第110回(R3) 看護師国家試験 解説【午前71~75】

 

71 大規模災害発生後2か月が経過し、応急仮設住宅で生活を始めた被災地の住民に出現する可能性が高い健康問題はどれか。

1.慢性疾患の悪化
2.消化器感染症の発症
3.深部静脈血栓症の発症
4.急性ストレス障害の発症

解答1

解説
1.〇 正しい。慢性疾患の悪化は、可能性が高い健康問題である。慢性疾患はストレスや環境の変化、内服薬の消失などにより避難所生活中に悪化しやすい。避難所から応急仮設住宅に生活の場が移行する慢性期では、独居・高齢化・高い有病率・心的苦痛・体調不良などが要因となり、慢性疾患が悪化する可能性が高い。
2.× 消化器感染症の発症は可能性が低い。消化器感染症の発症は衛生環境の悪化などにより、急性期から亜急性期(発災1週間以降)から発生する。避難所などの集団生活の場でまん延しやすい。
3.× 深部静脈血栓症の発症は可能性が低い。災害から亜急性期(発災10日~2週間まで)がピークである。深部静脈血栓症は、ライフラインの途絶による脱水や車中泊による静脈うっ滞、余震の恐怖による交感神経刺激亢進に伴う血液凝固能亢進などにより生じる。深部静脈血栓症は、①長時間の座位など下肢屈曲姿勢、②運動不足、③水分摂取不足などの状況にある避難者でリスクが高い。
4.× 急性ストレス障害(ASD)の発症は可能性が低い急性期から亜急性期(災害後1ヶ月以内)に強く現れる場合が多い。外傷後ストレス障害(PTSD)は、①再体験、②回避・麻痺、③過覚醒の3つの主要症状が 1ヶ月以上持続し、日常生活機能が低下した場合に診断される。

 

 

 

 

 

 

72 国際連合〈UN〉で採択された2016年から2030年までの開発に関する世界的な取り組みはどれか。

1.持続可能な開発目標〈Sustainable Development Goals:SDGs〉
2.ミレニアム開発目標〈Millennium Development Goals:MDGs〉
3.プライマリヘルスケア
4.政府開発援助〈ODA〉

解答1

解説

 

プライマリヘルスケアとは?

プライマリヘルスケアは、アルマ・アタ宣言(1978年)で提唱されたものである。地域住民が一次的に利用する保健医療サービスを指す。

提唱元:アルマ・アタ宣言(WHOとUNICEF)

概念:「すべての人々に健康を」を目標に、病気の治療よりも予防対策や健康管理に重点を置いた保健活動

【4つの原則】
①住民のニーズに基づくこと
②地域資源の有効活用
③住民参加
①農業・教育・通信・建設・水利等、多分野間の協調と統合

【8つの活動項目】
①健康教育(ヘルスプロモーション)
②食料の供給と栄養の改善子
③安全な飲料水の供給と基本的な環境衛生
④母子保健サービス(家族計画を含む)
⑤主要な感染症の対策(予防接種)
⑥風土病の対策
⑦簡単な病気やけがの治療(プライマリケア)
⑧必須医薬品の供給

1.〇 正しい。持続可能な開発目標〈Sustainable Development Goals:SDGs〉は、国際連合〈UN〉で採択された2016年から2030年までの開発に関する世界的な取り組みである。持続可能な開発目標〈Sustainable Development Goals:SDGs〉とは、2015年9月に国連で決められた国際社会共通の目標であり、17の目標と169のターゲット(具体目標)で構成されている。
2.× ミレニアム開発目標〈Millennium Development Goals:MDGs〉とは、2000年に国連ミレニアム宣言をもとに、2015年を達成期限とした8つの目標を掲げた開発分野における国際社会共通の目標である。地球規模のさまざまな課題を解決するため策定された、世界共通の開発目標である。
3.× プライマリヘルスケア(primary Health Care)とは、1978年に旧ソ連邦カザフ共和国の首都アルマ・アタで出された宣言をもとに、すべての人に健康を基本的な人権として認め、その達成の過程において住民の主体的な参加や自己決定権を保障する理念である。すべての人にとって健康を基本的な人権として認め、その達成の過程において住民の主体的な参加や自己決定権を保障する理念である。
4.× 政府開発援助〈ODA〉とは、開発途上地域の開発を目的とする政府及び政府関係機関による国際協力活動のための公的資金のことである。主に開発途上国の経済発展や福祉の向上のために、先進工業国を中心とした政府や政府機関が他国に対して行う援助や出資のことである。

持続可能な開発目標(SDGs)とは?
  • 2015年9月の国連サミットで採択された。
  • 2016年から2030年までの国際目標である。
  • ミレニアム開発目標(MDGs)の後継で、MDGsの残された課題や新たに顕在化した課題に対応する。
  • 持続可能でよりよい世界を目指す。

 

 

 

 

 

 

