第99回(H28) 助産師国家試験 解説【午前31~35】

 

31 日本の平成25年(2013 年)の年齢階級別がん死亡部位内訳において、40歳以上50 歳未満の女性で、死亡数が最も多いがん発生部位はどれか。

1.胃
2.肺
3.子宮
4.乳房
5.肝臓

解答

解説

 

 

 

 

 

32 保健師助産師看護師法に定められていないのはどれか。

1.助産所開設の届出
2.異常死産児の届出
3.業務従事者の届出
4.出生証明書の交付
5.臨床研修の努力義務

解答

解説

 

 

 

 

 

33 助産師外来の活動内容として適切でないのはどれか。

1.胎児の先天奇形の診断
2.夫の育児参加への助言
3.予防接種についての情報提供
4.妊娠中の適切な体重管理の指導
5.正常な妊娠経過からの逸脱のアセスメント

解答

解説

 

 

 

 

 

34 妊娠の成立に関して正しいのはどれか。2つ選べ。

1.受精は子宮腔内で起こる。
2.受精卵は桑実胚期に着床する。
3.受精後3日目に透明帯が消失する。
4.子宮内膜の分泌期に受精卵が着床する。
5.子宮内膜の増殖はエストロゲンの作用である。

解答4・5

解説

 

 

 

 

 

35 妊婦の伝染性紅斑について適切なのはどれか。2つ選べ。

1.胎児水腫が発生する危険がある。
2.感染予防のためのワクチンがある。
3.皮疹の出現中は他者への感染力が強い。
4.ヒトパルボウイルスB19 による感染である。
5.胎児死亡率は妊娠20 週以降に感染したとき高率である。

解答1・4

解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。