第110回(R3) 看護師国家試験 解説【午前76~80】

 

76 後天性の大動脈弁狭窄症について正しいのはどれか。

1.二尖弁が多い。
2.弁尖の石灰化による。
3.左室壁は徐々に薄くなる。
4.拡張期に心雑音を聴取する。
5.心筋の酸素需要は減少する。

解答2

解説
1.× 大動脈弁は正常では三尖である。大動脈弁狭窄症の原因は①加齢性、②リウマチ性、③先天性二尖弁(正常に比べ比較的若年で石灰化が起こりやすい)などがあり、これらのなかで頻度は加齢性が最も高い。先天性二尖弁が多いとはいえない。
2.〇 正しい。後天性の大動脈弁狭窄症は、弁尖の石灰化による。後天性の大動脈弁狭窄症は高齢者に多く、長年動き続けて物理的ストレスにさらされた大動脈弁に炎症や脂肪の沈着が起こり石灰化することにより起こる。後天性の大動脈弁狭窄症の多くは大動脈弁尖の動脈硬化性変性(加齢性変性)であり石灰化を伴う。
3.× 左室壁は、徐々に薄くなるのではなく厚くなる。左室から大動脈に駆出する際に狭窄があるため左室に圧負荷がかかる左室壁は肥大を呈し徐々に厚くなる。ちなみに、心臓の筋肉が薄くなり、拡張して収縮力が低下する病気は拡張型心筋症である。
4.× 心雑音を聴取できるのは、拡張期ではなく、収縮中期(駆出性)である。なぜなら、左室が収縮する際に大動脈への血液の駆出が妨げられ心雑音を生じるため。収縮期駆出雑音となる。
5.× 心筋の酸素需要は、減少するのではなく増加する。なぜなら、左室が駆出する際に圧負荷がかかり、多くのエネルギーを要するため。ちなみに、心筋の酸素需要は心筋梗塞など冠動脈に病変が存在し冠血流量が十分に増加しないときに減少する。

 

 

 

 

 

 

77 褐色細胞腫でみられるのはどれか。

1.高血糖
2.中心性肥満
3.満月様顔貌
4.血清カリウム濃度の低下
5.副腎皮質ホルモンの産生の亢進

解答1

解説

褐色細胞腫は副腎髄質に発生する腫瘍である。副腎髄質からは、アドレナリンなどのカテコールアミン(アドレナリン、ノルアドレナリン等)が分泌されている。褐色細胞腫の代表的な症候として、①起立性低血圧、②体重減少、③動悸、④頻脈などがある。

1.〇 正しい。高血糖は、褐色細胞腫でみられる。褐色細胞腫では交感神経に働きかけるカテコラミンの増加により、高血圧、高血糖、頭痛、発汗過多、代謝亢進、立ちくらみなどがみられる。
2.× 中心性肥満は、クッシング症候群の特徴的症候のひとつである。中心性肥満とはコルチゾールの過剰症状による体幹の肥満で、副腎皮質機能亢進症などでみられる。
3.× 満月様顔貌は、クッシング症候群の特徴的症候のひとつである。満月様顔貌(ムーンフェイス)は顔に脂肪が沈着して丸くなった状態である。副腎皮質ホルモンの過剰分泌、もしくは副腎皮質ホルモン製剤の過剰投与によって起こる。
4.× 血清カリウム濃度の低下は、嘔吐・下痢・副腎の病気・利尿薬が原因で生じる。カリウムの低下は、筋力低下・筋肉のけいれんやひきつり・麻痺・不整脈などを起こす。つまり、褐色細胞腫では通常、血清カリウム異常を起こさない。血清カリウム濃度の低下は、副腎皮質ホルモンであるアルドステロンの過剰(副腎の病気)によって起こる。アルドステロンには、ナトリウムの再吸収、カリウムの排泄を促し、血圧を上昇させる働きがある。過剰になると、カリウムの尿中への排池がますます促進され、血清カリウム濃度も低下する。
5.× 副腎髄質由来の褐色細胞腫は、副腎皮質ホルモンの産生の亢進ではなく、交感神経に働きかけるカテコラミンの増加である。副腎皮質ホルモンに影響を及ぼさない。ちなみに、コルチゾールなど副腎皮質ホルモンの過剰産生を引き起こすのはクッシング症候群である。

 

 

 

 

 

 

78 Guillain-Barré〈ギラン・バレー〉症候群で正しいのはどれか。

1.若年者に多い。
2.遺伝性疾患である。
3.骨格筋に病因がある。
4.症状に日内変動がある。
5.抗ガングリオシド抗体が出現する。

解答5

解説

ギランバレー症候群とは?

