第110回(R3) 看護師国家試験 解説【午前81~85】

 

81 成人の人体図を下図に示す。
 意識清明で不整脈のある成人の脈拍測定時に一般的に使われる部位はどれか。

1.A
2.B
3.C
4.D
5.E

解答3

解説
1.× Aは、首の左右を通る総頸動脈で収縮期血圧60mmHgまで触れる。血圧低下時に橈骨動脈や大腿動脈で触れない場合に使用される。総頸動脈は、意識消失時血圧低下時の脈拍測定に用いられる。頭動脈洞反射を予防するため、両側を圧迫せず片側ずつ触知する。頚動脈洞反射とは、徐脈・血圧低下などを引き起こす迷走神経反射である。
2.× Bは、肘の内側を通る上腕動脈で、主に血圧測定時の聴診に使用される。上腕動脈は臥位でも座位でも心臓と同じ高さであることから測定値の変動が少ない。肘窩の内側(上腕二頭筋臆付着部あたり)で触知する。
3.〇 正しい。Cは、手首の親指側を通る橈骨動脈であり、意識清明で不整脈のある成人の脈拍測定時に一般的に使われる部位である。示指、中指、薬指の3指で脈拍数や不整脈の有無を知るために使用される。収縮期血圧が80mmHg以上で触れる。
4.× Dは、手首の小指側を通る尺骨動脈で、不整脈の判断には一般的に最も触れやすい橈骨動脈が使用される。なぜなら、橈骨動脈のほうが皮膚に近い位置を走行しているため。
5.× Eは、太ももの付け根部分に触れる大腿動脈で血圧低下時に使用される。収縮期血圧70mmHgまでなら触れられる。また、大腿動脈はカテーテル検査に用いられる。鼠径部を露出する必要があり簡便ではないため、一般的な脈拍測定は橈骨動脈を用いる。血圧が低く橈骨動脈が触れない場合は、総頭動脈や大腿動脈を触知する。

 

 

 

 

 

 

82 感染徴候のない創部の治癒を促進する要因はどれか。

1.圧迫
2.痂皮
3.湿潤
4.消毒
5.浮腫

解答3

解説
1.× 圧迫は、血流障害を引き起こし、むしろ創傷治癒を遅らせる局所因子となる。出血している場合は、圧迫止血を必要とするが、出血のない創部は圧迫されないように注意して管理する必要がある。
2.× 痂皮(かさぶた)は、創傷治癒促進の要因とはならない。血小板や赤血球などを絡め取りながら凝固した血栓で、創傷を乾燥させてしまうと創傷治癒に時間を要し上皮の盛り上がりが悪くなってしまう。痂皮(かさぶた)は、創面の細胞が乾燥、壊死し、血葉成分や血小板などとともに凝固、固着した状態である。創面が乾燥し、痴疲が形成されると、細胞増殖、上皮化が促進されない。
3.〇 正しい。湿潤は、感染徴候のない創部の治癒を促進する要因である。創傷治癒には創部の乾燥を防止し、創傷被覆剤を貼付するなど湿潤環境を保持することが大切である。創傷治癒を促進させるためには、ドレッシング剤などを使用し、創部の湿潤環境を維持するようにする。
4.× 消毒は、創傷治癒促進の要因とはならない。消毒薬は、細菌だけに作用するのではなく、創傷修復に必要な細胞に対しても毒性がある。そのため、過度な消毒は創傷治癒を遅延させる。創傷は、消毒よりも創傷周囲の皮膚を洗浄し、過剰な水分を取り除いた(洗浄)後、湿潤環境を保持する。
5.× 浮腫は、創傷治癒を遅らせる局所因子となる。なぜなら、浮腫は、心不全や創部感染、血清アルブミンの低下などの低栄養状態で生じる浮腫があると、皮膚・軟部組織の非薄化と脆弱化、組織耐久性の低下につながるため。その他に慢性疾患、血管不全、糖尿病、神経損傷、栄養障害、老化なども創傷治癒を遅らせる要因となる。

 

 

 

 

 

 

83 小児期における消化器の特徴で正しいのはどれか。

1.新生児期は胃内容物が食道に逆流しやすい。
2.乳児期のリパーゼの活性は成人と同程度である。
3.ラクターゼの活性は1歳以降急速に高まる。
4.アミラーゼの活性は12~13歳で成人と同程度になる。
5.出生直後の腸内細菌叢は母親の腸内細菌叢の構成と同一である。

