第110回(R3) 看護師国家試験 解説【午後91~95】

 

次の文を読み91~93の問いに答えよ。
 Aさん(64歳、女性、主婦)は、50歳で高血圧症と診断され、降圧薬を服用している。栄養指導を受け、食事療法も実施している。趣味はサイクリングと海外旅行である。数か月前からサイクリング中に息苦しさやめまいを感じるようになったため、かかりつけ医から紹介された病院を受診した。外来受診時のバイタルサインは、体温36.8℃、呼吸数24/分、脈拍40/分、血圧96/52mmHg、経皮的動脈血酸素飽和度〈SpO2〉98%(room air)。

91 Aさんは完全房室ブロックが疑われた。
 Aさんに行われる検査で優先されるのはどれか。

1.心臓超音波検査
2.12誘導心電図検査
3.心臓カテーテル検査
4.運動負荷心電図検査

解答2

解説

本症例のポイント

64歳の女性で、Aさんは完全房室ブロックが疑われた。主訴はサイクリング中の息苦しさやめまいである。バイタルサインで脈拍40回/分と徐脈である。

現時点では、Aさんは完全房室ブロックが疑われた状態であるため、確定診断するための検査を選択する。

1.× 心臓超音波検査(心エコー検査)は優先度が低い。心臓超音波検査(心エコー検査)は心筋の動きや血液の量を測定する目的で高血圧や心不全、心筋症などの診断に行われる。現時点では、Aさんは完全房室ブロックが疑われた状態であるため、確定診断するための検査を選択する。
2.〇 正しい。12誘導心電図検査は、Aさんに行われる検査で優先される。なぜなら、現時点では、Aさんは完全房室ブロックが疑われた状態であり、確定診断するため。12誘導心電図検査は、不整脈や心筋の異常の発見など基本的な検査でありり、完全房室ブロックの確定診断は12誘導心電図で行われる。完全房室ブロックでは、心房から心室への伝導が完全に途絶え、P波とQRS波がまったく無関係に出現する。
3.× 心臓カテーテル検査は優先度が低い。心臓カテーテル検査は、血管の詰まりや細くなっている部分を把握し、狭心症や心筋梗塞などの診断に行われる。冠動脈造影や心臓内圧測定などを行う。虚血性心疾患(心筋梗塞や狭心症)の診断のために行われることが多い。
4.× 運動負荷心電図検査は優先度が低い。運動負荷心電図検査は、運動中の心臓の状態を調べ、安静時にはわからない心臓の異常を見つける検査である。安静時には症状のない労作性狭心症の診断に用いられることが多い。心筋虚血を意図的に誘発し心電図ST部分の変化を観察する。

 

 

 

 

 

 

次の文を読み91~93の問いに答えよ。
 Aさん(64歳、女性、主婦)は、50歳で高血圧症と診断され、降圧薬を服用している。栄養指導を受け、食事療法も実施している。趣味はサイクリングと海外旅行である。数か月前からサイクリング中に息苦しさやめまいを感じるようになったため、かかりつけ医から紹介された病院を受診した。外来受診時のバイタルサインは、体温36.8℃、呼吸数24/分、脈拍40/分、血圧96/52mmHg、経皮的動脈血酸素飽和度〈SpO2〉98%(room air)。

92 検査の結果、Aさんは完全房室ブロックと診断された。
 今後、Aさんに起こりやすいのはどれか。

1.脳虚血
2.肺塞栓症
3.不安定狭心症
4.心タンポナーデ

解答1

解説

1.〇 正しい。脳虚血は、今後、Aさんに起こりやすい。なぜなら、徐脈による単位時問あたりの脳血流が低下するため。完全房室ブロックでは一過性心停止によるアダムス・ストークス発作など、めまいや失神といった脳虚血症状(めまい、眼前暗黒感、意識消失)を起こすことが多い。
2.× 肺塞栓症は、深部静脈血栓症によってできた血栓が肺動脈をふさいでしまう病気である。
3.× 不安定狭心症は、心筋梗塞を伴わない冠動脈の急性閉塞によって生じる病態である。狭心症の発作の回数が増え軽い労作でも狭心症発作が起きる。心筋梗塞に移行する可能性が高い。
4.× 心タンポナーデは、心膜の間に血液が貯留し、心臓が圧迫されることで、血液を送り出す心臓のポンプ機能が阻害される病態である。心拍出量が低下しショック状態となる。

 

 

 

 

 

 

次の文を読み91~93の問いに答えよ。
 Aさん(64歳、女性、主婦)は、50歳で高血圧症と診断され、降圧薬を服用している。栄養指導を受け、食事療法も実施している。趣味はサイクリングと海外旅行である。数か月前からサイクリング中に息苦しさやめまいを感じるようになったため、かかりつけ医から紹介された病院を受診した。外来受診時のバイタルサインは、体温36.8℃、呼吸数24/分、脈拍40/分、血圧96/52mmHg、経皮的動脈血酸素飽和度〈SpO2〉98%(room air)。

93 その後、Aさんにはペースメーカー植込み術が行われ、看護師は退院後の電磁干渉について説明を行った。Aさんからは「生活の中でどのようなことに注意をすれば良いですか」と質間があった。
 Aさんが最も注意する必要がある状況はどれか。

1.新幹線への乗車
2.パーソナルコンピュータの使用
3.電動アシスト付き自転車での移動
4.電子商品監視装置〈Electronic Article Surveillance:EAS〉の通過

