第110回(R3) 看護師国家試験 解説【午後66~70】

 

66 Aさん(69歳、女性)は、主治医、訪問看護師とともに、母(91歳)を自宅で看取った。死亡確認の直後、Aさんは涙ぐみながら「母のためにもっとできることがあったのではないかと申し訳なく思います」と話した。
 このときに訪問看護師が行うAさんへの対応で最も適切なのはどれか。

1.遺族の会を紹介する。
2.母への思いを傾聴する。
3.遺品を整理することを勧める。
4.新たなことに取りかかるよう促す。

解答2

解説
1.× 遺族の会を紹介する。
2.〇 正しい。母への思いを傾聴する。
3.× 遺品を整理することを勧める。
4.× 新たなことに取りかかるよう促す。

 

 

 

 

 

 

67 Aさん(82歳、女性)は、脳梗塞の既往があり、要介護2で、夫(85歳)と2人暮らし。訪問看護師の訪問時、Aさんは体温37.0℃、脈拍62/分、血圧100/50mmHg、少し汗をかいており、唇の乾燥がみられた。訪問看護師は、翌日予定されている訪問介護の担当者とAさんの援助の方向性について共有することにした。
 共有する内容で適切なのはどれか。

1.ポータブルトイレでの排泄に変更する。
2.水分を多めに摂取するよう促す。
3.頻繁に寝衣を交換する。
4.入浴介助を中止する。

解答2

解説
1.× ポータブルトイレでの排泄に変更する。
2.〇 正しい。水分を多めに摂取するよう促す。
3.× 頻繁に寝衣を交換する。
4.× 入浴介助を中止する。

 

 

 

 

 

 

68 介護保険制度における地域密着型サービスはどれか。

1.重度訪問介護
2.地域活動支援事業
3.小規模多機能型居宅介護
4.特定施設入居者生活介護

解答3

解説
1.× 重度訪問介護
2.× 地域活動支援事業
3.〇 正しい。小規模多機能型居宅介護
4.× 特定施設入居者生活介護

 

 

 

 

 

 

69 成年後見制度で正しいのはどれか。

1.任意後見人は裁判所が決定する。
2.認知症の診断と同時に成年後見制度が適用される。
3.日常生活自立支援事業の一部として位置付けられる。
4.成年後見人は財産管理などの手続きを本人の代理で行う。

解答4

解説
1.× 任意後見人は裁判所が決定する。
2.× 認知症の診断と同時に成年後見制度が適用される。
3.× 日常生活自立支援事業の一部として位置付けられる。
4.〇 正しい。成年後見人は財産管理などの手続きを本人の代理で行う。

 

 

 

 

 

 

70 仙骨部に皮下組織に達する褥瘡がある患者が入院となった。患者は車椅子の利用を主治医に許可されている。
 この患者に対する多職種で行う褥瘡ケアにおいて、受け持ち看護師が担う役割で適切なのはどれか。

1.薬剤師に外用薬の処方を依頼する。
2.事務職員に汚染ガーゼの廃棄を依頼する。
3.介護職員にドレッシング材の選択を依頼する。
4.理学療法士と車椅子乗車時の除圧方法を検討する。

解答4

解説
1.× 薬剤師に外用薬の処方を依頼する。
2.× 事務職員に汚染ガーゼの廃棄を依頼する。
3.× 介護職員にドレッシング材の選択を依頼する。
4.〇 正しい。理学療法士と車椅子乗車時の除圧方法を検討する。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)