第110回(R3) 看護師国家試験 解説【午後71~75】

 

71 災害時のトリアージで正しいのはどれか。

1.トリアージタッグは衣服に装着する。
2.治療優先度の高さはトリアージ区分のⅠ、Ⅱ、Ⅲの順である。
3.トリアージの判定は患者の到着時および到着後30分の2回行う。
4.最優先に治療を必要とする者には、黄色のトリアージタッグを装着する。

解答2

解説

(※引用:医師会の災害時医療救護体制「トリアージの区分」)

トリアージとは、災害時などの制約があるなかで、治療・搬送の優先順位を決めることである。

1.× トリアージタッグは、衣服ではなく体に直接に装着する。なぜなら、外れることがないようにするため。基本的に右手関節に装着し、右手に装着できない場合は、「左手→右足→左足→頚部」の順で装着する。
2.〇 正しい。治療優先度の高さはトリアージ区分のⅠ、Ⅱ、Ⅲの順である。トリアージタッグの色(区分)では、赤(Ⅰ)、黄(Ⅱ)、緑(Ⅲ)の順に治療の優先度が高い。ちなみに、黒(0)は治療対象外である。
3.× トリアージの判定は、患者の到着時および到着後30分の2回行うといった規定はない。トリアージの判定は、まず現場で行われる。その後、治療が開始されるまで、繰り返しトリアージの判定を行う。
4.× 最優先に治療を必要とする者には、黄色ではなく赤色のトリアージタッグを装着する。ちなみに、黄色は準緊急治療群である。

 

 

 

 

 

 

72 国際機関と事業内容の組合せで正しいのはどれか。

1.国際労働機関〈ILO〉:難民の帰還支援
2.世界保健機関〈WHO〉:保健分野における研究の促進
3.国連人口基金〈UNFPA〉:平和維持活動
4.国連世界食糧計画〈WFP〉:二国間の国際保健医療協力

解答2

解説

国際機関とは、共通の目的を実現するために、多数の国家が協力する国際的な組織である。

1.× 国際労働機関〈ILO:Inter national Labour Organization〉は、難民の帰還支援ではなく、全世界の労働者の労働条件を改善することを通じて社会正義を実現し、世界平和に貢献することを目的とする。したがって、労働条件の国際基準となる条約や勧告の採択、批准国の監視などを行う。
2.〇 正しい。世界保健機関〈WHO:World Health Organization〉:保健分野における研究の促進ではなく、すべての人々が可能な最高の健康水準に到達することを目的とする。保健分野における研究の促進もその活動のひとつである。
3.× 国連人口基金〈UNFPA:United Nations Population Fund〉:平和維持活動ではなく、すべての妊娠が望まれ、すべての出産が安全に行われ、そしてすべての若者の可能性が満たされる世界を目指す機関である。性と生殖に関する健康・権利の保障とその推進、ジェンダー不平等の是正などの活動を行う。
4.× 国連世界食糧計画〈WFP:World Food Programme〉:二国間の国際保健医療協力ではなく、飢餓のない世界を目指して活動する国連の人道支援機関である。紛争や武力衝突のほか、干ばつ、洪水や農作物被害といった自然災害の緊急事態の際に、必要とされる場所に速やかに食糧支援を届けるなどの活動をしている。

詳しく勉強したい方はこちら↓

【看護師国家試験】主な国際機関について完全解説

 

 

 

 

 

 

73 血漿蛋白質の大部分を合成しているのはどれか。

1.肺
2.肝臓
3.腎臓
4.膵臓
5.脾臓

解答2

解説

1.× 肺は、呼吸をつかさどる臓器である。呼吸で取り込んだ酸素と体内で発生した二酸化炭素のガス交換を担っている。
2.〇 正しい。肝臓は、血漿蛋白質の大部分を合成している。小腸で吸収されたアミノ酸は肝臓に運ばれ、肝臓にて蛋白質に合成され、血液によって各組織に運ばれる。そのほかにも肝臓には、①代謝、②解毒、③胆汁の生成・排泄、④生体防御の働きを持つ。
3.× 腎臓は、血液中の老廃物や塩分を濾過し、尿として体外に排泄する働きがある。ちなみに、血液中の蛋白質は、濾過されず血液中に留まる
4.× 膵臓は、①食べ物を消化する消化酵素(膵酵素)を作る、②血糖値を下げるホルモン(インスリン)や血糖値を上げるホルモン(グルカゴン)などのホルモンを作る働きを持つ。 ちなみに、摂取した食物由来の蛋白質は、膵臓より分泌される膵液の酵素によって、小腸でペプチドまで分解される。
5.× 脾臓は、①古くなった血球(白血球、赤血球、血小板)の処理や、②感染に対する防御など免疫に関係する働きを担う。

 

 

 

 

 

 

74 胸膜腔に存在するのはどれか。

1.滑液
2.空気
3.血液
4.漿液
5.粘液

解答4

解説

(画像引用:小野薬品工業株式会社Webサイト「治療ガイド 胸膜の位置と構造」)

胸膜腔とは?

胸膜腔とは、肺表面を覆う臓側胸膜と胸壁内面を覆う壁側胸膜に囲まれた空間のことである。

1.× 滑液は、胸膜腔内に存在しない。滑液とは関節腔内にある液体で、関節腔を囲む滑膜で産生される。
2.× 空気は、胸膜腔内に存在しない。胸膜腔内に空気が存在する状態は気胸であり、治療を要する。
3.× 血液は、胸膜腔内に存在しない。胸膜腔内に血液が存在する状態は血胸であり、治療を要する
4.〇 正しい。漿液は、胸膜腔内に存在する。胸膜腔には健常成人でも数mL程度の漿液が存在し、呼吸運動による臓側胸膜と壁側胸膜の摩擦を緩和している。胸膜では常に毛細血管から間質液がしみ出すことによって漿液が産生され、同時にリンパ管に吸収されている。漿液の産生と吸収のバランスが崩れると、漿液が過剰に貯留することになる。
5.× 粘液は、胸膜腔内に存在しない。粘液(粘性の高い液体)は消化管などの粘膜から分泌される。

 

 

 

 

 

 

75 正常な性周期である健常女性の10週間の基礎体温を図に示す。
 直近の排卵日はどれか。

1.①
2.②
3.③
4.④
5.⑤

解答4

解説
1.× ①は、高温期(=黄体期)の最後である。高温期は、排卵後に12~14日程度続く時期で、排卵後の卵胞から変化した黄体から分泌されるプロゲステロン(黄体ホルモン)によって維持される。
2.× ②は、高温期直後である。妊娠に至らなかった場合、黄体が役目を終えるとともにプロゲステロンの分泌が減少するため、体温が下がり月経が起こる。
3.× ③は、低温期(=卵胞期)である。高温期に比べ0.3~0.5℃程度低い状態が続く。排卵に向けて卵胞の発育と成熟が進む時期である。
4.〇 正しい。④は、直近の排卵日である。つまり、排卵のタイミング(低温期から高温期に移行する直前)である。またグラフに示されているようにわずかに低温期より体温が下がる体温陥入日を認めた場合はその日が排卵日の可能性が高いとされている。
5.× ⑤は、高温期の初日である。排卵後に低温期から移行し、0.3~0.5℃程度高い状態となる。ちなみに、卵胞は排卵した後に黄体に変化する。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)