第110回(R3) 看護師国家試験 解説【午前86~90】

 

86 悪性貧血で正しいのはどれか。2つ選べ。(※不適切問題:解3つ)

1.黄疸が生じる。
2.異食症が出現する。
3.小球性の貧血である。
4.胃癌の発症率が高い。
5.自己免疫機序で発症する。

解答1/4/5(3通りの解答を正解として採点する)
理由:3つの選択肢が正解であるため。

解説
1.〇 正しい。黄疸が生じる。悪性貧血は、高度の萎縮性胃炎による内因子分泌の欠乏が一次的原因である。 その結果、回腸末端部からのビタミンB12の吸収障害をおこす。 欠乏症状として黄疸のほかにも動悸、めまい、耳鳴り、全身倦怠感、舌炎、悪心、嘔吐、下痢、神経症状として四肢の知覚異常、歩行困難、視力障害などがおこる。
2.× 悪性貧血ではまれに興奮や軽い意識混濁などの精神障害をきたすこともあるが、異食症は見られない。異食症とは食べものではないものを日常的に食べることを特徴とする摂食障害である。
3.× 小球性の貧血ではなく、ビタミンB12または葉酸の欠乏によって生じる巨赤芽球性貧血である。
4.〇 正しい。悪性貧血はビタミンB12欠乏性の貧血であり、胃癌の発症率が高い。ビタミンB12の吸収には胃液の内因子との結合が必要になる。
5.〇 正しい。悪性貧血は自己免疫反応による慢性萎縮性胃炎が原因となり内因子が欠乏し、ビタミンB12の吸収不良を生じることでおこる。

 

 

 

 

 

 

87 労働者災害補償保険法に規定されているのはどれか。2つ選べ。

1.通勤災害時の療養給付
2.失業時の教育訓練給付金
3.災害発生時の超過勤務手当
4.有害業務従事者の健康診断
5.業務上の事故による介護補償給付

解答1/5

解説
1.〇 正しい。保険給付の中には、労働者の通勤による負傷、疾病、障害または死亡(通勤災害)に関する保険給付があげられている。
2.× 労働者災害補償保険法では、負傷もしくは疾病にかかった労働者の福祉増進に寄与することを目的としており、失業時の教育訓練給付は行っていない。
3.× 労働者の通勤や業務中における負傷、疾病、障害又は死亡などの保険給付であり、災害発生時の超過勤務手当はない。
4.× 健康診断は業務災害や通勤災害を受けた場合のみで、有害業務従事者の健康診断は行っていない。
5.〇 正しい。保険給付の中には、労働者の業務上の負傷、疾病、障害または死亡(業務災害)に関する保険給付があげられている。

 

 

 

 

 

 

88 尿管結石症の治療で適切なのはどれか。2つ選べ。

1.尿路変更術
2.血管拡張薬の投与
3.カルシウム製剤の投与
4.体外衝撃波砕石術〈ESWL〉
5.非ステロイド系抗炎症薬の投与

解答4/5

解説
1.× 尿路変更術は、膀胱がんで膀胱を適出した場合など尿路を再建する必要がある時に行う。
2.× 血管拡張薬は、心疾患や脳血管障害に使用されることが多い。尿管結石症では排石するために利尿剤や抗コリン薬などが使われる。
3.× カルシウムは尿路結石の成分の1つであり、カルシウム製剤の投与は適さない。
4.〇 正しい。体外衝撃波砕石術〈ESWL〉は外科手術をせずに体の外より衝撃波をあて、体に傷をつけることなく結石を粉々に砕き、体の外に流しだす治療法である。
5.〇 正しい。尿管結石症では排石するために利尿剤や抗コリン薬などが使用されるが、非ステロイド系抗炎症薬の投与は行われない。

 

 

 

 

 

 

89 Aさん(38歳、女性)は、大腸癌の終末期である。癌性腹膜炎による症状緩和の目的で入院し、鎮痛薬の静脈内注射と高カロリー輸液が開始された。Aさんは自宅で過ごしたいと希望したため、医師と看護師で検討し、症状緩和をしながら自宅退院の方向で退院支援カンファレンスを開催することになった。
 退院支援カンファレンスの参加者で適切なのはどれか。2つ選べ。

1.薬剤師
2.言語聴覚士
3.臨床検査技師
4.介護支援専門員
5.ソーシャルワーカー

解答1/5

解説
1.〇 正しい。退院後の疼痛コントロールや輸液のため薬剤師との連携が必要になる。
2.× 言語聴覚士は、脳疾患や障害によるコミュニケーションや食事障害の支援をする専門職である。
3.× 臨床検査技師は、患者の血液や尿などの検体や脳をはじめとした患者の身体の検査を行う職業である。
4.× 介護支援専門員は、要介護・要支援者の状況に応じた必要なサービスが受けられるようにケアプランの作成や連絡調整を行う。
5.〇 正しい。医療ソーシャルワーカー(MSW)とは、病気になった患者や家族を社会福祉の立場からサポートする医療機関などにおける福祉の専門職である。

 

 

 

 

 

 

90 身体的フレイルの評価基準はどれか。2つ選べ。

1.視力低下
2.体重減少
3.聴力低下
4.歩行速度の低下
5.腸蠕動運動の低下

解答2/4

解説
1.× 身体的フレイルの評価基準には、①体重減少、②筋力・握力低下、③疲労感、④歩行速度、⑤身体活動の5つがあり、視力低下は含まれない。
2.〇 正しい。身体的フレイルの評価基準の中に、6か月で2~3kg以上の体重減少が含まれる。
3.× 聴力低下は身体的フレイルの評価基準の中に含まれない。
4.〇 正しい。身体的フレイルの評価基準の中に、通常歩行速度<1.0m/秒と歩行速度の低下が含まれる。
5.× 腸嬬動運動の低下は身体的フレイルの評価基準の中に含まれない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)