第110回(R3) 看護師国家試験 解説【午前86~90】

 

86 悪性貧血で正しいのはどれか。2つ選べ。(※不適切問題:解3つ)

1.黄疸が生じる。
2.異食症が出現する。
3.小球性の貧血である。
4.胃癌の発症率が高い。
5.自己免疫機序で発症する。

解答1/4/5(3通りの解答を正解として採点する)
理由:3つの選択肢が正解であるため。

解説
1.〇 正しい。黄疸が生じる。なぜなら、悪性貧血におけるビタミンB12の欠乏は、造血細胞におけるDNA合成障害が起こり、これにより成熟前の幼弱な造血細胞が崩壊しやすくなるため。間接ビリルビンが上昇し黄痘が生じる。悪性貧血は、高度の萎縮性胃炎による内因子分泌の欠乏が一次的原因である。その結果、回腸末端部からのビタミンB12の吸収障害をおこす。 欠乏症状として黄疸のほかにも動悸、めまい、耳鳴り、全身倦怠感、舌炎、悪心、嘔吐、下痢、神経症状として四肢の知覚異常、歩行困難、視力障害などがおこる。
2.× 異食症はみられない。異食症とは、食べものではないものを日常的に食べることを特徴とする摂食障害である。悪性貧血ではまれに興奮や軽い意識混濁などの精神障害をきたすこともある。異食症は、栄養障害などでみられることがあり、鉄欠乏性貧血における氷食症が有名である。
3.× 小球性の貧血ではなく、ビタミンB12または葉酸の欠乏によって生じる巨赤芽球性貧血である。一方、小球性貧血(鉄欠乏性貧血やサラセミアなど)は、ヘモグロビン合成が障害されることで起こるヘモグロビン異常症でみられる。
4.〇 正しい。胃癌の発症率が高い。なぜなら、悪性貧血はビタミンB12欠乏性の貧血であり、悪性貧血は、自己免疫性萎縮性胃炎や抗内因子抗体の産生により内因子が減少し、ビタミンB12の吸収障害が起きた結果、欠乏症となり生じるため。胃癌の合併率が高いため、定期的な上部消化管検査を勧める。
5.〇 正しい。自己免疫機序で発症する。悪性貧血は自己免疫反応による慢性萎縮性胃炎が原因となり内因子が欠乏し、ビタミンB12の吸収不良を生じることでおこる。

 

 

 

 

 

 

87 労働者災害補償保険法に規定されているのはどれか。2つ選べ。

1.通勤災害時の療養給付
2.失業時の教育訓練給付金
3.災害発生時の超過勤務手当
4.有害業務従事者の健康診断
5.業務上の事故による介護補償給付

解答1/5

解説

労働者災害補償保険法

『労働者災害補償保険法』は、業務上の事由、複数事業労働者の業務を要因とする事由、通勤中の労働者の負傷、疾病、傷害、死亡などの労働災害に対して必要な保険給付を行い、労働者の福祉の増進に寄与することを目的としている。

1.〇 正しい。通勤災害時の療養給付は、労働者災害補償保険法に規定されている。保険給付の中には、労働者の通勤による負傷、疾病、障害または死亡(通勤災害)に関する保険給付があげられている。
2.× 失業時の教育訓練給付は行っていない。労働者災害補償保険法では、負傷もしくは疾病にかかった労働者の福祉増進に寄与することを目的としている。ちなみに、失業時の教育訓練給付金は、『雇用保険法』に規定されている。失業等給付は、求職者給付、就職促進給付、教育訓練給付および雇用継続給付とするとされている。
3.× 災害発生時の超過勤務手当はない。労働者災害補償保険法では、負傷もしくは疾病にかかった労働者の福祉増進に寄与することを目的としている。ちなみに、災害発生時の超過勤務手当は、『労働基準法』に規定されている。災害やその他避けられない事柄によって臨時に必要となる場合は、労働時間を延長し、休日に労働させることができる。この場合、割増賃金が発生する。
4.× 有害業務従事者の健康診断は行っていない。健康診断は、業務災害や通勤災害を受けた場合のみである。ちなみに、有害業務従事者の健康診断は『労働安全衛生法』に規定されている。有害業務従事者は特殊健康診断の対象であり、実施時期は有害業務への雇用時、有害業務への配置転換時のほか、基本的には6か月以内ごとに1回実施すると定められている。
5.〇 正しい。業務上の事故による介護補償給付は、労働者災害補償保険法に規定されている。保険給付の中には、労働者の業務上の負傷、疾病、障害または死亡(業務災害)に関する保険給付があげられている。傷病や障害で介護が必要な場合に現物給付される。

