〇 正しい。人工呼吸器を装着している患者の観察

 

 

 

 

 

 

69 病院における医療安全文化の醸成につながる行動はどれか。

1.食事介助は30分以内で行うルールを決める。
2.他の病棟で起こったインシデントについて学ぶ。
3.薬剤を間違えても影響がない場合は患者に説明しない。
4.水薬の内服時にこぼれた量が少ない場合はそのままとする。

解答2

解説
1.× 食事介助は30分以内で行うルールを決める。
2.〇 正しい。他の病棟で起こったインシデントについて学ぶ。
3.× 薬剤を間違えても影響がない場合は患者に説明しない。
4.× 水薬の内服時にこぼれた量が少ない場合はそのままとする。

 

 

 

 

 

 

 

70 プリセプターシップの説明で正しいのはどれか。

1.仕事と生活の調和を図ること
2.主体的に自らのキャリアを計画し組み立てること、
3.チームリーダーのもとに看護ケアを提供すること
4.経験のある看護師が新人看護師を1対1で指導・助言すること

解答4

解説
1.× 仕事と生活の調和を図ること
2.× 主体的に自らのキャリアを計画し組み立てること、
3.× チームリーダーのもとに看護ケアを提供すること
4.〇 正しい。経験のある看護師が新人看護師を1対1で指導・助言すること

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)