第110回(R3) 看護師国家試験 解説【午前71~75】

 

71 大規模災害発生後2か月が経過し、応急仮設住宅で生活を始めた被災地の住民に出現する可能性が高い健康問題はどれか。

1.慢性疾患の悪化
2.消化器感染症の発症
3.深部静脈血栓症の発症
4.急性ストレス障害の発症

解答1

解説
1.〇 正しい。慢性疾患の悪化
2.× 消化器感染症の発症
3.× 深部静脈血栓症の発症
4.× 急性ストレス障害の発症

 

 

 

 

 

 

72 国際連合〈UN〉で採択された2016年から2030年までの開発に関する世界的な取り組みはどれか。

1.持続可能な開発目標〈Sustainable Development Goals:SDGs〉
2.ミレニアム開発目標〈Millennium Development Goals:MDGs〉
3.プライマリヘルスケア
4.政府開発援助〈ODA〉

解答1

解説
1.〇 正しい。持続可能な開発目標〈Sustainable Development Goals:SDGs〉
2.× ミレニアム開発目標〈Millennium Development Goals:MDGs〉
3.× プライマリヘルスケア
4.× 政府開発援助〈ODA〉

 

 

 

 

 

 

73 Aさん(52歳、男性)は、49歳から高血圧症で内服治療と食事や運動に関する生活指導を受けている。2か月間の予定で開発途上国に出張することになり、予防接種を受ける目的で渡航外来を受診した。Aさんから「渡航にあたって何か注意することはありますか」と質間があった。
 Aさんへの看護師の説明で適切なのはどれか。

1.「出張中は、減塩の必要はありません」
2.「出張先では有酸素運動は控えましょう」
3.「現地に到着してから健康診断を受診しましょう」
4.「持参する高血圧症の薬について、かかりつけ医に相談しましょう」

解答4

解説
1.× 「出張中は、減塩の必要はありません」
2.× 「出張先では有酸素運動は控えましょう」
3.× 「現地に到着してから健康診断を受診しましょう」
4.〇 正しい。「持参する高血圧症の薬について、かかりつけ医に相談しましょう」

 

 

 

 

 

 

74 血液中のビリルビンの由来はどれか。

1.一核酸
2.メラニン
3.アルブミン
4.グリコゲン
5.ヘモグロビン

解答5

解説
1.× 一核酸
2.× メラニン
3.× アルブミン
4.× グリコゲン
5.〇 正しい。ヘモグロビン

 

 

 

 

 

 

75 抗原によって感作されたTリンパ球による細胞性免疫が主体となるのはどれか。

1.花粉症
2.蕁麻疹
3.ツベルクリン反応
4.アナフィラキシーショック
5.インフルエンザの予防接種

解答3

解説
1.× 花粉症
2.× 蕁麻疹
3.〇 正しい。ツベルクリン反応
4.× アナフィラキシーショック
5.× インフルエンザの予防接種

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)