ギラン・バレー(Guillain-Barre)症候群は、上気道感染や下痢などの先行感染の1~3週後に主に脱力を生じる疾患である。急性の運動麻痺を起こす自己免疫性の末梢神経障害で、四肢の筋力低下を主徴とする。約7割は呼吸器・消化器感染後に発症する。これは病原体に発現している糖脂質(ガングリオシド)に対する抗体が、自己の末梢神経を攻撃するためである。

1.× 若年者に多いわけではなく、子どもから高齢者までどの年代にも発症し、40代前後の男性に多い。
2.× 遺伝性疾患ではなく、ウイルスや細菌の感染が原因で末梢神経を攻撃してしまう自己免疫性疾患である。ただし、原因は完全には解明されていない。
3.× 骨格筋が病因ではなく、運動神経、感覚神経、自律神経を含む末梢神経障害である。運動ニューロンが障害されることで筋力低下が生じる。また、しびれや痛み、脱力などの症状がみられる。
4.× 症状に日内変動はなく、発症の1~3週間前に風邪や下痢など感染症の症状が見られた後、数日から数週間の間に四肢の筋力低下、脱力感、しびれ、痛みなどの症状が現れる。治療を行わない場合、ピークに達する2~4週までは進行性に悪化する。日内変動を認める症状がある場合、重症筋無力症を疑う。
5.〇 正しい。ギラン・バレー症候群の代表的な自己抗体の中に抗ガングリオシド抗体(抗GM1抗体がある。約60%に、末梢神経に発現する糖脂質(ガングリオシド)に対する自己抗体が出現する。

 

 

 

 

 

 

79 生活保護法で実施される扶助は、生活扶助、介護扶助、住宅扶助、出産扶助を含めて( )種類である。
 ( )に入る数字はどれか。

1.5
2.6
3.7
4.8
5.9

解答4

解説

生活保護の種類

①生活扶助(食費、被服費、光熱費等)
②教育扶助(学用品費等)
③住宅扶助(家賃、地代等)
④医療扶助
⑤介護扶助
⑥出産扶助
⑦生業扶助(生業費、技能習得費、就職支度費)
⑧葬祭扶助

 生活保護は①生活扶助(食費、被服費、光熱費等)、②教育扶助(学用品費等)、③住宅扶助(家賃、地代等)、④医療扶助⑤介護扶助⑥出産扶助⑦生業扶助(生業費、技能習得費、就職支度費)、⑧葬祭扶助の8種類がある。よって、選択肢4.8が( )に入る数字として正しい。

 

 

 

 

 

 

80 カウンセリングの基本的態度で適切なのはどれか。

1.査定
2.指示
3.受容
4.同化
5.評価

解答3

解説

カウンセリングの基本的態度

【ロジャーズ,C.Rの3原則】
①「共感的理解」
②「無条件の肯定的配慮」
③「自己一致」

1.× 傾聴して査定するのではなく、相手を肯定的に受容した態度がふさわしい。査定は、調べて価値を決めることである。無条件の肯定的配慮とは、話の善悪を判断することなく肯定的な関心をもって聴くことである。
2.× 指示的態度ではなく、親しみやすい関係性を築き、支持的態度が大切になる。
3.〇 正しい。受容は、カウンセリングの基本的態度で適切である。受容とは、ありのままを受け入れることである。ありのままの自分を受容してもらえると、人は自己に対する価値や信頼感を取り戻すことができる。相談者自身の感じ方に焦点を当てて肯定的な関心を持つ受容的態度が大切である。
4.× 同化とは、対象や環境などを自分の中に取りこむことである。相談者の思いを同化してしまうとカウンセラーの精神的負担になる。
5.× 評価(アセスメント)は、価値を判断することである。カウンセリングでは話を傾聴し、相手の感情や思いを要約して伝えることが大切である。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)