73 Aさん(52歳、男性)は、49歳から高血圧症で内服治療と食事や運動に関する生活指導を受けている。2か月間の予定で開発途上国に出張することになり、予防接種を受ける目的で渡航外来を受診した。Aさんから「渡航にあたって何か注意することはありますか」と質間があった。
 Aさんへの看護師の説明で適切なのはどれか。

1.「出張中は、減塩の必要はありません」
2.「出張先では有酸素運動は控えましょう」
3.「現地に到着してから健康診断を受診しましょう」
4.「持参する高血圧症の薬について、かかりつけ医に相談しましょう」

解答4

解説
1.× 減塩は血圧を下げる効果が期待されるため出張中も高血圧予防のために行う。高血圧症の食事療法では、1日6g未満を目標とした減塩が基本となる。出張中であっても同様である。
2.× 有酸素運動は血圧低下に効果的であるため出張先でも控えず無理のない範囲で有酸素運動を勧める。高血圧症患者に適している運動は有酸素運動である。運動は定期的に行うことが目標となるため、出張中であっても継続するように促す。
3.× 自身での血圧測定は必要かもしれないが、出張先で健康診断を受診する必要はない。すでに高血圧症と診断され内服治療や生活指導を受けているため、渡航先での健康診断は必要ではない。
4.〇 正しい。出張することをかかりつけ医に伝え、出張先でも内服が継続できるように持参する高血圧症の薬についても相談を勧める。降圧薬は血圧のコントロールのために患者の状態に合わせて処方されている。薬の中断や休薬は病状を悪化させるので注意する必要がある。渡航先では同じ種類の薬剤が手に入らない可能性があるため、渡航前にかかりつけ医に相談し、持参する薬の種類や量について明記されている処方範をもらったり予備を含めて処方を受けておいたりする必要がある。

 

 

 

 

 

 

74 血液中のビリルビンの由来はどれか。

1.核酸
2.メラニン
3.アルブミン
4.グリコゲン
5.ヘモグロビン

解答5

解説
1.× 核酸は、細胞核の中に存在している物質のことで、デオキシリボ核酸(DNA リボ核酸(RNA)の2つがある。代謝されプリン体などを生じる。
2.× メラニンは、肌や毛髪・瞳の色を構成する黒色の色素のことで紫外線から皮膚の細胞を守る働きがある。皮膚の基底層や毛髪の毛母細胞にあるメラノサイトで生成される。
3.× アルブミンは、肝臓で作られるたんぱく質で肝臓や栄養状態の指標となる。血清総蛋白の60%程度を占め肝臓で生成される。
4.× グリコゲンは、多糖類の一種で、摂取した糖質として肝臓と筋肉で生成され貯えられる。
5.〇 正しい。ヘモグロビンは、血液中のビリルビンの由来である。ビリルビンは、ヘモグロビンの構成物質であるヘムが代謝されて生じる。通常、血中ビリルビンの多くがこのヘモグロビン由来である。

 

 

 

 

 

 

75 抗原によって感作されたTリンパ球による細胞性免疫が主体となるのはどれか。

1.花粉症
2.蕁麻疹
3.ツベルクリン反応
4.アナフィラキシーショック
5.インフルエンザの予防接種

解答3

解説

1.× 花粉症は、Ⅰ型アレルギー疾患である。植物の花粉が原因(アレルゲン)となって、くしゃみ・鼻水などのアレルギー症状を起こす病気である。花粉症は、スギやヒノキなど植物の花粉がアレルゲンとなり生じる。Ⅰ型アレルギーではマスト細胞や好塩基球のIgEによる液性免疫が重要な役割を果たす。
2.× 蕁麻疹は、Ⅰ型アレルギー疾患の反応によって生じる液性免疫が関与する。皮膚の一部が突然赤みや痒みを伴いながら盛り上がり、短時間で跡を残さず消えてしまう原因が特定しにくい皮膚の病気である。数十分で消退する紅斑・膨疹を特徴とする。
3.〇 正しい。ツベルクリン反応は、Ⅳ型アレルギーの反応を利用した検査である。細胞性免疫を司るTリンパ球と抗原物質であるツベルクリンとの特異的結合によって発赤などが起こる反応である。結核菌から精製した抗原を皮内投与し、接種部位に出現する発赤・硬結の直径を48時間後に測定して、感染を診断する検査である。結核に罹患している患者では、結核菌の成分(抗原)で感作されたT細胞(Tリンパ球)がすでに体内に存在しているため、投与した抗原に反応してサイトカイン放出と細胞性免疫により、発赤・硬結が出現する。
4.× アナフイラキシーショックは、Ⅰ型アレルギーが関与している。アレルゲンなどの侵入により複数の臓器に全身性にアレルギー症状が引き起こされ、血圧低下や意識障害、呼吸困難などの生命に危機を与える過敏反応である。これにより血管透過性の亢進などが生じ、血圧低下や意識障害を伴う場合をアナフイラキシーショックという。
5.× 予防接種は、病気に対する免疫をつけるために抗原物質を投与することで得られる獲得免疫である。例として、インフルエンザの予防接種は、抗原の接種後、T細胞を介したB細胞からの抗体産生による液性免疫を利用している。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)