第99回(H28) 助産師国家試験 解説【午後1~5】

 

1 妊娠週数と放射線被ばくによる児への影響との組合せで正しいのはどれか。

1.妊娠3 週:中枢神経障害
2.妊娠5 週:小児がん
3.妊娠8 週:奇形
4.妊娠30週:精神発達遅滞

解答

解説

 

 

 

 

 

2 経口避妊薬の作用について正しいのはどれか。

1.エストロゲンの分泌が増加する。
2.プロゲステロンの分泌が低下する。
3.卵胞刺激ホルモン<FSH>の分泌が増加する。
4.黄体形成ホルモン<LH>の大量放出が起こる。

解答

解説

 

 

 

 

 

3 羊水について正しいのはどれか。

1.AFI が15 以上で羊水過多を疑う。
2.羊水量は妊娠37 週ころに最大となる。
3.妊娠初期の羊水は主に胎児の尿に由来する。
4.妊娠末期に胎児が嚥下する羊水量は500〜1,000 mL/日である。

解答

解説

 

 

 

 

 

4 骨盤と胎児とを図に示す。
 胎位胎向で正しいのはどれか。

1.第1単殿位
2.第2単殿位
3.第1複殿位
4.第2複殿位

解答

解説

 

 

 

 

 

5 Aさん(52歳、専業主婦)。子宮がん検診のため来院した。「最近のぼせることが増え、動悸もするようになった。すぐにイライラし、頭が重い。外に出るのも人と話すのも面倒です。子どもは独立したばかりです。夫は仕事が忙しく、毎日帰宅が遅いです」と助産師に相談があった。
 このときのAさんへの対応で最も適切なのはどれか。

1.地域でのボランティア活動の情報を提供する。
2.家で安静にしているよう促す。
3.更年期外来の受診を勧める。
4.夫に相談するよう勧める。

解答

解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。