解答1

解説

1.〇 正しい。新生児期は胃内容物が食道に逆流しやすい。なぜなら、新生児の胃はI字型(縦型で噴門部が未発達)であるため。
2.× 乳児期のリパーゼの活性は、成人と同程度ではなく少なくなっている。なぜなら、乳児期のリパーゼの働きは成人と比べてあまり活発ではないため。舌や胃壁からもリパーゼが分泌され脂肪の消化を行っている。脂肪の分解酵素であるリパーゼの活性は、2~3歳で成人と同程度になる。
3.× ラクターゼの活性は、1歳以降ではなく、哺乳期に急速に高まる。ちなみに、離乳後徐々に低下する。したがって、乳汁の乳糖分解に必要なラクターゼの活性は、出生時には成人と同程度になる。
4.× アミラーゼの活性は、成人と同程度になるのは、12~13歳ではなく、2~3歳頃に成人と同程度になる。アミラーゼはでんぷんを分解して糖にする酵素であり、アミラーゼの活性は新生児期には低い。生後2~3か月頃から増加し、2~3歳で成人と同程度になる。
5.× 出生直後の腸内細菌叢は、母親の腸内細菌叢の構成と同一ではない。なぜなら、出生直後の腸内細菌叢は母親との接触をうけて徐々にビフィズス菌優勢の腸内細菌叢を形成するため。出生直後の腸内は無菌状態であり、生後2~3日頃から腸内細菌叢が形成される。母乳栄養児ではビフィズス菌が多い。

 

 

 

 

 

 

84 感覚受容にリンパ液の動きが関与するのはどれか。2つ選べ。

1.嗅覚
2.聴覚
3.味覚
4.振動感覚
5.平衡感覚

解答2/5

解説
1.× 嗅覚は、吸い込まれた空気に含まれている「におい」の分子が上鼻道にある嗅毛を震わせることで、「におい」として認識される。嗅上皮にある嗅細胞が「におい」の情報を中枢に伝える。
2.〇 正しい。聴覚は、リンパ液の動きが関与する。聴神経を介して中枢に送られるまでに、耳小骨によって伝えられた鼓膜の震動が内リンパと外リンパに伝えられる。聴覚をつかさどるのは、内耳にある蝸牛である。蝸牛はリンパ液で満たされている。リンパ液の振動が有毛細胞を振動させ、鼓膜の振動を電気信号に変換し中枢へ伝える。
3.× 味覚は、舌表面にあるざらざらした突起のくぼみにある味蕾で感知されることで味を感じる。味蕾に物質が接することで刺激され、味の情報が神経を介して中枢に伝えられる。
4.× 振動感覚は、末梢神経の中の感覚神経が関連し、中枢神経系へ伝えることで振動を感じる。振動感覚とは、触覚・圧覚と同様に皮膚受容感覚である。
5.〇 正しい。平衡感覚は、リンパ液の動きが関与する。耳内の前庭と三半規管であり、内リンパ液と外リンパ液が関連する。平衡感覚をつかさどるのは、内耳の前庭と三半規管であり、どちらもリンパ液で満たされている。身体の回転などによりリンパ流が生じると、有毛細胞が刺激され水平・垂直方向の直線加速度と回転加速度(角加速度)を感知する。

 

 

 

 

 

 

85 血液のpH調節に関わっているのはどれか。2つ選べ。

1.胃
2.肺
3.心臓
4.腎臓
5.膵臓

解答2/4

解説

1.× 胃は、血液のpH調節には関わっていない。なぜなら、胃酸は胃内腔へ分泌されるため。胃では食物中のタンパク質を分解するペプシンを活性化するために胃酸(塩酸)が分泌する。
2.〇 正しい。は、血液のpH調節に関わっている。なぜなら、肺は呼気へCO2を排出する臓器であるため。CO2排出が充進するとpHは上昇して呼吸性アルカローシス、逆にCO2が蓄積するとpHは低下して呼吸性アシドーシスとなる。
3.× 心臓は、血液のpH調節には関わっていない。なぜなら、心臓は血液を体内に循環させるポンプの役割を果たしているため。
4.〇 正しい。腎臓は、血液のpH調節に関わっている。なぜなら、腎臓は尿中へHCO3-を排泄する臓器であるため。腎臓の機能が低下すると代謝性アシドーシスとなる。過剰な酸や塩基を排出することで、血液のpHを変化させる。
5.× 膵臓は、血液のpH調節には関わっていない。なぜなら、消化液は十二指腸内腔へ分泌されるため。膵臓から分泌される消化液にはさまざまな消化酵素とともに胃酸を中和するアルカリ性の重炭酸塩が含まれている。膵臓の膵液はpH7.5 〜8.8のアルカリ性で、十二指腸に送られ胃液で酸性になった食材を中和する働きをする。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)