 

 

 

 

 

 

88 尿管結石症の治療で適切なのはどれか。2つ選べ。

1.尿路変更術
2.血管拡張薬の投与
3.カルシウム製剤の投与
4.体外衝撃波砕石術〈ESWL〉
5.非ステロイド系抗炎症薬の投与

解答4/5

解説

尿管結石症では、結石によって閉塞した部位の中枢側の尿路が拡張し、腰背部の疝痛発作が起こる。

1.× 尿路変更術(尿路変向術)は、膀胱がんで膀胱を適出した場合など尿路を再建する必要がある時に行う。膀胱癌に対して膀胱全摘除術と同時に実施する治療法である。ちなみに、悪性腫瘍による尿管の閉塞時に作成する腎瘻も尿路変向(尿路変向)である。
2.× 血管拡張薬は、末梢血管を拡張させる高血圧治療薬冠血管を拡張させるため心疾患(狭心症)脳血管障害に使用されることが多い。ちなみに、尿管結石症は、排石するために利尿剤や抗コリン薬などが使われる。他にも、腰背部疝痛に対する鎮痙薬・鎮痛薬のほか、結石排石促進、結石溶解を目的とした薬剤を用いる。
3.× カルシウム製剤の投与は予防法である。尿路結石のなかで最も多いシュウ酸カルシウム結石の再発予防において、食事中のシュウ酸の吸収を抑制する目的で、多めのカルシウム摂取が推奨される。治療法においては、他の選択肢の方が有効である。
4.〇 正しい。体外衝撃波砕石術〈ESWL〉は、尿管結石症の治療で適切である。外科手術をせずに体の外より衝撃波をあて、体に傷をつけることなく結石を粉々に砕き、体の外に流しだす治療法である。
5.〇 正しい。非ステロイド系抗炎症薬の投与は、尿管結石症の治療で適切である。非ステロイド性抗炎症薬(NSATDs)には、痛みを引き起こすプロスタグランジンの産生を抑える作用があり、尿管の閉塞で生じる腰背部の痛痛発作に対する応急処置として有効である。排石するために利尿剤や抗コリン薬などが使用される。

 

 

 

 

 

 

89 Aさん(38歳、女性)は、大腸癌の終末期である。癌性腹膜炎による症状緩和の目的で入院し、鎮痛薬の静脈内注射と高カロリー輸液が開始された。Aさんは自宅で過ごしたいと希望したため、医師と看護師で検討し、症状緩和をしながら自宅退院の方向で退院支援カンファレンスを開催することになった。
 退院支援カンファレンスの参加者で適切なのはどれか。2つ選べ。

1.薬剤師
2.言語聴覚士
3.臨床検査技師
4.介護支援専門員
5.ソーシャルワーカー

解答1/5

解説

退院支援カンファレンスとは?

