第110回(R3) 看護師国家試験 解説【午後81~85】

 

81 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律〈精神保健福祉法〉に規定された入院形態で、精神保健指定医2名以上により、精神障害者であり、かつ、医療及び保護のために入院させなければその精神障害のために自身を傷つけ又は他人に害を及ぼすおそれがあると診察の結果が一致した場合に適用されるのはどれか。

1.応急入院
2.措置入院
3.任意入院
4.医療保護入院
5.緊急措置入院

解答2

解説
1.× 応急入院とは、患者に自傷・他害のおそれはないが、医療的に入院加療が必要であり、かつ家族などの同意が得られないとき(連絡がつかないときなど)に、1人の精神保健指定医の診察によって入院させる入院形態である。ただし、その効力は72時間である‘
2.〇 正しい。措置入院は、精神保健指定医2名以上により、精神障害者であり、かつ、医療及び保護のために入院させなければその精神障害のために自身を傷つけ又は他人に害を及ぼすおそれがあると診察の結果が一致した場合に適用される。
3.× 任意入院は、精神保健指定医の診察は必要としない。入院時には患者本人の同意が必要であり、本人の申し出があれば退院させなければならない。しかし、精神保健指定医が必要と認めれば、72時間以内の退院制限が可能となる。
4.× 医療保護入院は、患者に自傷・他害のおそれはないが医療的に入院加療が必要であるときに、精神保健指定医1人の診察結果と家族など(配偶者、親権者、後見人など)の同意をもとに、強制的に入院させる入院形態である。患者に身寄りがない場合は、患者の居住地の市町村長が同意の判断を行う。
5.× 緊急措置入院は、自傷・他害のおそれがある患者に対して、医療的に入院加療が必要であるが措置入院の手続きがとれないとき(指定医2人が確保できないなど)、精神保健指定医1人の診察結果と知事の決定によって強制的に入院させる入院形態である。ただし、その効力は72時間である。

 

詳しく勉強したい方はこちら↓

【看護師国家試験】精神保健福祉法に基づく入院形態について完全解説

 

 

 

 

 

 

82 副交感神経を含む脳神経はどれか。2つ選べ。

1.動眼神経
2.三叉神経
3.内耳神経
4.迷走神経
5.舌下神経

解答1/4

解説

自律神経機能をもつ脳神経の覚え方

自律神経機能をもつ脳神経は「港区
(み(Ⅲ)、な(Ⅶ)、と(Ⅹ)、く(Ⅸ)番の脳神経)と覚える。

1.〇 正しい。動眼神経(Ⅲ)は、副交感神経を含む脳神経である。縮瞳、対光反射、調節輻輳反射にかかわる脳神経に含まれる自律神経はすべて副交感神経である。
2.× 三叉神経(Ⅴ)は、副交感神経は含まない。顔面の感覚と咀嚼筋の運動を支配する。
3.× 内耳神経(Ⅷ)は、副交感神経は含まない。聴覚と平衡感覚を伝える感覚神経である。
4.〇 正しい。迷走神経(Ⅶ)は、副交感神経を含む脳神経である。消化管と気管の運動および粘液分泌にかかわる。
5.× 舌下神経は、副交感神経は含まない。舌筋の運動を支配する運動神経である。

 

 

 

 

 

 

83 血圧を上昇させるのはどれか。2つ選べ。

1.セロトニン
2.ヒスタミン
3.バソプレシン
4.ブラジキニン
5.心房性ナトリウムペプチド

解答1/3

解説
1.〇 正しい。セロトニンは、血圧を上昇させる。セロトニンは脳内の神経伝達物質のひとつであると同時に、血管収縮作用や昇圧作用もある。
2.× ヒスタミンは、アレルギー反応の際に分泌される。血圧降下血管透過性亢進、血管拡張作用がある。
3.〇 正しい。バソプレシンは、血圧を上昇させる。バソプレシンが下垂体後葉から分泌され、抗利尿作用・血圧上昇が起きる。
4.× ブラジキニン(生理活性ペプチド)は炎症やアレルギー反応に関与する。血管拡張により全身の血圧低下を起こす。
5.× 心房性ナトリウムペプチドは、主に心房で合成されるホルモンで、利尿作用をもち、体液量を減らして心臓の負荷を下げる。したがって、血圧降下作用物質として働く。

 

 

 

 

 

 

84 蠕動運動がみられるのはどれか。2つ選べ。

1.腎動脈
2.腎孟
3.尿管
4.膀胱
5.尿道

解答2/3

解説

蠕動運動とは?

蠕動運動とは、管腔臓器において中枢側(口側)が収縮し末梢側(肛門側)が弛緩することで、末梢側(肛門側)に尿や消化管内容物を押し出していく運動のことである。

1.× 腎動脈は、心臓の拍動によって動脈内の血液の圧力が変動し、拍動している。
2.〇 正しい。腎孟は、蠕動運動がみられる。腎臓で産生された尿はまず腎孟に集められ、その平滑筋の蠕動運動により、尿管へ送り出される。
3.〇 正しい。尿管は、蠕動運動がみられる。腎孟から送り出された尿は、尿管の平滑筋の蠕動運動により膀胱まで運ばれる。
4.× 膀胱は、蠕動運動がみられない。蓄尿時は、脊髄・大脳などに存在する排尿抑制機構によって膀胱が弛緩することで蓄尿を維持する。排尿時には、大脳からの指令により膀胱が収縮すること随意に排尿できる。
5.× 尿道は、蠕動運動がみられない。蓄尿時には内・外尿道括約筋が収縮することで尿禁制を維持している。排尿時には、内・外尿道括約筋が弛緩することで、尿が尿道を通り排泄される。

 

 

 

 

 

 

85 炎症の4徴候に含まれるのはどれか。2つ選べ。

1.壊疽
2.腫脹
3.膿瘍
4.発赤
5.浮腫

解答2/4

解説

炎症とは?

炎症とは、壊死や刺激・侵襲に対する生体反応のことである。炎症の四徴として、①発熱(局所の熱感)、②発赤、③腫脹、④疼痛がある。これに⑤機能障害を加えて、炎症の五徴と呼ぶ場合もある。

1.× 壊疽は、炎症の四徴候には含まれない。壊疽とは、感染症あるいは血栓症などによる虚血を原因とする組織の壊死である。体組織の腐敗がみられることがある。炎症反応による細菌の除去や組織の修復よりも、組織の壊死腐敗が勝るような状態を指す。糖尿病による下肢壊疽などがある。
2.〇 正しい。腫脹は、炎症の4徴候に含まれる。腫脹とは、炎症によって毛細血管の透過性が亢進することである。
3.× 膿瘍は、炎症の四徴候には含まれない。膿瘍とは、化膿性炎症が生体組織内に限局した状態を指し、崩壊した好中球と、これに由来した分解酵素により、組織が融解し、膿で満たされた空洞が形成された状態をいう。炎症反応により治癒せず、化膿性炎症が継続する場合に発生する。
4.〇 正しい。発赤は、炎症の4徴候に含まれる。発赤とは、急性炎症時に、毛細血管の拡張と、局所の血流が増加することを指す。
5.× 浮腫は、炎症の四徴候には含まれない。浮腫とは、体液のうち組織液が病的に増加した状態のことである。炎症による血管透過性の亢進以外の病態(静水圧の上昇、膠質浸透圧の低下など)でも起こり得る。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)