解答4

解説

1.× 新幹線への乗車による電磁波の影響はない。なぜなら、駅では屋根などの構造物が電界を吸収するため。ただし、車両基地などのように架線が何十本も並んでいる場所では電界の影響が出る可能性がある。
2.× パーソナルコンピュータの使用による電磁波の影響はない。よって、電子レンジ、テレビ、ラジオ、パソコン、電気掃除機、電気洗濯機などは安全に使用できる。
3.× 電動アシスト付き自転車での移動による電磁波の影響はない。なぜなら、ペースメーカーとの距離が十分保たれるため。
4.〇 正しい。電子商品監視装置〈Electronic Article Surveillance:EAS〉の通過は、Aさんが最も注意する必要がある。なぜなら、電子商品監視装置〈Electronic Article Surveillance:EAS〉は磁界を発生しペースメーカーに影響を与えるため。したがって、立ち止まらずに通路の中央をまっすぐ通過する必要がある。ペースメーカー植込み後には電磁界による影響(ペースメーカーが電磁界を感知して作動に障害が生じること)に注意しなければならない。電子商品監視装置〈Electronic Article Surveillance:EAS〉のほかにも、日常生活で注意を要するものとして、IH調理器IH炊飯ジャーがある。ペースメーカーから50cm離れていれば安全といわれている。

 

 

 

 

 

 

次の文を読み94~96の問いに答えよ。
 Aさん(47歳、女性、会社員)は、夫(54歳)と2人暮らし。6か月前から月経不順になり、閉経前の症状と思い様子をみていた。しかし、徐々に普段の月経時の出血量よりも多くなり、下腹部痛が出現してきたため、病院の婦人科外来を受診した。診察後、経膣超音波検査の指示が出され、看護師はAさんに検査について説明することになった。

94 Aさんへの経膣超音波検査の説明で正しいのはどれか。

1.検査が終了するまで絶飲食にする。
2.検査前に排尿するよう促す。
3.検査は側臥位で行う。
4.検査後1時間は安静にする。

解答2

解説

ポイント

40歳代後半の女性が、不正出血、出血量の増加、下腹部痛を訴えている。
①良性であれば子宮筋腫、子宮腺筋症、子宮内膜ポリープ。
②悪性であれば子宮頚癌と子宮体癌などが考えれる。

出血の原因を判断するために外陰部の診察や経膣的な診察(内診、経膣超音波)が必要となる。

1.× 検査が終了するまで絶飲食にする必要はない。なぜなら、経膣超音波検査は食事の影響はないため。ちなみに、超音波検査で絶飲食が必要なのは、胆嚢を観察する場合である。
2.〇 正しい。検査前に排尿するよう促すのは、Aさんへの経膣超音波検査の説明で正しい。なぜなら、膀胱内を空にすることで子宮や卵巣を観察しやすくするため。経膣超音波検査は、子宮や子宮付属器(卵巣・卵管)をみる検査である。子宮の腹側には膀胱があり、膀胱がふくらんでいることで観察しづらくなることがある。そのため原則、検査前に排尿をしてもらうことで、より正確に検査を行うことができる。
3.× 経腔超音波検査は側臥位ではなく、砕石位で行う。
4.× 検査後1時間は安静にする必要はない。なぜなら、経膣超音波検査は非侵襲的であるため。血管を穿刺するカテーテル検査では一定時間の安静を要する。

 

 

 

 

 

 

次の文を読み94~96の問いに答えよ。
 Aさん(47歳、女性、会社員)は、夫(54歳)と2人暮らし。6か月前から月経不順になり、閉経前の症状と思い様子をみていた。しかし、徐々に普段の月経時の出血量よりも多くなり、下腹部痛が出現してきたため、病院の婦人科外来を受診した。診察後、経膣超音波検査の指示が出され、看護師はAさんに検査について説明することになった。

95 Aさんは、経膣超音波検査で異常所見が認められ、その後の精密検査で子宮体癌と診断されて準広汎子宮全摘出術と両側付属器(卵巣、卵管)切除術を受けた。術後の経過はよく、排尿障害もなく順調に回復していた。術後12日目のバイタルサイン測定時に「身体のほてりがあり、急に汗が出るようになったりして、夜もよく眠れません。そのためかイライラします」と看護師に訴えた。
 Aさんに出現している症状の原因はどれか。

1.エストロゲンの減少
2.プロラクチンの減少
3.アンドロゲンの増加
4.オキシトシンの増加
5.プロゲステロンの増加

解答1

解説
1.〇 正しい。エストロゲンの減少は、Aさんに出現している症状の原因である。エストロゲン(女性ホルモン)は卵巣で分泌されるホルモンである。卵巣を摘出したことによりエストロゲンの減少に伴い更年期障害の症状(ホットフラッシュ発汗など)の症状がみられる。
2.× プロラクチン(乳汁分泌ホルモン)は、脳下垂体から分泌され、乳腺を刺激して母乳の分泌を促進する働きがある。
3.× アンドロゲン(男性ホルモン)は、精巣(睾丸)から分泌されるテストステロン、デヒドロエピアンドロステロンなどの成分、その代謝物(ジヒドロテストステロンなど)が含まれる。女性では、主に卵巣で産生されるため、卵巣摘出により低下する。
4.× オキシトシンは、下垂体後葉から分泌されるホルモンで、乳汁排出や分娩時の子宮収縮作用がある。
5.× プロゲステロン(黄体ホルモン)は、主に妊娠を維持する役割を担う。排卵を終えた卵胞が変化した黄体、もしくは妊娠中は胎盤から分泌され、子宮内膜を受精卵が着床しやすい状態にすることや基礎体温を上昇させる働きがある。卵巣で産生されるため、卵巣摘出により減少する。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)