退院支援カンファレンスとは、患者および家族の希望や状況、治療や入院中の経過などの情報を共有し、参加者がそれぞれの役割を明確にしたうえで話し合い、退院に向けての課題を明らかにする場でもある。

1.〇 正しい。薬剤師は、退院支援カンファレンスの参加者で適切である。なぜなら、退院後の疼痛コントロール輸液のため。本症例は、終末期のがんであり、腹膜炎の症状があることから、退院後も疼痛をはじめとする多様な症状への対応が必要となると考えれる。そのため、疼痛管理などにかかわってきた薬剤師からの、退院後の生活を視野に入れた情報提供や支援は重要である。
2.× 言語聴覚士は、脳疾患や障害によるコミュニケーションや食事障害の支援をする専門職である。言語障害、嚥下障害、聴覚障害のある人に、検査・訓練・助言・指導を行う。
3.× 臨床検査技師は、患者の血液や尿などの検体や脳をはじめとした患者の身体の検査を行う職業である。検体検査、生理学的検査、および採血などの検体採取が業務である。
4.× 介護支援専門員は、要介護・要支援者の状況に応じた必要なサービスが受けられるようにケアプランの作成や連絡調整を行う。本症例は、介護保険の申請などといった状況設定の記載がないため、確実に必要とはいいにくい。薬学的管理を必要とする通院が困難な在宅療養者に対しては、医師または歯科医師の指示のもと、薬剤師が居宅を訪問するサービスがあり、年々このようなサービスを提供する薬局数が増えている。療養者が要介護または要支援の認定を受けている場合には介護保険によるサービスとなり、認定を受けていない場合には医療保険によるサービスとなる。
5.〇 正しい。ソーシャルワーカーは、退院支援カンファレンスの参加者で適切である。医療ソーシャルワーカー(MSWとは、病気になった患者や家族を社会福祉の立場からサポートする医療機関などにおける福祉の専門職である。ソーシャルワーカーは、社会福祉の立場から患者やその家族の抱える経済的・心理的・社会的問題の解決、調整を援助する役割があり、全人的痛みを抱える終末期がん患者の退院支援にかかわる。

 

 

 

 

 

 

90 身体的フレイルの評価基準はどれか。2つ選べ。

1.視力低下
2.体重減少
3.聴力低下
4.歩行速度の低下
5.腸蠕動運動の低下

解答2/4

解説

フレイルとは?

フレイルとは「加齢により心身が衰えた(虚弱な)状態」のことをいう。身体的フレイルの評価基準には、一般的にFriedらによるフレイルの定義が用いられることが多く、①体重減少、②主観的活力低下、③握力低下、④歩行速度の低下、⑤活動度の低下の5項目のうち3項目以上が当てはまればフレイルであるとしている。

1.× 視力低下は、身体的フレイルの評価基準に含まれない。視力低下は、加齢に伴なう生理的老化である。ただし、視力低下により転倒しやすいため、生活環境への配慮が必要となる。
2.〇 正しい。身体的フレイルの評価基準の中に、体重減少(6か月で2~3kg以上)が含まれる。ちなみに、体重減少には、筋力や栄養状態が影響している。
3.× 聴力低下は、身体的フレイルの評価基準に含まれない。生理的老化による感音性難聴により、弁別能の低下や高音域の聞き取りにくさがみられ、人との会話が聞き取りづらくなる。これにより、人と会ったり、外出したりすることを避けるようになり、外部との交流が途絶え、孤立につながるため、この状態が続くと社会的フレイルを招きやすい。
4.〇 正しい。身体的フレイルの評価基準の中に、歩行速度の低下(通常歩行速度<1.0m/秒)が含まれる。身体的フレイルの原因として、筋力量の減少(サルコペニア)が挙げられるが、歩行速度の低下や握力低下はサルコペニアの診断基準に含まれる。筋力量の減少(サルコペニア)により、身体機能の低下だけではなく、QOLが低下し、入院リスクが高まるといわれている。
5.× 腸嬬動運動の低下は、身体的フレイルの評価基準に含まれない。生理的老化により、消化管に関連する筋肉の収縮力が低下し、腸蠕動運動が低下する。これにより、便秘になりやすい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)